出産レポート4:なかなか進まないお産

出産レポート1・2・3の続きです。

 

w-ishing.star

前回の妊婦健診で卵膜剥離(通称・内診グリグリ!)を受けました。 が、翌日も私の状態に変わりはありませんでした。 …

w-ishing.star

出産レポート1の続きです。 【「出産レポート1」の記事内容の要約】 謎な痛みを伴わないお腹の張りが3時間ほど…

 

【「出産レポート1・2・3」の記事内容の要約】

お腹の張りで受診したところ、前駆陣痛で入院となりました。
旦那も付き添ってくれて過ごしていたところ、22時半に陣発!
陣痛はだんだんと強くなっていき、子宮口も翌4時の時点で7cmまで開大しました。
お腹の痛みはヤバい辛いけど、ちょう・順調な経過です。

 

 

夜が明けて、朝6時になり、始発で駆け付けてくれたが病院に到着しました。

 

 

「一晩じゅう隣にいて疲れただろうから…」と、母が気を遣ってくれて、
旦那は仮眠&朝食をとってくることになりました。

正直痛みでいっぱいいっぱいで、私は旦那のことを気遣えていなかったけど、私に付き合って一晩オールだもんね……。

本当にありがとう……! ゆっくり休んできておくれ!

 

そうして付き添いが旦那から母に代わったのですが、
母の付き添いはめちゃめちゃ心強かったです。

 

 

別に旦那がダメと言っているわけではないんだけど(旦那の付き添いも本当に本当にありがたかったです!)
やはり母という存在は、側にいてくれるだけで安心感があるし……それに、母の介助の仕方がプロ並みで! すごく頼りになりました。さすが出産の経験者です。

 

 

しかーし!

ここにきて、これまで順調に進んでいのに……お産が、進まなくなってしまいました。

 

22時半で1.5cmだった子宮口が、4時に7cmまで開大したのですが。

7時になっても、まだ7cm。

 

マジか!?!!

何故!?!!

こんなにも痛いのに!!!!

 

 

という私の願いも虚しく……全くお産が進む様子はありません。…

 

8時になり、当初「私の勤務帯で産まれるかも」と言っていた助産師さんの勤務も終わり、
日勤帯の助産師さんに担当が交代するも、状況変わらず。

お産は進まないのに、陣痛がただただ痛い……。

「いつまで続くんだろう、これ」と不安になりました。

 

 

そんな感じで全くお産が進まないまま時間は過ぎ、
10時頃になり、休憩に出ていた旦那が戻ってきました。

 

旦那はこの4時間でけっこうリフレッシュできたみたいで、
それは良かったのですが……

 

痛みと全くお産が進まないストレスでやられていた私は、旦那の発言にイラッとしてしまいました;;

だって!

旦那は、私が昨日スタバのいちごのフラペチーノを「飲みたい」って言ってたけど、売り切れで飲めなかったの、知ってるよね?!

 

 

w-ishing.star

前回の妊婦健診で卵膜剥離(通称・内診グリグリ!)を受けました。 が、翌日も私の状態に変わりはありませんでした。 …

 

 

私にもお土産に買ってきてくれよ!!!(←ちょう勝手www)

 

まぁもしもお土産に買ってこられても、痛くて、私にはフラペチーノを楽しむ余裕なんてなかったと思うし
旦那は一晩あんなに親身になって付き添ってくれたんだから、フラペチーノぐらい飲んできても文句言うなよ、って感じだけどね;;

余談ですが、たまひよ(……だったかな?)のコラムで、りゅうちぇるが「お腹の子が一番頑張っているんだからと、ペコちゃんは出産の時に痛いと一言も発しなかった」というようなことを言っていたのを読んだのですが、信じられなさすぎる! 私なんて、陣痛がくる度に「痛い」と呻いていたよ。育児も穏やか~にしているように見えるし、まじペコちゃん尊敬する~!

 

さて、旦那が戻ってきたのと同時ぐらいに、医者がベッドサイドにやってきました。

この日は病院の休日だったため、今まで妊婦健診でお世話になった医者でなく、その日の当直医でした。

 

これまで全部を助産師さんが対応をしてくれていたので、「突然どうしたの?!」と思ったら、

 

 

陣痛促進剤の使用の説明と同意を取るためでした……!

 

「NST上、夜間帯よりも陣痛が弱くなっていて、微弱陣痛とまではいかないけど、弱い陣痛だ」と言われました。

 

え……???!!!!!

 

 

こんなにも痛いのに……??!!!!!

 

これで「陣痛が弱くなっている」とか、あり得ないでしょ!!!!!

 

 

だって、陣痛がきている時は、腰を内側から鈍器で殴られているみたいな痛みなんですよ?!

なのに、弱い陣痛?!!!!!!!

 

この時に初めて会った医者に言われても、全くその言葉を受け止められませんでしたが、
おそらく助産師さんが報告したのでしょう。

プロがそう言うなら、そうなのでしょうが……信じられない;;

 

ところで自分が出産をして初めて知ったのですが、出産ってほとんどが助産師さんが介助をしてくれて、医者はこういう医療的な介助が必要な時にしか登場しないものなんですね……。
助産院で出産をする人もいるのだから、当たり前なのかもしれないけど、意外でした。

 

 

口頭での説明の後、陣痛促進剤の説明書と同意書を渡されました。

 

説明の時に、「このまま薬を使わずにお産が長引くとお腹の赤ちゃんにも負担」というようなことも言われたため、「陣痛促進剤を使用しない」という選択を出来るわけがなく……

陣痛促進剤を使用することとなりました。