初めて授乳をした時の話【生後0ヶ月】

初めて授乳をする前に、
授乳前の準備ということで、助産師さんにおっぱいマッサージを受けました。

 

……ですが!

 

もう! これが! めっちゃ痛い!!!!

乳が! ちぎれそう!!!!

 

しかし「痛いです」と助産師さんに伝えたら、
「ちゃんと妊娠中におっぱいマッサージしてたら痛くないはずです」と言われてしまいました。ちーん!

確かに私は妊娠中に全く真面目におっぱいマッサージをしていませんでした。

真面目にやっていないって、バレてしまうものなんですね…。…

 

 

さて。おっぱいマッサージを終え、助産師さんに教わりながら、いざ初授乳!

授乳の方法については、妊娠中にさんざんネットで予習済み!
だったので、わりと自信満々で挑みました。

今思い返すと、初めてだったのに何故あんなに自信満々だったのか謎なぐらいに、自信満々でした……。

 

ネットで学んでいた授乳のポイントとしては……

・赤ちゃんの体はねじれないように一直線にして
・顔が乳房に対してまっすぐ向いていて
・唇全体で深く咥えさせる
・吸われていて痛くなければ、正しい姿勢

 

 

見苦しくないよう、服を着たままの図でお送りしますw

 

それにしても、カンガルーケアの時も同じことを思ったけど、
本当にこんなに小さいのにちゃんと吸い付いてくれるものなんだなあ……。本能ってすごい。

 

……なんてことを考えながら、左右5分ずつ吸わせて、授乳終了。

 

どのくらいの量を授乳できているのか知るために、
病院で授乳をする時は「授乳の前後で体重測定をする」という決まりだそうで。

授乳後、体重測定をしました。

 

「どれくらい吸えたのかな」

「10分しっかり吸ってたから、結構吸ってたんじゃない?」

 

と、授乳後、ドキドキしながら体重測定をしたのですが……

 

 

そう、私は母乳が出始める時期には個人差があるということを知らなかったのです。

母乳って、はじめからバンバン出るものかと思っていたよ……。

 

私の入院していた病院は、母乳推進の病院ではなかったので、
3時間おきの授乳で足りない分はミルクを足すことになっていました。
(母乳推進の病院だと、ミルクを足さずに赤ちゃんが泣く度に授乳するそうですね)

 

助産師さんいわく、
母乳がいつから出始めるか、いつからたくさん出るのか、そもそも出るようになるのか、
には個人差があるそうで。
(なんと最初のうちは、飲ませた後に体重が減っていることもあるそうです!←頑張って吸ってエネルギー消費して減るらしい……。なんと……!)
そのことを、私はこの時に初めて知り、衝撃を受けました……。

ちなみに、私の場合は、無理せずミルクを足しまくっていたこともあり、生後1ヶ月ぐらいから十分な母乳量が出るようになりました。

でも逆に! 母乳で足りちゃうからか、そのくらいの時期から今度は粉ミルク拒否をするようになったのですが……
それはまた今度、書けたらいいな。