妊婦健診:赤ちゃんが頭位になりました【妊娠32週(妊娠9ヶ月)】

妊娠32週での妊婦健診のお話です!

 

この日もいつも通り、尿検査と体重測定を終わらせてから、診察。

 

これまでずーっと逆子だったお腹の赤ちゃん。

前回の妊婦健診で、「妊娠35週まで逆子なら、帝王切開にする」という話をされていました。

帝王切開は怖いから何とかして避けたいので、逆子体操を自宅で行い始めました。

 

 

 

実はこの妊婦健診の5日ぐらい前から、これまでよりも胎動を感じる位置が上の方になっていました。

なので!「逆子じゃなくなっているんじゃないかな」と期待しながらエコーを受けました。

 

少々話はズレますが、この頃になるともう胎動がすごくハッキリしていて、
多少自分が動いていても、「ドン」と力強い胎動を思いっきり感じることもあったりして、
日々の生活の中で、お腹の中の赤ちゃんの存在をこれまでよりもっと感じていました。

最初は腸が動いているのと勘違いするぐらい、かすかな動きだったのにね。

感慨深いです。

 

 

さて、話を戻しまして。

 

エコーの結果、

 

逆子じゃなくなっていました!!!

 

ぎゃー嬉しい!!!

 

やっぱり胎動の位置が変わったのは、赤ちゃんの向きが変わったからだったのね!

そうじゃないかなぁと思いつつも、自分で見て確認できるわけではないので、逆子ではなくなっていると聞いて本当に嬉しかったです。

逆子体操のおかげかどうかは定かではありませんが、頭位になってくれてありがとう、です。

 

「今の週数なら、もう赤ちゃんの位置が動くことは稀なので、経膣分娩で産めそうですね」と医者に言われました^^

 

大きさも、1800gぐらいまで成長してくれているようです。

 

 

 

また、前回の妊婦健診では尿検査で尿糖(3+)が出てしまい、そのためOGTTを受けたのですが、
今回の健診では(-)になっていました。

あの3+はマジで何だったんだろう……。

まあでも良かったです。

心配事が一気に解決された妊婦健診でした。

めでたし、めでたし◎