気分転換をしてきました。

  • 2020年6月3日
  • w-inds.
  • 18view
  • 0件

本日は近場のショッピングモールへ、遊びに行ってきました♪

本来ならこういう混雑しそうな場所ってまだ自粛をしておくべき状況だとは思うのですが、龍一くんのw-inds.脱退により私の精神状態が限界をむかえたので。。私にとっては不要不急の外出ではありませんでした。この精神状態で、家と公園だけは病んで死ぬ……。

 

もういつぶりか分からないぐらいの! 遊ぶ目的での外出!

とは言っても徒歩圏内なんですが。

しかも結局見たのって、文具屋と子ども用品店と本屋だから、必要物品を買ったって感じだったけど。(今の生活で新しい洋服とか不要だからね……。)

でも私にとっては、ものすごい気分転換になりました。

 

もうさ。家にいると、考えないようにしようと思っていても、ついついすぐw-inds.のことばかり考えちゃうんですよ。

だって。着替えようと思って洋服ダンスを開けると、緑の服ばっか入ってるし。グッズのTシャツやパーカーだって入ってるし。いつも使ってるマグカップもスプーン・フォークも、w-inds.のグッズだし。居間にはw-inds.のグッズのクッションやらカレンダーやら色々飾ってあるし、、、これでw-inds.のことを考えないとか、無理だよね!?!!

こうなって改めて、いかに私がw-inds.に囲まれた空間で生活していたのかを実感しました。

でさ、w-inds.のことを1人で考えていると煮詰まってくるんですよ。そしてネットを見る→精神下降の悪循環。

 

でも! 普段あまり行かないような場所に行けば、外の世界に目を向けられるじゃないですか。

今日はいつもとは違う風景を思い切り楽しんで、気分転換ができて、気持ちを少し持ち直させることができました。

龍一くんの脱退発表があってからは、何もする気が起きないし、しても集中できなかった私ですが、帰ってきてから買ってきた本を読んで楽しむこともできました。

 

私の場合、考えすぎていたのも良くなかったみたい。

「考えても分からないし変えられないことだ」って理解してはいるんだけど、考えて色々な気持ちがグチャグチャしちゃっていた部分があったから……。

そのグチャグチャな気持ちから一旦目を背けたら、楽になったよ。という話でした。

 

とは言っても、これで私の精神状態が完全に大丈夫になったわけではなくて、今でもw-inds.や龍一くんのことを考えると泣けてくるし、前向きに今後の彼らのことを考えられるようになれた訳でもなく。。

でもこの悲しい気持ちを時間が和らげてくれるまでは、あんまり考えすぎないよう煮詰まりすぎないようにして、w-inds.以外のことに目を向けた方が私にとってはいいのかな。

私にとって3人のw-inds.や龍一くんの代わりになるものなんて何もないけど、それでも。

幸い私はw-inds.以外にも楽しめる趣味が、他にもあるし。

 

いや、まあ当たり前すぎることなので、「そんなの出掛けなくても気がつけよ」って感じではあるんだけどね。

感情の負の連鎖に完全に陥っていて、他に目を向けられるような心の余裕もなかったんです……。

私にとっては、今日の外出が良いきっかけになりました。

 

 

他にも。私の気持ちが落ち着いたのは、竜希くんのブログによるところも大きかったかと思います。

私はw-inds.の緒方龍一が何よりも大好きだから、「ステッパーズが続くならそれで良いや」とは思えないんだけど……

龍一くんもっとマジやばい状態なのかと思ってたけど、思っていたよりも大丈夫そうだな、っていうので少し安心できたので。でも病気のことについて全く書いていないのは、どういうことなんだろう。「元気に生きている」って言葉が、ものすごい違和感なんだけど。

あと、こんな状況になっても、手を離さずにいてくれる友達が龍一くんにいるっていうのが、嬉しかったです。

涼平くんにしろ、竜希くんにしろ、龍一くんの居場所を残そうとしてくれているんだなあ。

それって龍一くんの人柄やこれまで彼が築いてきた周囲との関係性によるものだと思うので、「私が好きになった緒方龍一は、本当にイイ男だよねー」と、謎に誇らしい気持ちw あー、やっぱり大好き。早く元気になって帰ってきて欲しい。。