*旧サイトログ*2008年12月23日 『w-inds. X’mas Special Event』 in Zepp Tokyo イベントレポート

セットリスト

 映像

1*CAN’T GET BACK
2*YES or NO

 MC

3*アメあと
4*TOKYO

 MC

5*空から降りてきた白い星
6*Everyday  

 

 

ライブレポート

 

 

始まる前

会場内、ずーっとクリスマスソングが流れていました。

開場方法とかは、いつものイベントとさして違いがなかったから、
それまであんまクリイベっぽい感じとかはなかったんだけど
この会場内の曲を聴いて、

うおー私本当にクリスマスイベントに来たんだー!!!!

ってしみじみと思い、それだけで物凄く感激でした。(単純)

♪CAN’T GET BACK

曲のイントロが流れ、しばらくして垂れ幕落ちて。

…私、w-inds.は舞台袖から登場するものと思い込んでいたんですが、
幕が落ちたら既に全員がいてビックリしました!
メンバー3人と、ダンサーさんがポーズとってたの…!
バンドはなし。

衣装は全員赤と黒が基調になっているものでした。
龍一くんはバンダナの上にキャップを被っていて、すごく珍しい雰囲気。
でも似合ってて可愛かったです。

やっぱダンスすごくカッコいいです。
スピード感に溢れていて…見応えたっぷり!
一生懸命に見ていたら、あっという間に終わってしまった様な印象。

正直代々木で初めてこの曲を見た時は、遠すぎて…
感激は感激だったけど、細部は全く見えなかったので
この日、近くで見ることが出来て嬉しかったです。

DVDで何回も見てたのと、同じダンス…!
でも生で見たせいか、それよりも迫力があったように感じました。

サビに入る直前に、慶太くんが

♪Hey!

って声をかけて、それから速いダンスに切り替わる所とか、めっちゃ好き!
どうしてあんなにカッコいいんだろう。大好き。

最後のシメもちょう好きです。
w-inds.が自分自身を抱きしめるような動きをしていて、
そこから徐々に暗転していく…って感じなんだけど、
龍一くんが抱きしめ方が包み込むみたいで、もうヤバいーーーカッコいい!!!

♪YES or NO

うそー!?!!!!!

まさか歌ってくれると思ってなかった…。ありがとう…。
この曲大好きだから、本当に本当に嬉しかったです。
初披露で、カップリングなのに、ダンス付きで…!
もう嬉しいよ〜><

もうイントロ聴いた瞬間、信じられなさすぎて、訳分かんなかった。
これもダンスがカッコよすぎて憤死するかと思った。

最初の方は唇に手を当てて踊ってて、
それが何だか秘密めいたような雰囲気を醸し出していてカッコよかったんだけど

♪Kissしようとしたら

の所にきたら、唇から手を離し。
メンバーもダンサーさんも、全員で投げキッスのポーズ!
…ファンの悲鳴が凄かったです。笑

全体的に、歌詞に合わせたようなダンスだなーと思った。
そして結構固め。
演技している雰囲気の龍一くんが素敵すぎ!
龍一くんのああいうダンスって、本当カッコいいよね!!!

個人的には、

♪I just tell me why?

の所で
胸をクックッちょびっとだけ出したり引っ込めたりしてる振りがツボすぎた。
色っぽ!カッコいい!

あとこの曲は、道産子のコーラスが目立ってて、良いよね*

♪I don’t know why

の所とか!
ユニゾンで響いてて、しかもそれが長くて、ちょう幸せ〜v

MC

クリスマスイベント!っていうことで、MCに入った瞬間に、3人で

「メリークリスマス!」

と言ってくれました。

………なんか当たり前なんだけど、いつものFCイベントをしている場所なのに、
そんな挨拶で始まるのは初めてだったから、不思議な気分だった。

そして自分本当にクリスマスイベントに来れたんだ…と感激。(またかよ、って感じですみません)
でも本当にめちゃめちゃ嬉しくて、この時点でかなり泣きそうになっていた私。…

w-inds.がメリークリスマスって言ってくれた…それだけでちょう幸せだよ。ううっ

慶「クリスマスの忙しいなか、本当に来てくれてありがとうございます。」

と、【忙しいなか】を何回も強調しながら言いまくっていて面白かったです。

それから、札幌のイベントの話へ。
東京は12月23日で、明日がクリスマスだけど、札幌のイベントは12月14日。
10日も前だったから、ちょっと気まずかったらしいです。笑

両日ともクリスマス当日ではない、ということで。

涼「僕たちは、クリスマスを盛り上げる役割ですね」

と言っていました。

そこから、
クリスマスのメインは明日からだけど、クリスマスは皆忙しいんでしょ?
という話になり。

龍「きっと朝から朝まで忙しいよね」

って、なんか表現エロッ! と思ったのは私だけでいい…。…

涼「クリスマスは分刻みのスケジュールが…」

慶「分刻み?!どうやったら分刻みになるんですか?!」

龍「恋人と〜上司と〜…」

慶「上司?!」

龍「あぁ…、上司と〜友達と〜家族と〜。朝は恋人とで、21時以降は、不倫ですね」

慶「ん?龍一くん今何て言った?」

龍「何て聞こえたの?
  …俺は、いまふ…ふっきん!クリスマスは腹筋!」

と、無理矢理なつなげかたしてて、面白かったです。

今日のクリイベについて、倍率が高かった、って話もしてました。
具体的な数字までは話していなかったけど。

龍「今日当たった人は、結構運が良い方だと思いますよ」

って言ってて。
本当に今日参戦できてラッキーだったし、すごく幸せだなぁと改めて思いました。

あと、衣装の話もしてました。

今日は龍一くんがキャップを被っている!っていう事で。
キャップの下にバンダナを巻いていたんだけど、
そのバンダナにて、まゆげを隠すのがポイントらしいです。

そしてそのセットをしていたら、龍一くんは今日自分の下まつげが多い事に気が付いたらしい。

下まつげ…注目した事なかったよ〜笑

それから、次の曲へ。
その時は龍・慶・涼って並んでいたんだけど、

龍「次の曲に行くから、立ち位置変えるね。すぐまた戻るけど」

と、言いながら、動く龍一くん。
動きかたが、若干小刻み歩行で可愛かったです*

♪アメあと

前のトークのフリから、次はハナムケかアメあとかなぁと思ったら、アメあとだった!
アメあと大好きだから嬉しかったです。

ダンサーさんはいなくて、3人だけで歌って踊っていたんだけど、やっぱり素敵。
この曲を歌うときのw-inds.の雰囲気が大好きです。
見ていて安心するというか。

慶太くんの歌い方が、いつもと違うように感じました。
ビブラートのかけ方かな?
特に前半部分が違って…おぉ!って思った。カッコよかった。

♪TOKYO

この曲で再びダンサーさんが登場して、ダンス。

こんなに近くでこの曲を歌うw-inds.を見たのは、初めてです…
なので感動しすぎてヤバかった。

でもこの曲って、今年の夏にずっとずっと聴いてて、
私のこの夏の中核にあるような曲だったから
夏ライブでもないのに…もう夏ライブは終わっているのに、
それ以外の場所で聴くというのが、何だか不思議な気分でした。

まぁ実際は、Re-Styleライブでも聴いたりしていたのですが…感覚的にね。

全体的に大好きなこの曲だけど、特にダンスが大好きです。

前にも言ったことがある気もするけど…
最後の方の龍一くんがセンターになるところがヤバすぎ。
あの時に「龍一くんがセンターポジション」っていう事自体も重要なんだけど、
それだけじゃなくて、肩の動かし方とか足の置き方とか。大好きなんです。
見ていて、息が詰まりそうになる位に大好きで。
もうホント、ドキドキが止まらなかったです。

MC

w-inds.Mが本日の放送にて最終回だったという事で。

これまでw-inds.Mを見たことのない人がいるか、会場に聞いていました。
そしたら結構いっぱいいたぁ。
まあそうだよね、スカパーだから見れない人もいるもんね。

それを見たw-inds.が、

龍「ヤバいよヤバいよ!」

って騒いでました。
3人で、w-inds.Mを見てない人を殴りにくる人がいるから、とか話してたけど、
ここの辺りの話、あんま聞こえなくて何言ってるのかよく分からなかった…(悲)

MTVの番組では、1年続く番組というのは長い方らしいです。

龍「僕の下まつげのおかげですね」

龍「今日の放送が、下まつげを見る最後のチャンスです」

とか、下まつげをやたらと強調してて面白かったです。

w-inds.Mの最終回の収録にて、
ビデオが切れちゃったから未公開になった話があり…
その時の話を再現しようという事で、クロノトリガーの話を唐突にし出すw-inds.。

クロノトリガーの進行状況、どうなの、って事で。
涼平くんは全クリ。
慶太はというと…

慶「DSって、充電式じゃないですか。
  で、クロノトリガーのラスボスって結構面倒くさいんですよ。
  3回くらい変身するんです。
  それで最後の3回目の変身があって、あぁもう倒せたな、って思ったときに、
  プチッと電池が切れたんです。」

涼「その後は?」

慶「いや、僕の中ではもう倒した事になってるんで。」

龍「じゃあその電源がきれた時の、慶太くんの表情を」

と、ここで慶太くんが顔マネ(?)をしたんだけど、
それが凄い落ち込んだ表情で、顔を段々と下げていってて…
もーちょう可愛かったです*

で、龍一くんは途中ということで。

慶「龍一くん、結構何でも中途半端だよね」

と、サラッと毒舌な慶太くん。
まだプレイ中なのに、そんなこと言わないでも…笑
でも慶太くんっぽくて、良かったです。(どんな;)

んで、w-inds.Mでは、龍一くんがクリア出来なかったら、坊主にする!
って話をしてたらしく。

慶「龍一くんクリアしたの?」

龍「今ねー、クロノがもうすぐ生き返るところまでです。
  これからクリアします。
  もしも僕が坊主になってたら、クリア出来なかったんだと思って下さい。」

って言ってました。

しかしクロノトリガーの話をしていても、ファンの反応があまり良くなく。

龍「せっかくクリスマスなんだから、クロノトリガーの話してもね。
  もう少しクリスマスっぽい話をしよっか。
  ローストチキンの話とか!」

どんな話だよ! と思っていたら…

龍「ローストチキンって、あの足がいいよね〜」

と言いながら、足の形を手で表現する龍一くん。
………ちょう可愛い!!!

そしたらさぁ、それに涼平くんが反応して…笑

涼「わかる!!!あの形、いいよね〜。」

と。そこに反応するんだ?!って感じで、可愛かったです。

龍「俺は、ローストチキンの足の膨らんでる部分に、何が入ってるのか気になる」

慶「肉だよ」(即答)

って、やりとりも、可愛かったv

♪空から降りてきた白い星

椅子を使ってのダンス。
THANKSツアーの時と一緒のものです。

うわーちょう久々!
この曲を久々に聴けた事自体が嬉しかったし、
この曲の椅子ダンスも好きだからさ〜…凄く良かったです。

しかもこの曲を歌う!って、何だかクリスマスイベントならではだよね〜。
こういう選曲、嬉しいな♪

久々すぎて、何度も見てきたハズなのに、新鮮に感じました。

椅子を使ってダンスをしてて…
そのダンスの時の体の動かし方が、自然で柔らかくて優しくて、
この曲の雰囲気ととっても合ってるよね!
じんわり曲が心に沁みてきます。

最後のサビ直前の所で椅子をダンサーさんが持っていくので、最後だけは椅子なしで。

龍一くんが音に合わせて少しだけ踊ってて、嬉しかった。
慶太だけが歌っている所でも、龍一くん口をパクパク曲に合わせて歌っていて、すごく可愛かったです。

♪Everyday

3人が歌っている後ろの方で、棒(?)が光っていて、
それが青・オレンジ・黄・赤・緑で…その色合いがすごく鮮やかでキレイでした。

龍一くんが、すごく陶酔しきった顔で歌ってて、
それがとっても愛しかったなぁ。

最初の方は、ずっと目線ちょっと上の方を向いて歌ってたんだけど、
途中から、客席をみはじめたの。
ちょっとずつ…まるで一人ずつファンと目を合わせているみたいに、
ゆっくり視線を移動させながら、客席を眺めていて、
その時の目がクリクリしていて可愛くてカッコよくて。

別段私は目があった訳ではないんだけど、泣きそうでした。
こういう龍一くんが大好き…

これにてイベント本編終了。

続いては、なんと囲み取材!

…今まで色んなイベントに参加してきたけど、
実は私、囲み取材に立ちあった事が初めてだったので、
囲み取材があると知った時は、めちゃめちゃ嬉しかったです。

取材の前に、一時舞台からハケるw-inds.

みんな前髪くらいは直せる時間があるよ! と、他の2人が言っている中、

龍「下まつげもね!」

と、やたらと強調している龍一くんが面白かったです。

記者会見

どこからこんなに集まったの?!
って位の、取材陣が、わらわらと舞台上に集まってビックリでした。
中には海外の取材陣もいたよ…さすがw-inds.!

と、ここで舞台からハケてるはずのw-inds.なんですが、
なぜか龍一くんが舞台袖からはみ出て、客席から丸見えになってました…!爆笑
か、かわいい*
しかも丸見えになってる事に気づき、
出たり引っ込んだりをしたりして遊んでたりして、ちょう可愛かったですv

ところで、取材陣が準備をしている間、
会場内にはEverydayのインストが流れてました!
しかもコーラス入りでさぁ。
いつも思うけど、この音源がめちゃめちゃ欲しいです。
売ったらそれなりに売れると思うんですが、どうですか?>VISIONさん

そしてそれに合わせて、Everydayを合唱するファン。
龍一くんがそれを見てニコニコしてて、しかも合わせて動いたりしていて、
可愛かったし嬉しかったです。

でもEverydayのインストが終わった後は、
CAN’T GET BACKのインストが流れてたんだけど、
それに合わせても合唱しているファンの子もいて、凄い!と思った。
だって早口で難しいのに…!あれで合唱とか…!

さて、取材陣の準備も終わり、いよいよ囲み取材の開始です!

…なんだけど、結構時間が長かったため、
話の順番とかあんまり覚えていないんで、箇条書きでレポります。

・まずひとこと。

今日は来れなかった人も沢山いる、という事で。
来れなかった人へ一言を求められていました。

そしたら

龍「残念だったなぁ」

と、嫌みっぽく言ってて…
その言い方がちょう可愛くて面白かったです*

・笑いのポイント

囲み取材が始まり、w-inds.が質問に答えていると、
別に笑いポイントではないのに、なぜか笑うファン

…否、なんか面白かったんだよね。
何が面白かったのか、あんまよく覚えてないんですけど。(…)
私も笑ってました。

そしたら

慶「ここ笑うところ?!」

龍「皆、お尻見て笑ってるの?」

って言いながらお尻を指さしていて、可愛かったです。

・クリスマスの話

w-inds.のクリスマスのご予定は?
という事で。

24日は仕事
25日は、なんかボカしてた感じでよくわかんなかったです。

ところで、ここの話の時に、何やらレコーディングがどーとかいう事を
w-inds.がしていた気がしたんですが…本当ですか?!
ていうかレコーディングって何のレコーディングですか?!
何か新しくCD出してくれるのかなぁ。
シングル?アルバム?
どちらにせよ、何か新しくCDを出してくれるんだったら凄く嬉しい…。

そしてクリスマスの話から、
w-inds.でクリスマスパーティーはするの?
って話になって。

今年はどうするか決まっていない模様。

慶「このままいったら、僕が用意して誰も来ない、って
  パターンになってしまう可能性が高いですね」

龍「それ、俺の9歳の時の誕生日だ!
  ご馳走用意してたのに、誰も呼んでなくて、椅子だけ沢山あった」

慶「それだけは避けたいので、これが終わったら打ち合わせをしましょう」

ってやりとりが、面白かったです。

・誕生日

龍一くんと慶太くんの誕生日が最近だった、という事で。その話も。

涼平くんは何か2人にあげたの?と質問されてました。

龍一くんにはセットの練習着
慶太くんには鞄
をプレゼントした、と教えてくれました。

しかも!今日ちょうどプレゼントしたんだって〜。
中身はやっぱりファッション系なんだねv

何をプレゼントしたか知りたかったから、嬉しかったぁ。
記者さん、ナイス!

慶太くんの誕生日は、家族が家に来てお祝いしてくれたそうな。
あとブログのコメント欄を見ていて、
誰が一番最初に「おめでとう」って書き込むのかを見ていたとか。

龍一くんは、何してたって言ってたっけ…?
お祝いメールの話が印象的すぎて覚えてないや;

龍一くんの誕生日のお祝いメール、
一番最初にきたのがポニキャの偉い人で、二番目もポニキャの偉い人だったそうです。

…龍一くん、ポニキャに愛されてるなぁ。笑

マネージャーさんからも誕生日にメールが来たけど、スカジュールの話だったそう。
それに対して

龍「一言足りない!」

って言ってた龍一くんが、可愛かったです。

・Everyday

新曲Everydayにちなんで、毎日する事は?という質問をされていました。

涼平くんが答えに悩んでたら、ファンの子が、「ダンス!」って先に答えてて、
その後を追うような形で

涼「踊ってます」

って答えてたのが、面白かったです。

慶「ファンの子に先に答えられてどうするの」

龍「どんだけ知ってんの〜」

と、2人に言われていたのも、面白かった。

ここで、記者から、
クリスマスっていうことで、いつもと違うダンスをしたりするんですか?
という質問。

…何その無茶振りーーー!?!!

しかも涼平くん、「はい」とか答えてるしーー笑
クリスマスのダンスっていつもと違うの?!聖なるダンスですか?!と思っていたら…
そしたら案の定、ではやってみせて下さい、という事に。

涼「ロマンティックな雰囲気のダンスをしようかな」

と言いながら、跪く様なポーズをとるダンスをしてくれました。
涼平くん曰く、彼女にフラれて悲しい…という気持ちを表したそうです。

クリスマスなのに彼女にフラれちゃうのかよっ!笑

んで、次に慶太くんに、毎日している事を聞く記者さん。
やっぱり涼平くんと同様、悩む慶太。
そしたら

ファン「筋トレ!」

って声が複数聞こえてきて、これまた面白かったです。
でも

慶「否、筋トレは毎日はしてないですね。」

って言ってたのが、少し哀しかった〜;

結局、慶太くんが毎日している事は、音楽を聴く事。という事で。

明日はどんな曲を聴くんですか?という質問をされていました。

慶太くんがやたらと悩んでいたら、
なぜか「うーん」と言いながら、一緒に悩み出す龍一くん。

慶「聞かれてるの僕なんだけど、なんで龍一くんが悩んでるの?」

龍「否、僕も毎日することそれでいいですか?」

龍「僕は、ナインウェストですね」

慶「僕はEverydayです」

龍「…僕もそれにしていいですか?」

って言ってた龍一くんが、何だか口をモゴモゴさせていて、ちょう可愛かったです。

・サッカー

涼平くんと慶太くんは別々にサッカー観戦に行ったらしいです。

でも特にしめした訳でもないのに、偶然お互い向かいに座っていたらしくて。
涼平くんがブログに載せた写真に、慶太くんも映ってたそうです。

あと、好きなサッカーグループの事とかも聞かれてたけど、
私サッカーに全く詳しくないので、よく分かりませんでした;

慶太が、清水エスパルスの話をブログに書いたら綴りを間違えたらしくて、
それをファンの子に指摘されまくったんだって。

あ、龍一くんが「レッドソックス!」って言って、「それ野球」って周り皆に突っ込まれてた。笑

…こんなモンだったかなぁ。
あとは、最後にファンの皆様に一言、という時間があり、囲み取材が終わりました。

そして続いては握手会。

握手会

握手の順番は、龍一くん→慶太くん→涼平くん の、順。

会場の通路に握手をする場所が設けられていたんだけど、
それがイベントスペースから出る扉を、出てスグの所で…!

扉を出たら、速攻で龍一くんの姿が視界の中に飛び込んできて、どうしようかと思った。
それで焦っちゃって、一歩下がってしまった私。
でもそれじゃあダメだ!と思って、龍一くんの前に立って、瞳を見て。握手して。

…もうね、握手する時、オドオドしちゃって、多分私手とか握れてなかったと思う。

だって、龍一くんが、すごく笑ってくれていたの。

札幌のイベントに行ったお友達から、「龍一くんは凄く営業スマイルだったよ」って聞いていたんで、
そんな顔かなぁと想像してたら、全然違うの!
あれ、絶対に営業スマイルじゃないよ…!

ちゃんと、笑ってた。
すごく優しい顔で、笑ってくれてたの。

目の前にいたからかなぁ。
これって今の瞬間だけは私だけの為に笑ってくれてる、って思ったからかもしれないけど。
今までに見たことのない笑顔のように思えました。
それなのに間違いなく私が大好きな龍一くんだったの。

あの顔だけは、これから先、何があっても絶対に忘れたくない。
ずっとずっと、心の真ん中にしまっておきたい。
そう願ってしまうような顔でした。

もうビックリしちゃって、全身の力が抜けてったのが、自分でも分かった。

それなのに、龍一くんがしっかりと両手で包むみたいに手を握ってくれて、嬉しかったです。

伝えたい言葉、考えてきたから、言おうと思ってたんだけど…
あまりにも龍一くんの笑顔が衝撃的すぎて、キョドってしまい。
「あ…あぁ…ぁ………」 と、ドモる私。(…)

それでも何とか一番伝えたかった言葉は、噛まずに伝えることが出来ました。
かなり怪しい人物になっていたのは間違いないと思うけど;

しかしそれにて、私、意識を消失してしまったらしく。
気が付いたら慶太と握手していて、気が付いたら涼平くんとの握手が終わっていました。

気が付いたら終わってたモンだから、全く言葉を掛ける事が出来ませんでした。
一応3人ぶん、考えてきてたんだけどな…。

それでもまだ慶太に関しては「思ってたより髪が茶色かった」って印象が残ってはいるんだけど
(その印象もどーなのよ、って感じですが)
涼平くんに至っては、全く何も覚えていません。否、マジで。

も、もったいなさすぎる。。。
何やってるんだろう私。

3人すべての握手が終わった後。

私、ものすごく常軌を逸した雰囲気を醸し出して歩いていたのか、
出口に向けて「立ち止まらずにお進みください」ってファンを促しているスタッフのお兄さんに
「立ち止ま………大丈夫ですかっ?!」
と話し掛けられ。
それにてようやくフッと意識を取り戻した感じでした。
ありえねぇ;;

会場の外に出てからは、しばらく震えが止まりませんでした。
寒さとか、スッカリ忘れていた。
世界と自分が切り離されたみたいだった。

起こった事の重大性がよく分かんなくて、震えながら立つことしか出来なかった。
泣くことすら、出来ませんでした。
一人じゃ泣くことが出来ない位に、感情が張り詰めていたなんて。

少し経って母親と合流して、友達と合流して、それから泣いた。一緒に泣いた。

これまで長年w-inds.のファンをしてきたけれど、握手会なんて、想像した事がなかったんです。
期待もした事なかった。

だって「w-inds.はもう握手会なんてしない」って思ってたから。

………夢にも、みたことなかったんです。

実感なんて、全くない。

この今の私の気持ち。
言葉で表そうと思って、頭の中フル回転で探してみたけど、見つからないの。
「幸せ」とか「感動」とか「大好き」とか、似た言葉は沢山あるけど…どれも違うの。

「きゃーw-inds.カッコよかったー!最高ー!」
って感じでもないし
「触っちゃったよ〜どうしよう!?!!」
って感じでもないし
何なんだろうね、これ。

今日の握手会にて。
近くで見たって事も、カッコよかったって事も、直接触れたって事も、
全部事実ではあるんだけど、それ自体は私の中ではさして重要ではなくて。
あの時間が大切で、宝物みたいにキラキラ輝いていて。

…本当、何て言っていいのか分からない。
ごめんね意味わかんない事ばっか言ってて。

たぶん私はw-inds.を好きすぎるんだと思う。
私は一生w-inds.のファンをやめられないんだろうなぁ。

でも、握手会に参加できたのが、こんなにw-inds.を好きになってからで良かった、と思った。
もしもw-inds.ファンになりたての頃に握手会に参加したとしても
(まぁ実際参加してないから、何とも言えないですが)
こんな風な痛いくらいの気持ちにはならなかったと思うの。

すべてが薄ぼんやりとした記憶の中にあるけれど、
ひとつだけしっかりと残っている、龍一くんの笑顔。
それだけで、私はもう………。

「クリスマスを盛り上げる」
ってw-inds.は言っていたけれど、
この日の出来事が、私の今年のクリスマスの全てでした。
ホントのクリスマスは、実は私は上司と過ごすクリスマスだったしね。笑

もう他に何も望まないよ。
何にもいらない。

3人の存在に、これまでどれだけ助けられてきたことか。

これからも応援し続けてるからね。

おつかれさまでした。ありがとう。

レポート

Posted by Yuu