産休に入るまでのお仕事【妊娠32週(妊娠9ヶ月)】

現在は退職して専業主婦をしていますが、出産前までは私は看護師として働いていました。

産休に入って、そのまま退職した感じです。

 

産休は、出産予定日の6週間前から入ることが出来て、出産予定日は妊娠40週に設定されているので、本来は妊娠34週から入ることになるのですが、
(※多胎妊娠の場合は、産休の期間が変わってきます)
私の場合は余っていた有給休暇の消費もあったので、妊娠32週から産休に入りました

 

ということで、今回の記事は、産休に入るまでのお仕事のお話です!

w-ishing.star

前回の健診で心拍確認が出来て、いよいよこのまま出産までいく確率が高くなりました。 そこで浮上してくるのが、職場にいつ妊娠…

w-ishing.star

安定期を無事に迎えることができたので、職場で同僚へ妊娠報告をし始めました。 (看護師長さんにだけは、心拍確認直後に報告済…

w-ishing.star

妊娠後期に入って、突然職場で妊娠をしているのかと、何人もの患者さんに聞かれるようになりました。 お腹が目立ってきたという…

 

 

 

以前の記事にも書きましたが、
職場では私が妊娠をしているということに対して、かなり考慮をしてくれたので、
妊娠後期はたいした仕事はしていませんでした。

というと、少し語弊があるのですが……
体力を使わない系のお仕事ばかりをしていました。

 

具体的には、
チームのリーダーが不在の日は、リーダー業務(全体の監督と医者からの指示受け)
リーダーがいる日は、受け持ち業務だけど、一人で動ける患者さん(癌の放射線化学療法だったり、疼痛コントロールだったり、術前検査だったり)の受け持ち。

 

なので、頭は使うけど、体は使わないーみたいなお仕事ですね。

体を動かすのなんて、病室間の移動をする時ぐらい。

 

だったはずなのですが、妊娠31週を過ぎたぐらいから、唐突にお仕事が辛くなってきました。

 

それまではね、全然大丈夫だったんですよ。

「私、妊婦のわりに動けるのに、こんなに動かない仕事ばっかりしていて、周囲に申し訳ないなー」
なんて思っていたぐらいだったんです。

 

なのに!

 

この頃になると、ちょっと動いただけで、動悸・息切れがすることもしばしばで。

妊娠後期は、体重増加や、胎児・子宮が大きくなることにより、
横隔膜や肺が圧迫されたり、心臓への負担が増したりするため、動悸・息切れがおきやすいそうです。

患者さんへの食事配膳のために、病室を往復しただけで、へばっていました。

 

 

食事配膳にかかる時間なんて、長くても15分ぐらいなんですけどね。

使えなさすぎるにも程があるwww

でもまぁ今振り返ると、この時期はあんなに大きなお腹を抱えながらお仕事していたんだから、よくやっていたと思います。(自画自賛)

 

前々から、先輩のママさんナースに、
「妊娠中の仕事は、産休に入る2週間前からがしんどくなるよー」
って言われていたのですが……本当だった><!

本当に、産休に入る2週間前からが、辛かったです!!!

はやく産休に入る時期にならないかなーって、毎日何回も思っていました。

でも私は早めに産休に入ったから……
本来の産休のみで考えて計算すると、産休に入る1ヶ月前からしんどくなっていた、ということですね;;

私は「更にあと2週間働いてください」と言われたら、働ける気がしないレベルの辛さでした。

 

 

ちなみに病棟看護師には必須のお仕事である夜勤は、「辛かったらシフトから外すから言ってね」というスタンスの師長さんだったので、
「2週間前から辛くなる」という先輩ママナースの言葉を受けて、妊娠30週から日勤だけのシフトにしてもらいました。

夜勤がなくなって、体がだいぶ楽になったので「余裕かな~」と思っていたのですが、
それでも辛かったんだから、妊娠後期の体調不良はハンパない!ですね。

 

正直妊娠をした当初は、妊娠後期にあそこまで体調が辛くなるとは思っていませんでした。

完全に妊娠をナメていました。(…)

 

 

 

そしてようやく迎えた、最終出勤日!

看護師は常に人手不足の職業なので、職場を辞める時に引き止められてすんなり辞められないことが多いのですが、
私は出産のための退職だったのと、10年勤めた末の退職だったので、円満退職でした◎

退職時に職場からいただいた色紙は私の宝物で、
今でも精神的にちょっと辛い時は読み返したりしています。

 

そんな感じで。

 

ようやく待ちに待った産休だーーー!!!

 

これからは職場に行かなくていいなんて。
「明日から何して過ごそうかな」って、考えてはワクワクしていました。

10年も働いていたから、こんなに長期のお休みなんて久しぶりすぎて!!

辛かった体を休められるということも勿論嬉しかったのですが、「職場に行かなくていい日々」というものにもワクワクしていました。

 

が、産休に入って気が抜けたのか、産休2日目に風邪をひいいてしまい、数日間は寝込んで消費したのでした。(ちーん)