CATEGORY

趣味

  • 2020年7月17日
  • 0件

ぷくぷく(著:森沢明夫)【読書感想】

      ※本の内容のネタバレを含みます※       金魚が主人公の、金魚目線で書かれた小説でした。 斬新すぎて、読み始めはめちゃめちゃ戸惑いました。 が、とても面白かったです。   「ユキ」という金魚の目線で飼い主の「イズミ」という一人暮らしの女の子のことが描かれていたのですが、 ユキのイズミへのもどかしい想いと純粋な愛情 […]

  • 2020年7月11日
  • 0件

丸の内魔法少女ミラクリーナ(著:村田沙耶香)【読書感想】

      ※本の内容のネタバレを含みます※       「ヤバイ本を読んでしまった」 というのが、読後一番最初に感じたことでしたw   文句なく面白かったのですが、、、 いやあ〜ものすごく突き抜けた内容で、すごかったです。 とりあえず、本のタイトルと内容のギャップが大きいことは間違いないですね。 こんなに可愛らしいタイトルで、 […]

  • 2020年7月7日
  • 0件

昨夜のカレー、明日のパン(著:木皿泉)【読書感想】

      ※本の内容のネタバレを含みます※       短編集ではあるんだけど、すべての物語が若くして亡くなった一樹を中心としている物語。 何人もの登場人物が出てきますが、みんながどこかで繋がっていて……というお話でした。 著者がもともとは脚本家さんだからか、情景描写が目に浮かぶような描かれ方で、そしてその情景が美しく、とても読みやすか […]

  • 2020年7月2日
  • 0件

ネコばあさんの家に魔女が来た(著:赤坂パトリシア)【読書感想】

      ※本の内容のネタバレを含みます※       不登校の女子高校生が、近所のおばあさんとおばあさん宅に来たイギリス人男性・ニワトコさんと接する中で、心がほぐれていく物語。   このニワトコさんがとても料理上手で、イギリス流の和食をいくつも作っている場面が描かれているのですが、どれも美味しそうすぎて印象的でした。真似して […]

  • 2020年6月29日
  • 0件

神の手(著:久坂部羊)【読書感想】

      ※本の内容のネタバレを含みます※       安楽死を題材にした小説。 安楽死の必要性と、逆に考えられるマイナス面。それらに加えて、安楽死を法制化するにあたっての困難と現在の医療界の問題点を描いた作品でした。 題材を盛り込みすぎな気もしますが、350ページ超えの本×2冊の長編なので、最後は物語がまとまっていたなあ、という印象で […]

  • 2020年6月27日
  • 2020年6月28日
  • 0件

コンビニ人間(著:村田沙耶香)【読書感想】

      ※本の内容のネタバレを含みます※       芥川賞を受賞した、有名作! 結構メディアにも出ていたし話題になっていたから、読書をあまりしない方でも知っている方が多いんじゃないかなあ、という作品ですね^^ 私も今更ながら読了〜。 短めの本なので1〜2時間あれば読めちゃうボリュームなんですけど、とても面白かったです。 短いけど無駄 […]

  • 2020年6月26日
  • 0件

森に眠る魚(著:角田光代)【読書感想】

      ※本の内容のネタバレを含みます※       5人のママ友であったはずの母親の、お受験を通して険悪になっていく過程を描いた作品。 下手なホラーよりも怖かったです。   5人が知り合い仲良くなった当初は、全員が「心強い」「仲の良い人ができて良かった」と言っているし、心からそう思っているのですが、 「子どものお受験」とい […]

  • 2020年6月23日
  • 2020年6月23日
  • 0件

麦本三歩の好きなもの(著:住野よる)【読書感想】

      ※本の内容のネタバレを含みます※       『君の膵臓をたべたい』の住野よる史上 いちばんキュートな主人公、登場! 「朝寝坊、チーズ蒸しパン、そして本。 好きなものがたくさんあるから、毎日はきっと楽しい」 図書館勤務の20代女子、麦本三歩の なにげなく愛おしい日々を描いた傑作日常小説。   上記の文がこの小説の紹介 […]

  • 2020年6月21日
  • 0件

さよなら世界の終わり(著:佐野徹夜)【読書感想】

    ※本の内容のネタバレを含みます※     とても独特な世界観の小説でした。 私は予備知識なしでこの本を読んだのですが、帯に「純度100%の青春小説」って書いてあったから「キラキラの甘酸っぱい系の青春小説かなあ〜」なんて想像していたんだけど……とんでもない。 確かに青春小説ではあるんだけど、ドロドロの現実的すぎる重苦しい青春小説でした。厨二っぽさも強く […]

  • 2020年6月19日
  • 0件

明るい夜に出かけて(著:佐藤多佳子)【読書感想】

      ※本の内容のネタバレを含みます※       この作家さんの作品を読んだのは、今回が初めてでした。 本を読み始めた時は「句点の置き方がちょっと私に合わない文体かな……」と思ったのですが、実際読み進めていくと引き付けられる文章と内容で、とても面白かったです。   物語は、地の文章のすべて主人公である大学休学中の男子の心 […]