『w-inds. FAN CLUB TOUR 2019 ~Talk Session~』4/6(土)よみうりホール 昼公演

  • 2019年4月6日
  • 2019年4月9日
  • w-inds.
  • 14view
  • 0件

『w-inds. FAN CLUB TOUR 2019 ~Talk Session~』4/6(土)よみうりホール 昼公演

 

参加してきました!!!

楽しかったです。

 

ということで、感想文やら、イベントレポートやら。

トークイベントにネタバレとかあるのか不明ですが、思いっきりイベントの内容に触れていますので、よろしくお願いします。

 

 

 

会場が暗転して、映像が流れ、w-inds.登場!!!

w-inds.はめっちゃカッコつけてポーズしながら登場してて、、、

え、これトークセッションだよね?????

もしかして歌うの????

と勘違いするぐらい、カッコつけてました。

 

登場した後、しばらく無言で。
3人順番に真顔でマイクを口元に近づけるんだけど、
喋らない。笑

そんな感じで、カッコつけつつふざけながらの登場だったのですが、
その後は、ライブのMCみたいな感じでひたすらトーク!でした。

 

私、「トークセッションってどういうイベントかなあ?」って考えた時に、
ラジオみたいにコーナーがあってそれに沿って喋るのかと、想像していたんですよ。
w-inds.に相談したいお悩み募集とかしていたんで。

しかし実際はそうでなく。

 

本当に、w-inds.がひたすらトーク!

 

最後にちょろっと2つだけお悩み相談のコーナーはあったんですが、
たぶん10分ぐらいだったかと。

イベント自体は全体で1時間30分ぐらいだったのですが、
お悩み相談以外の時間は、いつもの調子でひたすらしゃべり続けていました。

 

 

マジいつものMCみたいに

椅子に座るのでもなく、

立ったままいつものノリのトーク!笑

 

 

想像していたトークセッションと違いすぎました。

 

これ、いくら「トークセッション」と銘打っていたとしても、ファンクラブイベントだからこそ許されるやつw

 

そしてこの形式で進めるトークって、w-inds.的には難易度高くない?!
と、思いました。

コーナーが決まっていて、それぞれ喋るテーマが決まっていたなら話の展開もしやすいだろうけど……
あのw-inds.のMC独特のぐだぐだと喋り続けて、成り行きに任せる感じ。

否、他の公演にも参加したお友達いわく、
今日トークしていた内容は、他の公演の内容とカブっていた所が多々あったそうですが、
それでも1時間30分、飽きさせずに話を繋いでいたのが、単純に凄いな~と思いました。

 

めちゃめちゃ笑ったし、「楽しかった~!!!」って感じでした^^*

 

 

w-inds.にとって「トークセッション」というのは初の試みだったということもあり、
実際に参加するまでは「どうなのかな?!」と思っていたのですが、
やっぱりw-inds.のことが好きだ、と実感したイベントとなりました。

本音としては1曲だけでもいいから歌って欲しかったけどね……。

 

 

イベントのシメは、昨日決定した夏ライブツアーの告知映像。

お土産は、ロゴの付箋でした。

 

お疲れさまでした!!!

 

 

 

ここからは印象に残ったトークを軽くレポート

★ソロ活動の話

ソロ活動では、グループ活動の時のノリでやると失敗したこともあったよ、っていうお話。

 

涼平くんはネット放送で、いつも慶太くんや龍一くんが突っ込んでくれるから、そのノリでふざけて話をしたら、
冗談が通じなくて、場が凍り付いた。後でめっちゃ怒られた。

慶太くんは、「おひとりさま」の収録の時に、挨拶代わりに龍一くんのお尻を触るノリで、撤平くんのお尻を触ったら、
「なにすんねん!」とガチで引かれたそうです。

 

★w-inds.とウエンツ

「w-inds.」と「ウエンツ」の発音が似ている、って
「w-inds.」「ウエンツ」「w-inds.」って、似せた風に言いまくって、
「今のどっちでしょう?」ってやってたのが、可愛すぎた。

 

実際しないけど、w-inds.を改名するなら何がいい? って話になり、
「ウインチュ」は? とかふざけてたのも、可愛かったです。

 

 

★so what?

「「so what?」には鳥がいる」と、涼平くん。

は???

と思ったけど、「2番のAメロの最後にカラスがいる」とのこと。

で、会場にその部分が流れたんだけど……
(「now i just love your friend!!」のところです)

確かに!
そう言われて聞いてみると、「カァカァカァ!」っていう、3匹のカラスの鳴き声が!!!笑

 

そしてその後、
「「so what?」の2番にはサムライもいる」という話に。

そして再度該当部分の音楽が会場に流れ
(こちらは「…てか、君と付き合えんの?…どうだ!?」のところ)

確かに!
こっちも聞いてみると「えぇぇーーあーーー!」っていうサムライの声が!!!笑

しかも涼平くん、サムライの声にあわせて、居合のマネしてるし!!!爆笑

 

これ文字で書くとあんまり面白さが伝わらないかもしれないんだけど、
マジ面白すぎて、自分で自分に引くぐらい爆笑してしまったwww

だって私この曲これまで何百回も聞いてるけど、気になったことなかったから、おかしくておかしくて…!

 

家に帰ってから復習で「so what?」を聞き直してみたんだけど、カラスとサムライがいるようにしか聞こえない。

もう「so what?」を普通に聞けないんだけどーーー

曲として、結構好きな方の曲なのにーーー

 

 

★僕の日曜日

涼平くんが撮影から編集まで行った動画映像を流してくれました。

 

タイトル、「僕の日曜日」

 

もうタイトルだけで、香ばしい雰囲気が漂っています。笑

 

流れたのは、
前半は涼平くんがお花見している映像なのに、なぜか後半から鳥しか映らないという謎な映像。

 

涼平くんが解説をしてくれたのですが、
動物は人間と違って鏡で自分の姿を見ることが出来ないから、自分の姿を知らずに一生を終える。
で、鳥が想像している自分の姿が、映像の前半に出てきた涼平くんで、
後半の鳥の映像は、慶太くん・龍一くんという仲間(鳥)に出会ってw-inds.になって、去っていった
という映像だそうです。

 

……なんか解説を聞いてもよく分からないし、
改めて動画を見せられたんだけど、ちょっと何???って感じでw
面白かったです。

バックミュージックが「Stay」という絶妙な選曲だったのも良かった。

 

 

★パソコン

涼平くんはパソコンが使えない、というお話。

「涼平くんパソコン持ってないでしょ?」って慶太くんに聞かれて、
「持ってる」と答えたけど、それが「10年前の機種だ」と言うと、
「それはパソコンじゃなくて、鉛だ」と言われてしまっていました。ちーん!

 

涼平くんに音楽データを送るの大変。送っても聞けなくて、CDRに焼いて、ってなることもあるそうで。

 

で、ちょうどよみうりホールは下の階がビックカメラだから
「買いに行ったらいいじゃん! 今行ってきなよ」と言われていました。

床に向かって、「店員さーん!聞こえますかー!?」って話しかけたりしていて、可愛かったです。

 

しかし涼平くん、パソコン今日買うのも……と渋っていて。

その理由が、「高いし」って言っていたのも、面白かったです。

 

 

★マツケンサンバ

昔、涼平くんがファンクラブイベントで、マツケンサンバグループ魂をしていたというお話。

 

あのパフォーマンス、ダンサーじゃなくて、裏方のスタッフさんが出て踊ってたそうです。
初めて知ったから、びっくりした!

マツケンサンバの振り付けビデオを買って、スタッフで共有して、覚えて、出てもらい。
でも自主的に「出たい!」って言ってくれたスタッフさんも多かった、とのこと。

 

そんな中、整体師のタバちゃんも出てくれていたそうなのですが、
緊張して足が震えていたそう。

タバちゃんはグループ魂の時も、涼平くんが是非出て欲しいとお願いして出てもらったけど、その時も震えていたと話していました。

 

 

★龍一くんはゲームが弱い

龍一くんはゲームが弱い。

ということで、実際にその様子を見てみよう、ということになり
龍一くんと慶太くんがストリートファイターで対戦している映像を流してくれました。

 

確かに龍一くん弱すぎて、慶太くんにほぼダメージを与えられていない様子。

そこで慶太くんが、龍一くんは何故弱いのか分かった!とお話。

「龍一くんは、逃げたり防御しているだけで、どうしたら強くなれるのか、これからにつなげようとしない」とのこと。

龍一くんも「確かに!」って言ってました。

 

ちなみに涼平くんは、「ゲームが弱いのも個性」と言っていました。

一緒にゲームすること自体が楽しくて、「負けて、もう1回!」ってなっても、その「もう1回」が楽しいから、別にオンラインゲームでパーティーが弱くても気にならないんだって。

 

 

★ウィンディーストリート

この公演がよみうりホール(有楽町)だったということで。

有楽町といえば、昔よく来たよね。ということで。
ニッポン放送のラジオ「ウィンディーストリート」の収録を有楽町でしていた、というお話。

 

ウィンディーストリート、懐かしすぎる!!!

 

ウィンディーストリートといえば、野球の延長があると番組が飛ぶ
あと当時はラジオドラマが流行ってて(?)よくやっていたよね、と。
鳥の役をやったり、女の人の役をやったり。

 

 

★MUSIX

懐かしの音楽番組、「MUSIX」のプロデューサーさんが、
撮影の時はちょう怖かったけど、本当は良い人だった、という話。

 

当時の撮影した内容について話をしていたんだけど、
龍一くんが「ライフセーバー」って単語が出てこなくて、
「トライアスロン」って言ったり、「ボーイスカウト」って言ったりしていたのが、非常に可愛かったです。

 

 

★ボクシング

「元気ダッシュ」では色々なことをした、という話。

 

元気ダッシュでは、慶太くんが昔ボクシングに挑戦したこともあり。

その時、センスもあるし、体重軽いのに背が高いからリーチが長くて有利、とボクサーにスカウトされた、とのこと。

 

で、龍一くんと慶太くんは体重が同じぐらいだから、ボクシングだと階級が一緒だね、という話に。

そして実際にボクシングの試合を、龍一くんと慶太くんでやってみてくれたんだけど、
慶太くんが腕を伸ばして龍一くんのおでこをおさえているんだけど、リーチの差で龍一くんが慶太くんに届かず。
龍一くん、腕をぐるぐる回していて。

もうこの時の龍一くんが可愛すぎーv でした。

 

 

★肩回るよ-

なんの流れでだったっけな?
小さい子にとっても面白いことをする、って話だったっけな?
うろ覚えなんですが……

客席にいる小さい子どもに対して、龍一くんが、「肩めっちゃ回るよ~」って言いながら、めっちゃ肩回してたのが可愛かったです。

 

 

★お悩み相談コーナー:アメンズの由来

パンフレットにイラストを載せることになって、慶太くんが傘を描いた。
けど、だったら雨も必要、ということになり、雨を描いた。

で、龍一くんが今のアメンズの龍一キャラクターを描いたのが始まり。

 

そして各キャラクターの名前は? というのも質問に入っており、
お名前なかったからその場で決めてくれたんだけど、
「アメヘイ」「アメタ」「アメイチ」
になりましたw

 

 

★お悩み相談コーナー:LINEの何気ないやりとりが苦手。「おはよう」とか天気の話とか。

結論、必要ない。

あ、でもスタンプよくない?! アメンズのスタンプ欲しい という話に。

雨で喜んでて、晴れで小さくなってるスタンプ、あったら面白い、欲しい、って話していました。

 

うん、私もめちゃめちゃ欲しいーーー

LINEスタンプ作るの簡単だしお金かからないし、是非作って欲しい。

わりと需要あると思う!
発売してくれたら、私は絶対に購入する!!!