*旧サイトログ*2010年7月17日 『w-inds. Live Tour 2010 “Another World”』 in 神奈川県民ホール ライブレポート

セットリスト

 映像

1*Intercode
2*New World
3*Rain Is Fallin’
4*Re:vision
5*HYBRID DREAM
6*Prayer

 MC

7*Cos Of You
8*Don’t remind me
9*Nothing Is Impossible

 龍一くんソロ

10*Now You’re Gone
11*Spiral
12*In The Red
13*Everyday

  涼平くんソロ

14*キレイだ

  MC

15*Truth〜最後の真実〜
16*Addicted to love
17*Some More
18*CAN’T GET BACK

((アンコール))

19*四季

 MC

20*Paradox
21*SUPER LOVER〜I need you tonight〜 

 

 

ライブレポート

 

※ライブのおおまかな流れ等については、パシフィコ横浜公演のレポート、を参照下さい。

♪Intercode

「A NEW SENSE OF WONDER」

の文字が、スクリーン上に表示され、
慶太くん→涼平くん→龍一くん
の順で、各メンバーの生首が登場し、Intercodeを歌うw-inds.。

「Let’s Go!!!」

の掛け声の後、可動式のスクリーン開いた後、
映像が変わり、ロゴみたいなものが表示されてました。

Another World
-inds.

っていう風に、Wまでが大きな文字で書かれていて、
Wをかけている…って感じで、カッコよかったです(わかりづらい;)

その後、New Worldへ!

♪New World

曲開始とともに『New World』のロゴみたいなものがスクリーンに表示されていたんだけど、
それが白のただのロゴから、白抜きの文字のロゴに変更されてました。

曲開始とともに特効が上がり、開始!
この特効のタイミング、以前は曲の最後だった気がするんだけど、変更になったんだと思われ。
しかも特効の上がり方(?)も変わっていて、前はパーン!って感じだったのが、
今回は花火みたいな上がり方になっていました(←ちょう意味わかんない表現でごめん;)

最初がこうやって派手に始まると、メンション上がるね!!!

最初はステージ2階で3人バラバラに踊っているんだけど、
間奏の部分でステージ1階に下りてきて、3人+ダンサーさん全員で、で一緒にダンス!

龍一くん、ステージの1階に下りた途端、
アドリブダンスを踊ってて、すごいカッコよかった!
クルッってターンした後に、床をたたくマネしてて、ヤバイーーー!

この日の私の席は3階だったので、全員で円形になってダンスする部分もしっかり見ることが出来て、嬉しかったです♪

♪Rain Is Fallin’

パシフィコ横浜公演から、曲順変更。
Re:visionと場所が入れ替わったみたいです。

ダンス曲のシングル連続で、会場もヒートアップ!

♪Re:vision

曲の最初の方は、道産子はステージ2階の左右に分かれて踊っていて、
道産子それぞれ、ダンサーさんと一緒に踊っていたんですが、
左右で、道産子が対になってるダンスがあって、それが可愛かったです。

最後、全員で足…っていうかつま先?!を、床にトントンと上げて下ろして…って動かす振りがあって、
それが全員で揃ってて凄いかったカッコよかったです!

♪HYBRID DREAM

この曲、前回のツアーの時とは違って、w-inds.3人だけで踊って歌っているんですが、
結構右に行ったり左に行ったり…って動いていたんですね。
3人が固まって、左右の端まで踊りながら行っていて、可愛かったです。

♪Prayer

やっぱりこのダンス、めちゃめちゃカッコいい!
というか、面白い!
今回のツアーの中で、一番遊び心溢れていて、楽しめる曲だと思います。

歌詞に合わせた振りが多いから、分かり易いんだよね〜。

♪祈りを

で、両手を合わせて、顔の前に持ってきたり、

♪Don’t go away

で、上にあげていた拳を段々と下げていったり、

♪紛争はいつだって

で、拳銃を撃つマネみたいな振りをしたり
…等など、本当に面白い!

間奏で、片手を拳にして、胸の前に置いて、全員で行進するみたいな振りも、カッコよかったな〜。
パシフィコ横浜のレポでも書いた、道産子がそれぞれ順番にダンスする所も、やっぱり迫力あってヤバかったです!

パシフィコ横浜にて振りを覚えたから、

♪ぎりぎりセーフ

を、一緒に踊れたのも、楽しかった!
結構ファンで、一緒に踊ってる子も多かった印象。

曲の最後に、全員で三角のフォーメーションをとって、
首を振る、みたいな動きをしているのも、カッコよかったよ!

MC

いつものご挨拶。
と、神奈川は今回のツアーでは来るのは2回目ですね、って話をしてました。

あと暑いね、って話。

龍「暑いから、みんな倒れないように気をつけてねー!
  もし倒れたら、慶太が助けてくれますっ!」

と、この龍ちゃんの言葉により、ファンから奇声が大量発生。笑
でも慶太くんが介抱してくれるなら、私も倒れてもいいっ!(…)

それに対して、

慶「否、僕この会場で倒れたことあるんで。逆に助けられるかも」

って笑いながら言っていて…。
めちゃめちゃ去年のあの出来事を思い出しました。
だけど今なら笑って話す事が出来るんだね…。それにはすごく安心した…。

ところで、この時、暑いため、龍一くんの肌がTシャツから汗でちょう透けていたみたいで。
それを自ら話題に出す龍ちゃん。笑
その上、話しているうちに恥ずかしくなってきたらしく、

龍「あんま注目しないでっ!」

慶「でも龍一くん、あえて透けるのを選んだんでしょ?」

龍「この素材は、俺が選んだわけじゃないです!
  なんか…俺、恥ずかしくなってきちゃったよ…」

って、この言い方がめちゃめちゃ可愛かったです!

MCで龍一くんが1人で滑っているのはいつもの事なんだけど、
何か言い間違いをしたり噛んだりかした時だったかな…?!
客席から「フゥー!」って声が返ってきてて。
それを聞いた慶太くん、

慶「僕ぼ調査によると、これは会場の皆が龍一くんをバカにしている時の声ですよ」

って…。笑
それから会場の空気が何だかおかしな事になり、
龍一くんが何か言うたびに、ファンが「フゥー!」ってやっちゃって、
龍一くんが落ち込んでる様子を見せてました。

龍「これは俺だけに向けて言ってる訳じゃないよ!」

って、B型組を巻き込もうとしてたんだけど、

慶「否、これは僕には向けられてないです。
  僕は受け取ってないですから」

って、キッパリ言い切る慶太くんが、すごいおかしかった。

ここら辺のMCの話の流れ、ちょうグダグダだったんだけど、
なんだかとってもw-inds.のMC!って感じで、微笑ましかったです。

♪Cos Of You

やっぱりこの曲、大好きだ。
イントロ聴くだけで、めちゃめちゃメンション上がりまくるっ!
慶太くんの歌い方がツボなんだよね〜v

この曲の分かり易い振りで面白かったのは、

♪時計を

で、腕を上方に掲げて時計みるマネをしたり

♪確かに愛し合っていたんだ

で、手を顎につけて、ロダンの考える人みたいなポーズをしてたり。

あと、どこの部分でかは忘れちゃったんだけど、
ヒゲダンスみたいな振りもあって、それがぶりっこっぽい雰囲気で、ちょう可愛かった!!!

それと、照明が、パシフィコ横浜の時とは変わっていた様な気がします。
…気だけかもしれないけど(…)、前よりも派手になった様な…?
青と黄色の光がチカチカしていて、凄かったです。

♪Don’t remind me

♪Nothing Is Impossible

スクリーンを使った慶太くんの着替えは、変わらずあり。
着替えた後ワイルドな雰囲気になり、
回りにいるダンサーさんを、肘などで叩き飛ばす様な振りがあり、カッコよかったです。

最後の方は、3人だけで中央でダンス!
この時の振りの1つで、道産子が同時に倒立をするのが、可愛くて仕方ない〜っ*

龍一くんソロ

映像がすげー変わってて、ビックリしました。

最初は、緑のレザーの波(?)みたいな映像。
その後は、ちょう自然!って感じで、魚とか花とか豹が走ってる映像とか。
最後は万華鏡みたいな映像が流れ、終了。

前は龍一くんがアップで映されて、演奏してるのがメインだったので、
龍一くんがアップで映されるのが激減していたため、龍一ファンの私としては、ちょい残念…。
ですが、曲の雰囲気とは、合っていてカッコよかったです。

このソロの時間、龍一くんの音楽を堪能できて幸せ〜*
この日に初めて気付いたんだけど、途中Intercodeの音源が入ってるんだね!
今更でごめん。
ですが、面白い!
そして、だからこのライブの流れと合ってるのか〜と納得。

最後の方、ファンに手拍子を求めたりしてました。

♪Now You’re Gone

海の映像と、雨音とともに、慶太くん登場。
ピアノで弾き語り後、無音になり、立ち上がる慶太くん。

ピアノの横まで歩いていくんだけど、
パシフィコ横浜2日目ではあった、慶太くんが歩くのに合わせて流れていた足音の音声が、
この日はなかったです。
でも最後の1歩だけあったから、変更ではなく、単なる音声さんのミスかも…(…)

個人的には、ない方が好きだったりします。
会場中に流れる、ピンと緊張した静寂が、すごくドキドキする!

そしてピアノの上に乗って、踊って歌っていたのですが、
この上で踊る時間も減っていました。
その代わり、ピアノの上に足を組んで座って歌ってた!
この座って歌ってる姿と、この時の慶太くんの表情がカッコよすぎて、ちょう素敵でした。

あっ、そういえば、このピアノ、上の方がキラキラしてたんだけど…
前からあんなんだったっけ?!
覚えてないー。けど、キレイでした。

♪Spiral

♪In The Red

♪こんな靴大嫌い

で、龍一くん、靴を払う仕草をしていて、可愛かったです。

曲の最後の方、道産子はステージ2階の左右に分かれているんだけど、
途中で、階段がゆっくりセンターに向かって、動き出して、
それに合わせて、道産子がムーンウォーク風に、ゆっくり歩いているのが、良かったです。

♪Everyday

パシフィコ横浜ではあった、w-inds.が歌う後ろで流れていた、イラスト映像が全くなくなっていました。
これ個人的にはない方が好きー。

このEverydayのアレンジ、とっても好きです。

最後の慶太くんのアカペラは、痺れるね!!!

涼平くんソロ

1曲目では、YU-KIくんとの、対になってのブレイキングは、例年通り。
その後、YU-KIくんの肩に、涼平くんが足を乗せて、持ち上げられて回転する技もしてました。

2曲目は、全員揃って踊ってました。
これがロックダンス…かな?!ダンスに明るくないからよく分からないですが;(すみません)
涼平くんが、ダンサーさん1人づつを順番に指し、ソロダンスをするという、各人の見せ場もあり、カッコよかったです。

涼平くんは途中、中央からハケ、その後は残ったダンサーさんたちでダンスし、終了という感じでした。

♪キレイだ

基本この曲はバリバリ踊りまくっています。

途中、龍一くんがパーカーの帽子をキャップの上からかぶって、そのまま踊ってて
その姿にヤバイ惚れました。素敵…。

最後、慶太は1歩下がり、中央の階段付近へ。
道産子は、左右にいた所から中央に集まり、手をタッチしてすれ違っていて、
すごい可愛かったですー*

MC

キレイだの最後のダンスの、道産子2人で手をタッチしている振りについて。

慶「最初はね、3人でやろうって言ってたんですよ。試してみたんです。」

と、実際にやってくれるw-inds.。
3人で中央に集まって、手をつないで、前に進もうとしたら、
3人とも同じ方向に進むモンだから、ゴツンとぶつかってて…可愛かったです。
ステージ上で事故が起こった…!

慶「3人じゃ出来ないね、ってことで、仕方なく僕は1人で階段に行ったんですよ」

って言ってました。

キレイだのダンスは、オールドスクールのダンスですが、
w-inds.は昔はオールドスクールのダンスを踊っていた、という話から、
ロックダンスも多かったよね、という話に。

でもそんな昔の曲でロックダンスってあったっけ?
と、昔の曲を振り返る3人。

try your emotionでやっていたという話から、Feel The Fateもそうじゃない?!という話題に。

ロックダンス風に、Feel The Fateサビを歌いながら踊る涼平くん。
歌が…軽〜く歌ってはいたんだけど、でもこれ地味に嬉しかった!

この涼平くんが踊ったダンス、オリジナルのダンスとは、似ても似つかない振りだったんだけど、
涼平くんがあまりにも大真面目な顔で踊ってたから、
あれ、こんなんだったっけ?!
って、一瞬騙されてしまったよ…笑

それに対し、

慶「違うでしょ!Feel The Fateはこうでしょ」

と、Feel The Fateサビの振りを踊る慶太くん。

慶「あなたに〜お願い〜だよ!」

Works vol.1ねた!うおっ!懐かしい!
その後、3人で、あなたにお願いの振りを踊ってて、めちゃめちゃ可愛かったです。

慶「あなたに〜お願い!って知ってる?昔のDVDでやってたんだけど…」

と、ファンに説明しようとすると、
ファンのそこここから「知ってるー!」という声が。

慶「知ってるんだ?!みんなマニアックだね〜」

と、関心している慶太くん。

そこに、更に「Feel The Fateはこうだった!」と、なぜかロックダンス風の振りを主張し続ける涼平くん。

慶「こうだねっ」

と軽くFeel The Fateを歌いながら、涼平くんが主張しているのと同様のダンスを踊る慶太くん。
それを見ての、

涼「でももう今の慶太は、歌いながらその振りは出来ないでしょ」

っていう涼ちゃんの言葉に対し、ムキになったのか、
慶太くん、さっきのロックダンス風Feel The Fateを、全力で歌いながら踊り始めて。
その慶太くんに、ちょう圧倒されました。

だって軽く歌ってる時と、全く声音が変わっててカッコいいし、
このダンス、飛んで着地する振りもあったりして結構激しいのに、全然声もブレずに出来てて
マジ慶太すごい!!!と思いました。

9年間の積み重ねだーって言ってたけど、正にそうだよね。
うん、慶太くんはやっぱり凄いや。

ワールドカップはもう終わりましたが、やはりサッカーの話もしていました。

昨日はヴェルディーのGK・土肥選手が来てた、って話で。
龍一くんが説明しようとしてくれてるんだけど、多分名前を覚えてなかったんだろうなぁ。

慶「どこのチームの方が来てくれたんでしたっけ?」

龍「えっと……ヴェルディー!」

慶「おぉ〜!じゃあ、名前は何て方でした?」

龍「著名な方ですからね。
  それはやはりここで僕が名前を出してしまうと、プライベートにも関わる事になるんで、
  ここでは言えません」

ってもっともらしく言っていて、可愛かったです。

涼平くんは、昨日土肥選手が来てくれたから、
それでめちゃめちゃテンション上がったーって言ってました。

あと、土肥選手は、身長が高かったらしい。
慶太よりも身長が高いから大きく見えて、190センチはあったよね、って言い合う道産子。
しかし

慶「186センチだよ」

と、つっこむ慶太くん。
道産子にとって、どんだけ大きく見えたんだ。笑

その後、慶太も大きいよね、自分らが小さいんじゃなくて、慶太が大きいだけなんだよ、
って話を、道産子がかなり力説していて、可愛かったです。

なのに慶太くんは、

慶「どっちもでしょ」

と、冷静に返していて、面白かったです。

涼平くん、衣装の背中側の裾から、なんか茶色い物体がはみ出てて、
それを舞台上の中央付近で直そうと、衣装をいじくってました。
そのいじくってる動作が、なんか可愛かった。

それを見て

慶「それ裏でやるべきことだろ」

って、つっこまれてて、面白かったです。
龍一くんも大爆笑。
かなり本気の素での笑いで、両手を叩いたりお腹を抱えたりしながら笑ってて…
その龍一くんの笑いにつられて、私も大爆笑でした。

どうやら、着替えを手伝う人が裏にいなかったとかで、涼平くんはそのまま出てきちゃったみたい。
裏にいきなよ!って、ちょう年下組に言われまくり、裏にひっこむ涼平くん。

龍「じゃあ涼平もいない事だし、次の曲にいきますか」

と冗談めかして言うと、

涼「あ〜〜シャワーきもちい〜〜〜」

という、声のみが聞こえてきて。
涼ちゃん………笑

慶「もう終わったみたいで、シャワー浴びてるよ」

って慶太につっこまれると、更に

涼「今日のライブも良かったなぁー」

って言ってたのが、めちゃめちゃ面白かったです。
涼ちゃん、自由すぎるよ!可愛いー

それから涼平くんが出てくるまでの場つなぎ的に、

龍「明日横浜で花火大会があるみたいですね。お時間がある人は、そちらも是非楽しんできてね」

って、お話をしていました。
花火は夏の風物詩だけど、w-inds.のライブも夏の風物詩だ、という様な話もしていました。

龍「今回のツアーは、本当に色々な方…老若男女が来てくれて」

と、ここで噛んでしまい、老若男女が「ロウニャクニャンニョ」になってしまい、言えない龍一くん。
何回か言いなおして、慶太くんに合ってるか聞いたりしてて、可愛かったです。

♪Truth〜最後の真実〜

ダンスなしで、3人してフリーで動いています。

涼平くんと慶太くんが、同じ方向を向いて同じ様な動きをフザけてしてたのが、
めちゃめちゃ可愛くて、ちょう癒されました。

間奏では、コール&レスポンスがあり、
2階&3階は龍一くんが、
1階は涼平くんが、
客席に声を求めていたんですが、

この日、私3階だったので、龍一チーム…!
これ、めちゃめちゃ嬉しかったです!!

ライブDVDで見てた、1st messageのR&Rみたい!
憧れていた、龍一チームになれた!(喜)

♪Addicted to love

ここでも、パシフィコ横浜公演から、曲順変更。
Some Moreと場所が入れ替わったみたいです。

私、この曲順番変更知らなかったので、
えっ?!まさかSome More削られたの?!
と、かなりのショックを受けてしまったよ…(…)
もう本当ショックすぎてどーしようかと思ったけど、順番変わっただけでマジ良かったです。

最初の方は、w-inds.は可動式のスクリーン裏で踊っているので、
ダンスがかなり見づらいのですが…改めて見るとこれカッコよくて良いじゃん、と思ったり。
でも見づらい。

この曲、映像もオシャレだったよー。
『ADDICTED TO LOVE』って書いた、ピンクのテープが
幾重にも重なっているような映像でした。

♪Some More

特効の場所と上がり方、この曲も変更あった様な…。(←曖昧)
以前は曲最後での特効だった気がするんですが、この日は曲始めに特効。
今回、2回も特効使ってるなんて、凄く豪華だよね!

♪gimme gimme gimme some more

で、手招きする振り、やっぱり面白くて好き!

間奏の機械音っぽい所での、w-inds.の動きも、なんかカクカクしてて面白かったです。
慶太が、片腕を前に突き出して、マッチョ強調!みたいな動きもしてて、可愛かった。

♪CAN’T GET BACK

アンコール

本編とアンコールの間、パシフィコ横浜ではスクリーンも全部消えていて、
ただの暗闇だったのですが、この日は、スクリーン上に、今回のツアーロゴが!

しかも『Another World(ハート)』の、ハートの部分が回っていて。
途中で回る速度が変わったりもしていて、可愛かったです。

ちなみにこの映像、終演後もスクリーン上に流れていました。

♪四季

この曲、メンバーが見るからに凄く楽しそうにしているので、
見ていてもう本当にとても癒される。
ニコニコで、大きく上で手拍子しててさぁ〜〜〜大好きっ!

会場の手拍子がちょう揃ってて、それにも感動しました。

この曲…だったかな?!
龍一くんが、右端の花道(?)にやってきて、
最前の子にハイタッチもしてたりして、珍しいーって思った!
テンション高かったんだね〜。
そんなに楽しいと思ってくれてる事が、私は嬉しいよ*

MC

龍一くんが最初曲紹介の前振りとして話していたんだけど、
その龍一くんが言葉につまってしまい、代わりに涼平くんがお話。

涼「早いものでw-inds.もデビューして10年目になりますが、辛いことも楽しいこともありました。
  これから歌うのは、約10年前に出した曲になるんですが、聞いてくだ…っさい!」

と、かなり良い雰囲気の中、大切なところで噛んでしまう涼平くん。

龍「噛んだね!今、涼平、噛んだね!」

慶「大事なところでぇ〜千葉涼平がぁ〜噛んじゃったぁ〜〜〜!」

と、面白おかしく慶太くんが言っていて、その言い方がめちゃめちゃ可愛かったです。

涼「これはわざと噛んだんです!噛んだのも計算のうちなんです」

龍「そっか〜計算か〜!俺は計算じゃなくて自然に噛んじゃうから、涼平みたいに計算できるようにしないと」

と、ニヤニヤしながら言う龍一くん。
このやりとりが、もう可愛いし面白いしで、最高でした。

♪Paradox

この日のParadox、何だかすごい良かったです。
会場の雰囲気が良くて…w-inds.の歌に聞き入る!って感じで。

慶太の歌い方も情緒こもっててすごいキレイだし、
道産子のコーラスもめっちゃ聞こえて、嬉しかったぁ!

間奏での、龍一くんコール&レスポンスも、ロックな感じでカッコよくて好き!

♪SUPER LOVER〜I need you tonight〜

スクリーンには、ドでかいハートが後ろで回ってる映像で、ちょい面白い!

途中、w-inds.3人とも、ダンサーさんにタオルを渡されて、
そこから皆で頭上でタオルをぐるんぐるん回してました。

うわぁ!こういうの凄く懐かしい!楽しいー!
昔の、Fire Frowerとかを思い出すね!!

客席にタオル投げとかもしてたよ。

龍一くんのソロでは、やっぱり龍一くんはシャツまくりあげていたりしてました。
ノリノリ〜!イェイ☆

曲の最後の方で、ダンサーさん&バンド紹介あり。
この紹介で、ACHIさんが、アンコールの最後に登場してくれてていた事が判明!

私、全然気が付かなくて、ちょうビックリした!
髪型が私の知ってるACHIさんとかなり変わっていたのにも、ビックリした!笑(アフロ!)

さすが去年までcrewだっただけあって、全然違和感なかったですー。

龍「今は、僕らと同じく日本のダンスミュージックを盛り上げようと頑張ってる
  松下優也君のバックダンサーをしています。
  そちらの方も、応援よろしくお願いします!」

って言ってました。

以上!
そんな感じの、神奈川県民ホール1日目公演でした。

ありがとうございました。
お疲れさまでしたっ。

 

レポート

Posted by Yuu