出産レポート5:陣痛促進剤使用開始

出産レポート1・2・3・4の続きです。

 

w-ishing.star

前回の妊婦健診で卵膜剥離(通称・内診グリグリ!)を受けました。 が、翌日も私の状態に変わりはありませんでした。 …

w-ishing.star

出産レポート1の続きです。 【「出産レポート1」の記事内容の要約】 謎な痛みを伴わないお腹の張りが3時間ほど…

 

 

【「出産レポート1・2・3・4」の記事内容の要約】

お腹の張りで受診したところ、前駆陣痛で入院となりました。
旦那も付き添ってくれて過ごしていたところ、22時半に陣発。
翌4時には子宮口7cm開大しましたが、その後お産が止まってしまい…!
陣痛が弱めということで、陣痛促進剤を使用することになりました。
でも陣痛弱めとは言っても、めちゃめちゃ痛いんですが~!!!

 

陣痛促進剤の説明を受け、使用することを決意し、同意書を旦那に書いてもらって提出しました。

そうしたらすぐに助産師さんがお薬を持ってきてくれました。

陣痛促進剤には経口のものと点滴のものとがあるそうですが、私が使用したのは点滴で、輸液ポンプを使用しての投与でした。

 

 

ところで文句があるんですが。投与量を調整する時に、患者への説明って、ないのが普通なんですか?
陣痛促進剤の点滴って、だんだん投与量を増やしていくものらしく、気が付いたら最初に投与を始めた時の10倍ぐらいの速度での投与になっていたのですが……
確かに私は産科で働いたことがないので、陣痛促進剤のこととか正直よく分からないし、陣痛中は痛くて理性を失っていたけど、でも自分の体に投与されるものなので、投与量を調整する時に、「流量上げます」の一言ぐらい欲しかったです。私が看護師として働いている時には、どんな時でも特に薬剤についてはきちんと説明することを心掛けていたので、余計に気になりました。

 

で。

この陣痛促進剤の投与が開始になってからの陣痛の強さが、もうヤバイ。

 

薬の説明の時に、「陣痛が弱め」と言われても、「嘘でしょ!?!!」と思いましたが……
確かにこの痛みと比較したら、陣痛促進剤投与前の痛みなんて、たいしたことなかった。

 

経験したことのない痛みすぎてどう表現していいのか分からないんだけど、あえて言うならば、腰の骨が砕けて散ったような痛み。

激痛なんてもんじゃない。

 

グラフにすると、こんな感じ。↓

 

 

そして痛みが強くなっただけでなく、痛みの間隔も明らかに短くなりました。

「痛みが去った」と思って息を吐いたら、すぐまた次の痛みがやってくる状態で!!!

確かに痛みがない時間もあるにはあるんだけど、それが1分もないから、「常に痛い」と言っても過言ではないほど!!!!!

 

いっそ気絶してしまいたかったけど、気絶したら産むことが出来ないし、
私が出産した病院は無痛分娩は扱っていない病院だったし、
だから耐えるしかないんだけど、耐えられないぐらい痛い!!!!!

 

 

この世の終わりかというくらいに、絶叫していました。…

 

こんなに痛いんだから、お産が進んでいるはず!

ていうか、もう終わらせたい!!!

 

 

ということで、

「絶対お産が進んでいると思うんで、子宮口確認してください!」

と、助産師さんに要求する私。←

 

そして陣痛の合間に内診してもらったんですが、

 

 

 

え……子宮口8cmって、陣痛促進剤を始める前から1cmしか開いていないじゃん……。

陣痛促進剤を使い始めてから、2時間半も経ったのに……どういうこと?!

全開大の10cmまで遠すぎる……。

本気で絶望しました……。

 

この時、助産師さんには「順調ですね」と言われたのですが、
確かに陣痛促進剤を使用する前は1cmたりとも子宮口が開いていかなかったので、それと比べるとお産が進んでいるので順調なのかもしれないですが……

自分が感じている痛みの強さで予想していたお産の進み具合と、実際とが全然釣り合っていなくて、とてもじゃないけど私は「順調」とは思えませんでした。

私はこの陣痛にいつまで耐えればいいの?!

 

激痛すぎて、自分がちゃんと出産できるのか心配になり、陣痛の合間にマジ泣きしました。(…)

 

 

もう……本当に……こんなに耐えられないぐらい痛くて、それがいつまで続くのか分からなくて、
私はこの陣痛を乗り越えて、娘をちゃんと産んであげられるのか、不安で不安で。。。

この時、旦那も母も「大丈夫だよ」「頑張って」「赤ちゃんも頑張ってるよ」って励ましてくれて、、、
それがどれだけ心強かったことか。

ふたりのおかげで、頑張れました。

付き添ってくれて、ありがとう。

 

そんな感じで途中くじけそうになりましたが、支えられながら頑張りました。

付き添いがいない状態で出産に挑む人って結構いると思うんだけど、私はそれでも頑張れたのだろうか……。想像できない;;

 

 

そして。

ようやく!!!!

14時になったぐらいに、子宮口が10cmの全開大になりました。