チューリップハット

  • 2020年3月15日
  • 2020年3月15日
  • 趣味
  • 8view
  • 0件

春からの季節に使いやすい帽子が欲しいなあと思い、自分用にチューリップハットを作りました♪

 

キャップならw-inds.のグッズのキャップをたくさん所持しているのですが、w-inds.のグッズは普段使いするのには何かちょっと違うし、

それに私はキャップが自分にあまり似合わないと認識しているので……

普段気楽に使える系の帽子が、新しく欲しくって。

「買おうかなあ」とも思ったのですが、特に急ぎで欲しいわけでもないし。「だったら自分で作ってしまえ!」と思い、作成。

手芸好きなので、布はたくさん手元にあるからねー。

 

 

そうして出来上がったものが、こちら。↓

 

 

 

 

 

少してっぺんがズレてしまった;;

まぁ自分で普段使いする分には、許容できるレベルかなあ。

 

ポイントは、さりげなく配色をw-inds.のメンバーカラーにしたところですw

色づかいに迷ったら、とりあえずw-inds.カラーで考える系のオタクな私。

こういうことを出来るのが、手作りの強みだよねー。

w-inds.の立ち位置的には、青と緑の位置どりを逆にした方がより良かったような気もしないでもないですが、可愛くできたと思います。(自画自賛)

何よりw-inds.カラーっていうだけでテンションが上がる体質なので、作っていてめちゃめちゃ楽しかったし、実際にこの帽子を使うのが楽しみで仕方がないです。わくわく

いっぱいいっぱい使うぞーっ!

 

 

生地は、表地は無難にデニム生地を使用しました。

デニム生地って、かわいいよね。好き!

 

裏地は、「汗を吸ってくれるかなあ」と思いガーゼ生地にしたんだけど……縫い始めてから、自分がガーゼ生地を扱うのが苦手だったということを思い出しました。そしてガーゼ生地を選択したことを後悔……。

ズレやすいし、すぐ分厚くなるしで、縫いづらいー!><

 

でも!それでも! 実は私は帽子を作ったのは(編み物を除いたら)初めてだったのですが、思っていたよりも作成に手間がかかりませんでした。

制作時間的には、型紙転写したりの時間も含めて2時間ぐらい。あっという間に出来上がった印象です。

同じ形の型紙12枚を縫い合わせるだけだから、作業内容は単純で簡単。それに加えて、洋服を作るよりも断然サイズが小さいから、縫う距離もさほど長くないという。

なので、裁縫初心者さんが作るのにもぴったりなんじゃないかな、と思います。

 

ちなみに型紙はこちらのサイト様のものを使用して、作成しました。

ありがとうございました!