全身の痛みと、私の不安だった気持ち:産後1日目【生後0ヶ月】

産後、私の病院では、
「ママさんの希望により、母子同室でも母子別室でもオッケーです」
という方針の病院でした。

なので、私は入院中は基本母子別室で、面会者が来る時だけ母子同室、というスタイルで過ごしました。

これから退院したら、嫌でも24時間一緒にいるしかないから、
入院中だけでもラクして休もうと思いましてw

 

なので、出産日も新生児室で赤ちゃんは預かってもらい、ぐっすり寝ました。

 

 

妊娠中は横向きで眠るしかなかったので、
久しぶりに仰向けで眠ることができた~!

 

 

さて。翌日起きてからは、助産師さんに言われ、朝いちばんに体重測定をしました。

「出産直は思っていたよりも全然体重が減らないよ!」と色々な人に言われていたので、
そうなのかなと思って測ったのですが、7キロ減と結構減っていたので、ちょっと嬉しかったです。

まあ、この後がなかなか減らなかったんだけどね…。

 

 

ところで!

出産直後って、色々と痛いんですね……。

 

この時の私、会陰切開縫合部の痛みと、全身の筋肉痛により、歩く姿がかなりぎこちなくなり……

 

 

かなり情けない状態に;;

病室から体重計までの10メートル程度の距離が、果てしなく長く感じられました。

 

 

いやあ……

いきむ時に全身運動をしたので、普段全く運動をしない私が全身筋肉痛に襲われるのは分かっていたんですが、

会陰切開縫合部が、あそこまで痛むとは思っていませんでした。

出産の痛みに比べたら全然我慢できるレベルでしたが、でも痛い!

痛くて座れないし、排泄するのも怖い!

 

助産師さんが、痛み止めの薬をくれるというので飲んでみたけど、全然効かないしどうしようもないー!(ちーん)

カロナール:効かない→ボルタレン:効かない→ロキソニン:ちょっと効いた

って感じで、3種類も痛み止めを試してしまったよ…。

 

しかし! この会陰切開縫合部の痛みには、救世主が!!!

それは、円座でした。

 

 

私は入院時に持っていかなかったんだけど、
病院にあったから貸してもらって使っていましたが……

これが! マジで! 手放せない!!!

円座があれば、座ることができるんです!

逆に言うと、円座がないと痛くて座っていられないので、どこに行くにも円座と一緒でした。

会陰切開は出産する多くの方が受ける処置だと思うので、
これから出産される方は、病院で円座を貸し出してくれるか確認しておくことを、真剣にお勧めします。

 

 

体重測定後に朝ご飯を食べたら、
助産師さんから今後のスケジュール説明がありました。

入院中、私が必ず「しなくてはいけない」とされていたのは、授乳のみ

授乳は3時間おきに具体的な時間が決まっていて、
時間に新生児室に行って、その時に入院しているママさん全員で一緒に授乳するタイプの病院でした。

 

沐浴は、希望すれば助産師さんと一緒にできるみたいで、任せっぱなしも出来るようです。

私は1回見学させてもらって、1回実施しました。

あとは、「○日の医者の診察で問題なければ、○日に退院できますよ~」とか、そういうことの説明でした。

 

そして「ではさっそくオムツ交換と授乳をしましょう!」ということで、
初めてのピヨちゃんのオムツ交換と授乳にいどみました。

 

 

 

 

 

そんな感じで、初日からさっそく私と娘・ピヨちゃんとの関わりが始まったのですが、
最初はこの子が自分の子どもなのか、っていうのが、なんだか不思議? な気分でした。

この時の私のピヨちゃんに対する気持ちは、「可愛い」っていうのとも違って、、
どちらかというと、「かわいがらなくちゃいけない」という気持ちが強かったと思います。

 

妊娠を希望しての妊娠だったので、子どもが欲しくて産んだわけですが……
私はもともと「子ども」というものが特別好きなわけでもなかったので、
周りの人の方が「かわいいね-!」って盛り上がっているような、変な感じだった。

自分が「親」になったことも、しっくりこなくて、
娘のことを「ピヨちゃん」っていうふうに名前で呼ぶのも、なんだか気恥ずかしかったぐらい。

なので、この頃は、今後自分がピヨちゃんを育てていくことが出来るのか、不安が大きかったです。

 

こんなことを書くと、愛情が薄い親みたいですが……
ピヨちゃんと接している中で徐々にそんな気持ちが「可愛い」に変化していって、「大切」になって、
今では、かけがえのない世界で一番可愛い私の娘だと、自信を持って言えますよ!

でも、この頃は不安だったんだよね~。

オムツ交換も授乳も沐浴も、手技としては全く難しいことはなかったんだけど、
「私はちゃんとお世話できてるのかな」「親らしく、かわいがれているかな」って思いながらやっていました。

いつからそういう気持ちがなくなって、今のように本気で愛しい存在と思うようになったのか、
今では遠い昔のことのように感じて、思い出せないのですが、、、
私は出産直後はまだ本当の意味では「親」ではなくて、時間をかけて「親」になったみたいです。

 

 

 

 

 

ところで今後のこのブログのことなんですが、
時系列で振り返り育児ブログを書いていこうと思っていたのですが、
実際に書いてみたら、半日のことなのに、もう既にこの文章の長さ!!!笑

実はこれでも最初に書いたものから、半分ぐらいに削ったんです……。

書いていて自分の文章のウザさにうんざりしたので(…)
時系列じゃなくて、トピックスごとに印象深いことを時系列関係なく書いていこうかなーと思っています。

まぁ、でもまず入院中のことからですかね~。

そんな感じなので、よろしくお願いします。

 

 

 

 

 

今回の記事から、イラストをデジタルで書くことにしました!

なぜならデジタルお絵かきの環境が我が家にできたので!!!

始めたばかりでよく分からないながらも、デジタルお絵かきめっちゃ楽しい!

 

ちなみに背景カラーと私の服が緑色なのは、w-inds.龍一くんのイメージカラーが緑色だからです。(←聞かれてもいないのに無駄に主張するw)