算用数字が読めるようになりました【2歳1ヶ月】

昨日久しぶりに公園に行ったからか、太ももが筋肉痛です! うひゃー

自粛中、どれだけ動いていなかったかというのが分かりますね;;

いやあ。でも娘が、一緒にブランコに乗るのが大好きでさ……30分ぐらい娘を膝に乗せた状態でブランコこいでたから、そりゃあ痛くなるよね! と、言い訳をしてみる。

 

娘はといえば、昨日公園に行ったのがよっぽど楽しかったのか、今日は朝食後すぐに「公園行く」と言いながら玄関へ走っていきましたが、外はあいにくの雨。(ちーん)

「雨だから、今日は公園に行けないよ」と説明しましたが、すると娘は「傘で行く」と言い出しましたw

 

 

それにしても、最近本当によく喋る娘。

目にしたものの名前を片っ端から言いまくるのは、結構前からしていたのですが……

最近の娘のブームは、『数字』

 

娘、『数字の歌』という数え歌にドハマりしまして。

鬼リピしまくった影響で、1週間ぐらい前から1〜10までの算用数字を読めるようになりました。

そしたらそれが嬉しいのか、算用数字を見つけると、片っ端から声に出して読むんですよね。

 

でさ〜世の中に数字なんて溢れまくってるじゃないですか。

例えばお店の1階2階表記とか、値段表記とか、○%オフとか、番地とか、、、

普段全く意識していなかったけど、ちょっと歩くだけでたくさんの数字に出会うので、外に出ると

「あ!1だ!」

「2!」

「今度は赤ちゃんのお耳の3!」

という調子で、マジ永遠に喋り続けている娘。笑

控えめに言って可愛いんですが、買い物とか行きづらいよねぇ。どちらにせよ、最近は自粛で娘連れでは行っていないけど。

 

でも、特に幼児教育!的に教え込んだわけではないのに、遊びの中で自然に覚えちゃったから、「赤ちゃんってすごいなあ」と思いました。

絵本もお気に入りのものは内容を完全に覚えていて、私の読み聞かせにかぶせて言ってきたりするし。その記憶力が羨ましい!

『約束のネバーランド』で「人間の脳は12歳までに完成する」と書かれていたけど(突然の漫画ねたw)、そのぶんだけ幼児期は多くのものを覚えて吸収しているんだなあ〜ということを、娘を通して実感します。