母子手帳ケース

2019年2月13日

母子手帳を手にして、私が真っ先にしたことは、
母子手帳ケースの購入でした。

はい、そうです。完全なる浮かれ妊婦のUさんです!

胎嚢確認が出来た時は、速攻でたまごクラブを購入しましたし、とりあえず物を買ってテンションを上げたい派なんですw

 

 

さて、母子手帳ケースといえば、その名の通り、母子手帳を収納するケース!

 

母子手帳ケースにも種類がありまして、
大きくわけて、じゃばらタイプのものとブックタイプのものの、2種類があります。

 

 

作り的には、マルチケースとほぼ変わらないものが多いんですけどね。

色々なメーカーさんが、色々なデザインのものを販売していまして、
中にはエコー写真を表紙になるように入れられるデザインのもののように、
母子手帳ケースならではのものも多くあります。

かなり多くの種類が発売されているので、見ているだけで楽しいです。

 

で、私なんですが。
私は完全に趣味で選びまして。

好きなキャラクター・リラックマの母子手帳ケースを購入しました。

そして好みのデザインのものがブックタイプだったため、ブックタイプのものを選びました。
(酷い選び方……笑)

 

でも好みのデザインなだけあって、ちょう気に入りまして。

妊婦時代はこれを毎日持ち歩いて、出産へ向けて気分を高めていました*

鞄の中の母子手帳ケースを見ては、幸せ~な気分になったりして。

 

 

しかし。

出産後にこの母子手帳ケースを持ち歩いていて、思ったこと。

それは

 

子連れでのお出掛けって、ただでさえ荷物が多くなるんですよ。

オムツ、子どもの着替え、授乳ケープ、離乳食、飲み物、ガーゼハンカチ……など。

少しでも荷物を減らしたくて必死なのに。
その中で、母子手帳を運ぶのにこの大きさって必要!?!! と、自分に問いかけること数十回。

 

そして。

 

かさばることがストレスすぎたので、

産後、母子手帳ケースを買いかえました。

 

結局、今はビニール性のお薬手帳ホルダーに母子手帳や診察券などを入れ、それを100均で購入したメッシュの薄いポーチに入れています。

 

一般的にブックタイプよりもじゃばらタイプのものの方がかさばらないので、
じゃばらタイプのものへの買いかえも考えたんですけどね~。

どうせなら究極に荷物を減らしてやるぞ!と思い、コンパクトにすることだけを考えたら、そうなりました。笑

 


ちなみに現在私が使っているお薬手帳ホルダーはこれです。
ビニール性なので、ぺらぺらで非常にコンパクトです。おすすめ!

 

買いかえて半年ぐらい経ちますが、今のところ使い勝手的に不便は感じていません。

体積が5分の1ぐらいになったので、かなり荷物が減りました! 嬉しい~

 

でもやっぱり、可愛かったりオシャレだったりする母子手帳ケースにも、憧れますね!

予防接種の時など、他のママさんのオシャレ母子手帳ケースを目にする度、「素敵だなあ~」とガン見してしまいます…★

 

毎日の育児の中で、こういう小さなところからでもテンションを上げていくことは、すごく大切だ、と私は思っているので、、、

気分が変わったら、また元の物に戻すかも…? です^^