夜がどれほど暗くても(著:中山七里)【読書感想】

 

 

 

※本の内容のネタバレを含みます※

 

 

 

芸能人のゴシップ記事を主に扱う雑誌である「週刊春潮」という雑誌の副編集長である主人公。

その主人公の大学生の一人息子が、大学の講師をストーカーした挙げ句の果てにその夫妻を殺し自らも命を経ってしまった……

というところから、話が進んでいく物語。

 

題材が題材なだけに終始重苦しい雰囲気のストーリーでしたが、謎が謎を呼ぶ展開に続きが気になり、一気に読んでしまいました。

主人公の息子は本当に罪を犯して死んだのか。その謎を追うミステリー小説として、とても面白かったです。

ただ、事件の真相が分かるのが本の最後の数ページで、それもまさかすぎる真相だったし、真相の分かり方もめちゃめちゃ呆気なかったしで、「えええー」って感じはありましたw

主人公の息子が殺人犯ではないんだろうなあ〜という予想はできていたけどね。マジ単に巻き込まれただけだった、っていう。

 

この物語では、殺人事件の「被害者家族」と「加害者家族」について書かれている場面がとても多くて、それも大きなテーマだったのかなと思います。

それぞれに対する世間から誹謗中傷等は、聞き及んでいたり私が想像していたりしたことの範疇ではあったのですが。被害を受けた側の苦しむ様子がとてもリアルに描かれていて、読んでいて胸が痛かったです。

加えて、これまで「マイクを向ける側」だった主人公が、「マイクを向けられる側」になって初めて、これまでスクープを追ってきたことの意味を考える場面も描かれていて、それがもう……いやはや本当に苦しい。しんどい。

主人公は職場でも酷い扱いを受けたりして、人間の悪意とかそういう醜い部分を見せつけられているような場面も多く、気分が良いとは決して言えない箇所も多かったのですが。物語の最後がハッピーエンドで終わって良かったです。おかげで、こんなに暗い話だったのに読後感はさわやか。

被害者家族である奈々美ちゃんに主人公はどうしてあんなに肩入れできたのか、全く共感はできなかったけど。火事のシーンは読んでいてドキドキしたし、この2人なら今後なんとなく上手くやっていけそうな気がするな、っていう感じで、未来に希望が持てる終わりでした。

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

夜がどれほど暗くても [ 中山七里 ]
価格:1760円(税込、送料無料) (2020/8/25時点)

楽天で購入