赤ちゃんのお名前決定!私たち夫婦の名前の決め方【妊娠32週(妊娠9ヶ月)】

2019年4月9日

前回の妊婦健診で、お腹の中の赤ちゃんの性別が女の子とほぼ確定しました。

 

 

ということで!

旦那と一緒に、赤ちゃんのお名前を本格的に考え始めました。

 

 

とはいえ……

赤ちゃんのお名前を考えるのって、難しすぎじゃないですか?!

 

私も旦那も特に「赤ちゃんが生まれたらこの名前にしたい!」という希望はなく。

 

こだわり?といえば、

キラキラネームは嫌だなあ。
初見でも読めるような名前にしたい。
春生まれだから、春っぽい漢字も入れたいかも。
女の子でも男の子でもオッケーな名前ではなく、女の子特有の名前にしたい。
字画は縁起のいいものにしたい。

というぐらい。

 

こう挙げてみれば結構いくつも条件はあったんですが、、、
「だからどういう名前がいい!」というのが全く思い浮かばなくて、困りました。

決め方が分からないよ……。

 

そんな訳で、インターネット様に頼ってみました。

検索してみて、びっくり。今時はすごいんですね。

名字に対して「縁起が良い字画の名前」をズラーッと挙げてくれているサイトさんもあって……!

 

でも挙げられている名前が多すぎて、ますます「どうして良いのか分からない!」という状態に拍車がかかってしまいました。

 

 

しかも一つだけじゃなく、複数のサイトさんがあって、それぞれ挙げている名前が微妙に違うという。すごすぎ!

 

お名前って、一生ついてまわるものだし、適当には決めたくないじゃないですか。

そうするとどんなお名前がいいのか、もう全然分からない!!!

 

 

で。結局私たち夫婦はどうしたのかというと。

お名前の音は、私がなんとなくで呼んでいた胎児ネームにすることになりました。

※胎児ネームとは、お腹の中の赤ちゃんにつけるニックネームのことです。

特に私がつけた胎児ネームに意味はなかったんですが、
これまで「ピヨちゃん」(←勿論仮名です)と呼んでいたから、「もうこの子はピヨちゃんだ!」という話になり。

そこから縁起の良い字画のキラキラネームでない漢字をあてました。

 

漢字を決める時、名字との相性も考えましたが、
女の子だから名字は変わる可能性もあるので、一番は「名前だけでも縁起の良い字画」ということを意識して。

 

 

何日もめちゃめちゃ考えたこともあり、漢字も、これからの成長に願いをこめた意味のある漢字をあてられたので、
赤ちゃんへの最初のプレゼントにふさわしい、良いお名前にすることが出来たと思います*

 

 

他の夫婦が赤ちゃんの名前をどうやって決めているのか、気になるわ~。