コンビニ人間(著:村田沙耶香)【読書感想】

 

 

 

※本の内容のネタバレを含みます※

 

 

 

芥川賞を受賞した、有名作!

結構メディアにも出ていたし話題になっていたから、読書をあまりしない方でも知っている方が多いんじゃないかなあ、という作品ですね^^

私も今更ながら読了〜。

短めの本なので1〜2時間あれば読めちゃうボリュームなんですけど、とても面白かったです。

短いけど無駄がない、という感じだから、内容もちゃんと濃い。

 

「コンビニ人間」というタイトルから、「コンビニでの人間関係を描いた作品なのかなあ」と読む前に勝手に想像していたのですが、実際のこの物語の主題はそこではなく。

小さい頃から変わり者だった主人公が、世間で言う「普通」を追求する物語でした。

 

あまり「変わり者」と言う表現をするのもどうかと思うのですが……この物語の主人公が、本当に変わり者で。

36歳未婚女性、大学卒業後は就職せずにコンビニのアルバイトを続けて18年。と、肩書きだけを見てもパンチのある肩書き。

周囲の人間の気持ちを全く理解できず、常に世間にうまく馴染めない感覚を抱いていながらも、コンビニでアルバイトをしている時だけは「店員」になり世界の部品になることができる、と感じることが出来たため、コンビニで働き続けています。

 

私はコンビニで働いたことはないんだけど、コンビニ店員って覚えなくてはいけないこと・やらなくてはいけないことが多いイメージがあるので、

コンビニという限られた場所のみではあるけど、そこで役割をまっとうできている主人公はすごいな、と単純に思ったのですが。

でも家族や元同級生などの周囲の人は、それで良しとはしてくれません。

無神経に「やべえ」と言われたりします。(ひどい……)

そう言ったこれまでのあらゆる出来事から「異物は削除される」と感じている主人公は、「普通の人間」になろうと努力をします。

 

そんな中、主人公はコンビニバイトを通して出会った白羽さんという男性(←この人のキャラも、なかなか濃い)と、成り行きで同居をすることになるのですが、

すると「男性と同居している」ということに、周囲からの主人公への扱いが明らかに変わります。

安心したり、勝手に納得して色々想像して話をして盛り上がったり。

 

私はこういう個人の価値観の押しつけって嫌い……というか、なんだかゾワゾワしちゃうのですが。でもこの本を読んでいると、誰しも、もちろん私も、そういう部分ってあるのかもしれないな、と思いました。

そして「普通の人間」って一体何だろう? と、改めて考えさせられました。

本当に、何なんでしょうね。

 

物語の落としどころをどこに持っていくのかな? と、最後まで分からなかったのですが、

主人公は一度はコンビニを辞めて会社に就職面接を受けにいく決意をしたけど、途中に立ち寄ったコンビニで、コンビニ店員としての自分が自然である。私はコンビニ店員という動物だ! と確信したところで、終了。

結局何も解決はしていないけど、開き直ったというか、「コンビニ店員であるために生まれてきた」と言い切る主人公に迷いはなくて。

主人公にとってはコンビニ店員として社会の一員になれることが喜びであり幸せなのだろうから、これはこれでひとつの生き方の形なんだろうなあ、と思いました。