経腹超音波検査で、赤ちゃんの頭が小さめと言われる+逆子判明【妊娠21週(妊娠6ヶ月)】

妊婦健診では毎回お腹の上から超音波検査をして、赤ちゃんの状態などを確認しています。

でも毎回の健診に加えて、
「担当医ではない医師が、詳しく超音波検査を行って、詳しく色々測定する」
という検査がありました。

 

 

またもやイラストの使い回し。笑

 

最初に病院でこの検査の話を聞いた時は、別の人の目で見て確認する目的での、病院独特のものかなぁと思いましたが、
区から貰った受診券の中に「超音波検査受診票」というものもあり、それを使っての検査だったので、やる病院も多いのかな、と思います。

 

検査をするまでは

「毎回健診でエコーしてるのに、改めてやる意味って!?!!」

と思っていましたが、、、

本当にとっっっても詳しく測定してくださいました!

 

医師が測定した項目を言って、検査技師が記録していたんですが、
普段聞かないような用語が飛び交っていて、言っている内容の意味が全く分からなかったです。

 

 

検査自体はいつもの経腹エコーと変わりないので、特記するようなこともないのですが、
検査途中に、測定をしていた医師に、

「頭が小さめで、19週相当ですね」

と言われました。
(※この時、私は21週でした)

 

 

産科のことは何も分からないので、めちゃめちゃ不安に思いながら「それは大丈夫なんですか?!」と聞いたら、

「ちょっと小さめかな、というぐらいで、特に問題になる程ではないですよ」

と言われました。

 

よ、よかったー。 ほっ。

問題ない範囲での小さめの頭なら、スタイルの良い美人さんなのかな☆

 

ていうか!
問題ないんだったら、心配になるから言わないでよ!

と、ふてくされながら思いました。笑

妊婦さんの不安を煽るの、反対~!

 

 

検査結果について、全部の項目についての説明はなく……検査の最後に、「問題になる項目はなかったですよ」みたいな軽い説明をされて、終わりました。

気になって、後日自分のカルテを見て結果を確認してみたんですが(←職員だから勝手にいつでも見られるのです)(「心配になるから言うな」と言っておきながら、結局自分で結果確認する矛盾w)
測定していた項目が30項目ぐらいあったので、確かにこれは全部説明していられないな~と思いました。

 

そうそう、カルテを見た時に判明したんですが、
この時のうちの赤ちゃん、逆子ちゃんでした。

 

 

頭が通常は下にあるのに、上下が逆!

 

これまでの妊婦健診で言われたことがなかったから、知らなかった-。

 

確かに言われてみれば、胎動はお腹の下ギリギリぐらいの位置で、かなり下方だったけど、
初めての妊娠だったから、そういうものだと思っていました。

 

でも、妊娠中期で逆子になっているのは、よくあることらしいですね。
だから妊婦健診でも言われなかったのかな、と思います。

 

母に、お腹の中の赤ちゃんが逆子だったと言ったら、

「あら、あなたも妊娠中期は逆子だったのよ」

と言われました。

へえ~。そうだったのか!
知らなかった!

 

ということで、逆子なことに関しては、安心しきっていました。

この時には、まさか妊娠後期のギリギリまで逆子のままだとは、思っていませんでした……。