*旧サイトログ*2007年9月24日 『w-inds. Live Tour 2007 “Journey”』 in 日本武道館 ライブレポート

セットリスト

 OP:映像

1*THIS IS OUR SHOW
2*ブギウギ66
3*NEW PARADISE

 MC

4*Another Days
5*Top Secret
6*Crazy for You
7*Devil

 ダンスコーナー

8*Is that you

 MC

9*ハナムケ
10*メッセージ
11*TRIAL
12*遠い記憶

 MC

13*LOVE IS THE GREATEST THING
14*try your emotion

((アンコール))

15*Feel The Fate
16*キレイだ

 MC

17*Forever Memories

((アンコール))

18*四季

((アンコール))

19*Fire Flower  

 

 

ライブレポート

 

OP

会場が暗転し、ライブスタート!

暗転した時に見える、会場の雰囲気が大好きです。

w-inds.のライブって、サイリウムを使う人が多いから、
暗転すると、いろんな色の光がキラキラ光っていて、それを見ると、
「あぁw-inds.のライブだな」って思うし
「w-inds.はこんなに沢山の人に愛されてるなんて素敵だな」って思うし
単純に、キレイで感動するんだ。

幕とスクリーンに、ヒューンっていう音と同時に映像が映し出されます。
濃い青い色のバックの中に、w-inds.のマークが映し出されて、
それが脳みそに変わって、
脳みそが、また次は縁取りだけになって、中に過去のライブ映像が映し出されて。

映像自体は、ちょっと古いビデオを見ているかのような画質のモノで
バックではその映像に合わせて、w-inds.の歌(こちらも古いレコーダーを再生しているような感じの音)が流れていました。

THANKS→ageha→PRIME OF LIFE→SYSTEM OF ALIVE→1st message
という順番で流れていったので、自分の中のw-inds.の記憶を掘り下げていくみたい。

こういう作り、とても好きです。
シンプルなんだけど、余計なものがないから、すごく通ってる感じ。
シンプルだからこそ、グッとくる。

映像が終わると、スクリーンがおちて、ステージがあらわに。
2階中央に、でっかい地球儀らしき物体があってその地球儀がやがて白い球体になって、真ん中から割れたと思ったら、
その中からw-inds.が登場しました。

♪THIS IS OUR SHOW

幕がおりて、まずw-inds.の姿が「見えた」ことに感動しまくりでした。

この日の私の座席は、1階西の前の方だったんですが、
実は2ndライブの時に丁度同じような席になった事があって。
その時は、ステージの上の方が見切れてしまい、登場シーンとか全く見えなかったんだよね。
だから今回もその覚悟で、3分の1ぐらいは見えないのかな、って思って行ったんだけど
なぜかこの日は見えたの…!何でかな。
脇の方の黒幕まで落としてくれたからかもしれない。

見えると思ってなかったから、
その場にパッと登場したw-inds.の姿を目にした瞬間に、
感動しすぎて脳みそヒートしていました。

出てきた時、龍一くんがちょう踊りが凄くてビックリした。
うおっ、めちゃめちゃ元気だぁ…!
どうしたの?!って位に元気で、ああいう龍一くんを見ていると、こっちまで嬉しくなってしまいます。

もう…なんなんだろうこの子。凄い凄い凄すぎる。カッコいい。
髪を一つに結わいて、バリバリと踊る姿が、いとしすぎたよ。

何度も「大好き!」って心で叫んでました。

龍一くん、髪を少し切ったのかな…?
なんだかちょっと以前よりもサッパリした様に見えた。

そしてビックリしたのが、右手首にしているゴム。
いつも龍一くんって右手首に、黒いゴムを着けてるんですが、
この日は何にもしてなかったのー><
なんでだろう。なんかあったの?心境の変化ですか?

♪ブギウギ66

1番で涼ちゃん側の、2番で龍ちゃん側の横の花道に、w-inds.3人一緒に来て、
そこでしばらく踊りながら歌ってくれました♪

龍一くんったら、会場の隅の方まで見渡してくれて、その時の顔がとても印象的でした。
じっくり見るんじゃなくて、流す様に目線をフッとやりながら眺めていたんだけど、
満面の笑みという顔ではないんだけど、「あぁ…嬉しいのかな」って見ていて分かる様な顔で…!
ちょっと口の端だけで笑っていて…もうヤバい。好き。

他にも、間奏部分では、
道産子それぞれがダンサーさんと組んでのダンスをしたり、
道産子が2人して同時にバク転をしてくれたり、
すごい可愛かったですーvvv

あと、座席の関係で、今回は大サビで慶太くん除く3人が横になっている所が見えたのですが
その時の龍一くんが、可愛かった。

真っ直ぐ上を向いて横たわっているんじゃなくて、若干涼平くんの方を向いて横になってたんだよね。
それで涼平くんに目配せしたりとかしてたんだけど、
全然涼平くんがそれに気付いていなかったのが、さらに可愛かったです。

♪NEW PARADISE

基本は昔のダンスそのままで、若干アレンジがなされていました。

サビの部分では、
涼平くんが涼ちゃん側の花道に、
龍一くんが龍ちゃん側の花道に、
それぞれ来て踊ってくれました。

私のいた座席の方には涼平くんが来てくれたんだけど
すごい長い時間いてくれて…嬉しかったです。

しかもサビの部分の涼平くんの踊り、私好きなんだよね(*´Д`)

涼平くんって、なんて人を惹き付ける様な踊りをするんだろう。
ダンサーさんと一緒に目配せしあいながら、笑顔のままでありながら、
すごく可愛いのに、踊りはカッコよくて手の動かし方とか色っぽくて、
上手く表現出来ないんだけど、とにかく素敵で胸がときめきました。

ところで、この日初めて気付いたんだけど、
道産子がラップしてる時?に、慶太くんって踊ってるんだねー。
私、いつも龍一くんばっか見てしまっているので(…)
慶太くんって後ろの方でワーワー動いてるだけだと思ってたよ。

どんな踊りかは詳しくは覚えていないのですが
何慶太くんここで踊ってるの?!カッコいい!
って思ったことだけは、とてもよく覚えています。
カッコよかったなぁ。。。

MC

いつものように自己紹介。
まずは龍一くんの挨拶だったのですが、
今日は日本武道館でオーラスだよ!
というようなことを言ってました。

その後になぜか

龍「エヴァン・ゲーリオン!」

と、以前もよくやっていた、手を挙げながらの掛け声。
会場、若干引きぎみ。笑

涼「またエヴァンゲリオン?」

龍「あれ?なんか間違えちゃった…?」(←この言い方可愛かった!)

涼「…うん、まぁ良いよ。今日は」

っていうやりとりが面白かったです。
涼平くん、今日はなんだか心が広いです!笑

そして涼平くんの挨拶、慶太くんの挨拶に続きました。

涼「今日は再追加公演、ありがとうございます。
  今年、日本武道館3回目で、3回やるのは久しぶりだよね!
  こんなに大きい所で3回も出来るなんて
  夢にも………思ってた!」

龍「思ったって、お前欲張りな奴だなぁ〜」

ってのが、可愛過ぎた。
涼ちゃんー!!!

他には、DVD撮影の日だということで、そのことについても言ってたよ。
皆が映っちゃうかもよ?!みたいな話になって

龍「皆、オシャレしてきた〜?
  これからレッスンです、みたいなユルい格好でもいいけど、映っちゃうよ。
  この中に許可のいる人はいる?」

って聞いてました。
そしたら結構な人数が手を挙げてて…皆、ノリが良いな〜笑

涼「許可は事務所を通してください。」(←若干笑いながら)

って言ってたのが、面白かったです。

♪Another Days

こちらの曲も、基本は昔のダンスそのままで、若干アレンジされていました。

ありえない位に聴き入ったし見入った…

武道館って音響が悪いから、音なんて割れまくってるハズなのに、
それでも「声」が響いてて、包まれてたような気がしたの。

この曲は、私が大好きな曲のうちの1つだということもあり、
最初から最後までこの曲はマジいつも全部がヤバいんですが
3人で円になって踊る所なんて、感情が最高潮に盛り上がる。

やっぱり3人が大好きだよ。
w-inds.が大好きだよ。
この3人じゃなきゃ有り得ない、って実感する。

♪Top Secret

2階後方のライトが、縦に何本も電球がセットされているうようになってるんですけど
それがまるで花火が上がるみたいに、上から下へ、下から上へ、
パチパチと音をたてながら点いたり消えたり。

それが退廃的な雰囲気の音楽をバックに行われているから
もうカッコいいなんてモンじゃない。
ていうかこの音楽、何気に好きだ。笑

そしてそのバックの音楽の曲調が変わると同時に、電気がパッと消えたかた思うと瞬時にステージ全面が、
おそらくニューヨークをイメージしたのかな?
と思われるような、夜景のライティングに包まれました。

これヤバい。カッコよすぎる。
雰囲気が最高で、ちょう素敵です。
その中から手を腰の前で組み、身体を揺らしながら龍一くんが登場するんだから
ウワーッ!!!!! ってならない訳がない。

しかもこの踊りがまた最高に好きなんだよね。
色っぽいにも程がある。特に龍一くん。
全体的に舐め回す様に手を身体に這わせるみたいに踊ってるとか、スゴい…。
胸に手を当てて、クイックイッと鼓動?のような動きが大好きです。

あと、何となくなんだけど

♪落ちてゆきましょう

の所で、手を上から下に下ろしていったりとか

♪愛が溢れ出て 加速を始める

の所で、道産子2人で手でハートを作って、それを弾けさせるように動かしている所とか
なんだか緊迫感があって素敵で好きです…。

始終ドキドキしっぱなしだったよ><*

♪Crazy for You

『Top Secret』から続けてメドレーのようにこの曲に入るのですが
その時の、つなぎ方が音含めて絶妙でとても良い!

この曲は見所があり過ぎて、何を書いていいのか分からない程。
とにかく全身で、手先までもを雰囲気たっぷりに動かしていて、腰も使いまくってて、
本当に本当に色っぽすぎて…大好きです。

♪Devil

前の『Crazy for You』からこの曲への移りとして、
道産子が寝転がりに入るんですが、その寝転がり方が好きです。
もう…すごくムードたっぷりに寝転がるの!(意味不明)
ガツンと転がるんじゃなくて、滑る様に全身を床へと近づけていって。
それが…ヤバい。ちょう好きです(*´Д`)

他にもこの曲は、道産子の絡みがめちゃめちゃ可愛い〜。

♪恋愛の予防線

の所で道産子が背中合わせになる振り、
お友達の話だとスクリーンに映ってなかったみたいなのですが
DVDには絶対に入れて下さいね!!!!(懇願)

道産子が最後にハケる時、この日は龍一くんが先にハケていきました。
これでも十分にカッコいいけど、
龍一くんが後にハケていく時の、その涼平くんを隠すように去っていく行き方が好きだったのに。
DVDはこっちなのか…(淋)

ダンスコーナー

慶太くん→龍一くん→涼平くん
の順でソロダンスがあり、最後にダンサーさんと龍一くんが組むダンスでフィニッシュ!

慶太くんのダンスは、筋肉自慢みたいなダンスで、でもそれがカッコよくて好きです!

この日はタンクトップは脱がず。
まぁ、DVD撮りの日だから予想してたけど…笑
でも武道館2日間&大阪では脱いでいたので、ちょっとだけあっけなく思えました。…

力コブを自慢して、次の龍一くんのダンスへ。

龍一くんのダンスも、なんだかちょっと抑えめかな?って思った。
どこか怪我でもしてしまったのかなぁ…と心配だったのですが
次の曲では普通に元気だったし、そうではなかったのでしょう。

今年の龍一くんのダンス、すごく好きだなぁv
スピート感があって、めちゃめちゃカッコいい!!!

涼平くんのダンスは、この日は座席の関係で見えませんでした…凹

♪Is that you

最初の方は、慶太くんのみが登場
→途中から、道産子も登場しての披露 という感じでした。

龍一くんは
椅子を使ってのダンス→マイクと絡んでのダンス
で、本当どっちもカッコよくてたまらない!

色っぽいんだけど、だけど気怠い。みたいな。
そんな雰囲気のダンスで、見ているとグングン引き込まれていきます。
CDで聴いてる時も好きだったけど、ライブで聴いてもっと好きになった曲v

スタンドマイクをローテーションで3人とも使うんだけど
その使い方が、3者3様で、とても面白いと思います^^
手を這わせてたり、背中合わせに絡んでたり…くぅーっ、痺れる!!

MC

涼「日本での公演は今日で終わりです。
  …え、日本での公演?そうなんです!(←オーバーリアクション気味に)
  w-inds.、台湾へ行って来ます!」

と、涼平くんが一人芝居っぽく言っていて、それがすごく可愛かったです。
その後に、出てきた龍一くんに台湾に行く日付を確認してる所も、
妙に涼平くんっぽくて、可愛かった!

涼「日本人って、やっぱかっけーな!って思われるようなライブをしたいので
  日本から応援していてください!」

って言ってました。
ウンウン、いつまででも応援してるよー!(`・ω・´)

んで、何の話の流れだかは忘れてしまったのですが(…)
慶太くんが道産子のテンションについていけていない、というお話に。

慶「でも僕最近はついていかない方がいいんじゃないかと思いました。」

涼「あぁ、そうなの?
  ボケ(←龍一くんを指しながら)ボケ(←自分を指しながら)ツッコミ(←慶太を指しながら)、みたいな?」

慶「否、ツッコミもしませんよ」

涼「しないの?ドSだなぁ!」

龍「放置プレイかよっ」

何それー! 意味不明で可愛いすぎるし!!!

龍「まぁでもあれですよ。
  w-inds.は1人ずつだとアレだけど、3人集まると凄いですよね」

慶「え、それドコ情報ですか?」

龍「巷です」

慶「え?」

龍「ちまた!」

涼「え、千葉の股?」

と言い、片足をあげ、股間を強調する涼平くん。
ブッ………!りょ、りょうちゃん………!!!!

龍一くん、悪ノリしちゃって、涼平くんの股間に耳を近付けてるし…!ぎゃああぁああ!
しかもその後、

龍「慶太くんの股は何て言ってるかなー?」

なんて言いながら、慶太くんの股間に耳をつけちゃって…!
ちょ、何やってるの龍一くん!Σ(゜Д゜;)

案の定、普通の体勢に戻った途端に、慶太くんにペチンとオデコを叩かれてました。
なんか変な方向にMCが進んでいったなぁー…。あーあ。
でも可愛いから許す!笑

そして、面白い話が出来ないから次に行こうか、ということになって。

龍「次のMCまでには面白いネタ考えとくから!」

慶「否、曲の間は曲に集中して欲しいんだけど」(←ごもっとも・笑)

龍「考えて、次は一番面白いMCをするよ!」

涼「ハードル上げたねぇ」

などという会話を交わしつつ、次の曲へ。

♪ハナムケ

最初、道産子がすれ違う時にタッチをする振りがあるんだけど
このタッチ、毎公演やってくれた上に、いつもタッチした後に握り返す、みたいな
ダブルタッチをやってくれて、それが可愛くて凄く好きですv

♪メッセージ

真っ赤なソファに、3人が座いながら歌ってくれました。
この時、隣にランプが灯ってて、凄く良い雰囲気。

私は気付かなかったんだけど、8月の武道館公演から、
ソファの横に机が出てて、上にワイン?みたいな赤い飲み物が乗っかってたらしいです。
この日に、ようやく私も確認したよ。

力強く歌う慶太の声と、
その横でコーラスをする道産子が素敵で…
歌っていない時も真剣な表情をしている龍一くん。
そんな時の龍一くんの眼差しが、大好きです。

♪TRIAL

なんかこの曲を聴くと安心するよね。
3人して、とっても笑顔で踊ってるから、すごい見ていて ほわーん* となる。

龍一くんはノリにノッていたのか、
最後の方で3人それぞれがソロでダンスをする所で、スピンターンを披露!!!

ぎゃー!!!!!
ビックリしたけど、ちょうカッコいいよ!

しかしそのせいで、慶太くんに手を叩きに行くのに間に合わず…笑
だけどそんな所も可愛かったです。

♪遠い記憶

とにかく可愛かったです。
ダンサーさんと張り合うみたいに踊る龍一くんも
縦1列になる時に、涼平くんに「いぃー」ってする龍一くんも。

この曲のダンス、本当に好きだなぁ。
なんだか波みたいで、曲にとっても合っていて。

そしてこの曲を歌う慶太くんも大好きです。
他の曲でもそうだけど、この曲だと特に、存在感があるように感じられて
めちゃめちゃカッコいい…!

MC

前のMCで、次のMCまでに面白いネタを考えておく!と宣言した龍一くん。
さっそく、その事について慶太くんにつっこまれてました。

慶「さっき言ってたよね?」

龍「え、聞いてない!」

慶「僕は聞きましたよ」

龍「聞いてない!………何故なら、言ったから。」

ちょ、龍一くんかわいすぎーvvv
なんかこの言い訳の仕方が、そこらの小学生みたいでマジ可愛いです*(めろめろ)

慶「歌の間、考えてたの?」

龍「否、TRIALではもう曲でいっぱいいっぱいでした。靴紐のこととか。
  メッセージも………ハナムケまでは考えてた!」

って、ハナムケでは考えてたのかYO!笑

慶「面白いMCは?」

龍「…………ごめん、靴紐直してきて良い?」

と言い、水飲み場の方に靴紐を直しに行く龍一くん。
靴紐を直している間も、ばっちりスポットライトに照らされていたのが、面白かったです。

しかもほどけた方の靴紐結んだ後に、反対の靴紐(ほどけてない)を結んだりさぁ。
髪の毛を唾つけてならしたり、襟元を直したり、しまいには服をズボンの中にインしちゃったり。
もう可愛いったらありゃしない!

その間中、慶太くんと涼平くんに実況中継みたいにされていて、面白かったです。

しかしネタもつき、前に出てきた龍一くん。

龍「ごめん、もう無理。これ以上面白いこと言うの無理だから
  あとは慶太が脱ぐしかない!」

こう龍一くんが言った瞬間の、ファンの悲鳴がスゴかったなぁ…(’’*)

しかし脱ぐ気配のない慶太くん。
そんな慶太くんを見て、龍一くんったら

龍「じゃあ今度は皆が脱ぐしかないね!」

これ、言った瞬間に慶太くんにペチンと叩かれてるのが、可愛かったし面白かったです。笑

慶「龍一くん、オヤジっぽいよ…(←呆れ気味)」

龍「うん、よく言われる。親父に似てきた、って。」

慶「そういう意味じゃないって」

龍「言われるの!!!
  で、親父を見てると、『あぁー…エロオヤジ…』って。」

へぇー…龍ちゃんパパってエロオヤジなんだぁ、と妙に納得してると(…?!)、
我に返った龍一くんが、慌てて弁解。

龍「ごめん、親父!
  産んでくれてありがとう!………産んでないけど」

ってのが、面白かったです。
確かに産んでない!笑

龍「面白い話は、来年します」

涼「そういうこと言ってあなた、明日には忘れるでしょ」

龍「…………。」

涼「名古屋だっけ?どっかの公演でも言ってたよね。
  『絶対来年は面白いこと言うからぁ、また来てぇ』(←しゃくれた言い方)
  みたいな。」

慶「え、今の言い方は真似ですか?
  完璧バカにしてたよね?」

うん、涼平くんの言い方が、完璧バカにした言い方でウケた。

でも何故か嬉しそうな龍一くん。
さすが自称他称もMな龍一くんっ!笑

龍「今ディスったろ〜」

涼「おう、ディスった!」

慶「ディスるって分かる?」

と、練馬なんとかのリンカーン?の話に。
これってお笑いのネタなんですか?
ごめんなさい、元ネタ全く分からないので、ここら辺のMC意味分かんなかったです;;

リンカーンつながりで、涼平くんが自身のブログでも言ってたけど、
w-inds.のダブルピースは、指をひとつなくしたら、「N」になる、とかの話も。

龍「ダブルピース、真似したのかな?」

慶「否、向こうの方が前じゃないかな」

って会話が、可愛かったです。

他にも、Worksの告知もココでしてました。

龍「w-inds.が遠いな、と感じる方は、テレビに近付いて見て下さい」

って言ってて、おい!って思ったり。笑

♪LOVE IS THE GREATEST THING

この曲のイントロのところで、皆で拍手するのが恒例となりつつあるのですが
その拍手が凄い揃ってて、なんか感動しました。

スカーフ繋ぎは成功してたよ!

何だかこのスカーフ繋ぎの時の龍一くんのリアクションが、
いつもに増してオーバーリアクションで、とっても可愛かったです。

龍一くん、頭の上からタオルをかけて、まるで工事現場のオジサンみたいな格好で
グルグルと慶太くんの周りを回ってるんだもん…!
もうっ、ちょう可愛いー(≧▽≦)

♪IT’S IN THE STARS

この曲、好きーv

LOVE IS THE GREATEST THINGからこの曲へ入ると、
もう会場中が、盛り上がるゼー!って雰囲気になるから、楽しくて仕方ないです。

いっぱい踊ったよ(≧▽≦)
皆で「IT’S IN THE STARS」の手フリは、いつやっても楽しいね♪

♪try your emotion

大分アレンジの加わったこの曲。
すごくこのアレンジ、好きです。

最初の方で2人のダンサーさんのソロダンス&紹介あり。
このソロダンスして紹介されるダンサーさん、お友達によると公演毎に違うんだって。
へぇ。知らなかった。

ちなみにこの日は、アチさんとD-LOWさんでした。

メンバーが、私がいた西の方に来て、マイクを向けてくれたのが嬉しかったなぁ♪
もう、声を張り上げて歌ったさ!
この皆で歌うのも、楽しくて大好きーv

曲が終わると、「ありがとうございました!」と言い、w-inds.はステージ上からハケていきました。

これにて、ライブ本編は終了です。

((アンコール))

「アンコール!」のコールが、凄い揃ってたのが嬉しかったです^^

コールをしばらくしていると、スロットがスクリーンに表示され。
このスロットで、w-inds.マークが3つ揃うとw-inds.が登場!という感じ。

大阪までは、最後の一個前に龍一くんのイラストが表示されたのですが、
この日は慶太くんのイラストと涼平くんのイラストも出てきたよ♪
このイラスト、ちょう可愛かった!
って言っても、席の関係で、半分切れてる様な状態でしか見えなかったので、DVDで見るのが楽しみです。

ていうかさ、どうせ3人のイラストを作ったなら、
3人のイラストが揃ってw-inds.登場、でも良かったのに!
と、思いました。

♪Feel The Fate

龍一くん→水色
慶太くん→白色
涼平くん→赤色
の、ライブTシャツを着て登場。
これまでにない組み合わせ!(゜∀゜)

特に涼平くんは、9月1日の武道館と大阪では、黄色のTシャツを着てたから、すごいビックリしたー!
でもこの日は涼平ファンの母親が赤Tシャツを着ての参戦だったので、
涼平くんが赤Tシャツで登場してくれて、私も何だか嬉しかったです♪

龍一くんは、1番からしばらくは、2階の方に座りながら歌ってました。
そして1番の一部分を龍一くん、2番の一部分を涼平くんがソロで歌ってくれていました。

うぅぅぅ………ッ!嬉しいー!!!

今日って、DVD撮りの日だよね?!
って事は、DVDに道産子のソロが入るんだよね?!

うわーん、嬉しすぎるよー(感涙)

この曲でのメンバー、3人ともニコニコすごい笑顔で、
とっても可愛かったし、そんなw-inds.を見ていて、幸せ気分満開でした。
こんな3人の笑顔に出会えて、本当に幸せ…。

一番最後、3人で腕を使って1つの「W」マークを作ってくれました。
この日は、ちゃんとした「W」マークだったよ…笑
(大阪公演では、「N」マークになっちゃってました;;)

もうっ、こうやって3人でこのマークを作っている姿が、いとしすぎて。
とにかくw-inds.が大好きだ!って気持ちでいっぱいでした。

♪キレイだ

曲の途中で、

慶「DVD撮影だけどっ!」

w-inds.「そんなの関係ねぇ!!!」

うあぁーーーー小島よしお、やっちゃったぁー!!驚

歌の一部の歌詞を「そんなの関係ないっ!」に変えて、
そこに小島よしおを入れ込んでました。
(バッチリあの振り付けつき。)

この日はDVD撮影だったので、絶対にやらないと思ってたから、本当に驚いたよ。
ていうか、大丈夫なの?(…)

MC

小島よしおを『キレイだ』でやってしまったことについて。笑

慶「後で僕らめちゃめちゃ怒られると思います………」

って言ってたのが、何だか微笑ましかったです。
しかしその後

慶「でも?!」

龍・慶「そんなの関係ねぇ!!!」

…………けいたぁ…笑”

その後、今日のライブの話になって、龍一くんが

龍「今日は集まってくれた皆と楽しめるね…」

慶「でも?!」(←龍一くんにマイクを差し出しながら)

龍「関係………あるよ!!!」

慶「そうだね、あるある。」

龍「これで『関係ない』って言ったら、俺すごい嫌な奴じゃん」

って言ってたのが、何だか面白かったです。
龍ちゃん………(*´Д`)

♪Forever Memories

やっぱりこの曲をここでやるのはヤバい。
しかもオーラス。

次にこの曲をフルで聴けるのって、いつになるんだろうね。

わざとなのかなぁ?
昔みたいに必死な雰囲気で踊る龍一くんが、好きで好きでたまらなかったです。

私はそんなに古いファンではないので、昔のことは分からないですが、
でも私がファンになった頃よりも、w-inds.は確実に成長していて、
そんなことを、この曲を聴いているとジワジワと感じると同時に、
w-inds.への愛しさがどんどん募っていきました。

((アンコール))

ファンから『もう1回!』コールがあがり、
それに対して、龍一くんが「本当〜?!」って聞き返して。
その後、3人で円になって、w-inds.会議。

あれ?いつもならココでダンサーさんも出てきて、タオルを持ち出して、
そんでもってFire Flowerだぜー!
って感じなのに………どうしたんだろう。

と思ってたら、流れてきた音楽は…

♪四季

暗転してこの曲のイントロが流れた瞬間、とにかく感動しまくりました。

胸にグワァーっときたよ。
しかもこの曲、私が大好きな曲のうちの1つだもん。
歌ってくれただけでも、嬉しかった。

まさかこの曲を歌ってくれるなんて思ってなかったし…!!!(ガクガク)
絶対にFire Flowerがくるもんだと、信じて疑ってなかったからさぁ。

ダンスはナシで、ステージの真ん中に立って歌ってくれました。
あとちょっと曲アレンジもされてた!

ダンスがないバラードで、龍一くんが曲に合わせて動くことは多いけど
この日は涼平くんも歌詞に合わせて動いていたから、ビックリしました。
珍しいなぁ。

龍一くんは、普段コーラスで歌わないサビの所とかも歌ってて。
もう…ね…。

ダンスがなかったのは、「歌」を聴かせてくれようとしてたのかな?
って、思いました。
この曲でダンスがないのって、本当に珍しいし…。
だったら嬉しいな。

大好きです。

しかもこの曲、歌詞もヤバいよね。
Forever Memoriesで解れていった涙腺が、ここで一気に緩んだ感じ。
本当、大好きで大好きで、たまらないよ。
ありがとう。

((アンコール))

再び、ファンから『もう1回!』のコールがあり、
ダンサーさんがわらわらとタオルを持って舞台袖から登場。

♪Fire Flower

龍「もう1回って言ったからには、盛り上がってよー!」

っていう龍ちゃんの言葉で、この曲に。

盛り上がらない訳ないじゃんッ!
とでも皆が言っているかのように、しんみりとしていた会場が、一気にパーティーモード。
楽しいぃ!

メンバーも、いつもよりも沢山のタオルを投げていて、凄かったです。

涼平くんも、途中でぐるぐる回り出しちゃうし!(片手で倒立してた!)
カッコいい〜〜〜(≧▽≦)

龍一くんも、ギター演奏してくれたよ!わぁい♪
でも最後にギターをブッ壊しちゃってたからビックリしました。

ちょ…ど、どうしたの…!?!!

そんなに楽しくてノッてくれてたのかな。
あのギターって前も見たことある気がするけど、壊す用のギターだったのかぁ。。。

でも最後に会場に壊れたギターの一部を投げちゃってたのは…危険な気が…。
次に投げるなら、ピックあたりにしといて下さい。

最後のご挨拶

ダンサーさん、バンドさん、w-inds.、皆で1列に並んで
マイクなしの「ありがとうございました!」

そしてお疲れー!と言い合ってたのかな?
バラけて皆して笑い合ってる姿が、とても印象的でした。

んでね、このバラけた時の、龍ちゃんがちょう可愛過ぎたの!!!!!

アチさんに抱きついてさ、まるでコアラみたいなポーズしてて、
それですっごいニコニコしてて………あぁぁぁああー可愛いーーー(*ノдノ)
これもDVDに入れて欲しいなぁ。

そしてダンサーさん・バンドさんが去り、
ステージ上はw-inds.のメンバー3人だけに。

最後の、ご挨拶です。

最初のMCでも言っていたけれど
『こんなに大きい所で3回も出来るなんて』
って、涼平くんが噛み締めるように言っていて…。
日本武道館なんて、DA PUMPさんのDVDで見てたのにね、ってしみじみと言うから、すごくジーンときました。

涼「また来年もいいもの創ってくるんで、また来てください」

慶「来年は、もっと練習して、勉強して、格好よくなってきます」

龍「全ての人に感謝します」

って…いつもいつも思うけど、感謝するのはこっちだってー!
本当に、本当に、ありがとう。

龍「親父、育ててくれてありがとう!」

って言ったたのが、めちゃめちゃ可愛かったよ。

やっぱり舞台袖の、客席から見えるギリギリの位置までも、
丁寧にお辞儀をしながら、去っていく姿に、
毎公演のことながら、この日は特にじーーーん、としてしまいました。

w-inds.が好き…。

そして、ハケた後。
w-inds.が、ステージ上にはいなくなってから。

w-inds.が裏の通路を通っていく所が、
私は、この日は座席の関係で見えたのですが、
キャーキャーと言っているファンに向かって、嫌そうな顔してるんじゃなくてね、
上を向き直して、手まで笑って振ってくれたから…
笑顔なw-inds.だったから………、すごく心があったかくなりました。

私が好きなのは、こういう人たちなんだよね…
好きになって本当に良かったな、って思わずにはいられませんでした。

*:・゜*:・゜*:・゜*:・゜*:・゜*:・゜*:・゜*:・゜*:・゜*:・゜*:・゜*:・゜*:・゜*:・゜*:・゜*:・゜*:・゜*:・゜*:・゜*:・゜*:・゜*:・゜*:・゜*:・゜

こうして、今年のライブツアーは終わりました。

今年のライブは本当に素敵なライブだったなぁ、と思います。

去年、ライブに参戦した時。
あまりにも良いライブで「これを越えるライブがあるのかな」って思いました。

でも今年…更にカッコよくなってて、
本当にw-inds.って凄いな、ってもう何度目か分からないけど、惚れ直した。

『カッコよくなって帰ってくるから』

1年前の約束を、見事に果たしてくれた彼ら。

勿論私は去年のライブも大好きだけど…
今年は今年で、同じくらいかそれ以上に、大好きです。

今年のライブは、例年に比べると凄くシンプルな構成だったと思います。

映像などが少ない代わりに、ライティングが凝っていたりなどして、
そのため「w-inds.のライブパフォーマンス」を純粋に楽しめたなぁ、という印象。

こんなにも、カッコいいw-inds.。

そんでもって、毎公演、丁寧に最後の挨拶をしてくれるw-inds.。

ああいう挨拶って、案外人柄があらわれるものだと私は思うのですが、
いつでもその時に感じたそのままの言葉で伝えてくれて、
本当にライブという場を大切に思ってくれているんだな、と感じて、
ライブに行く度に嬉しくなったものです。

w-inds.は何公演もライブをこなしていて、沢山ある公演のうちの一つなのかもしれないけど、
私たちファンにとっては、たった一つのかけがえのない公演なんです。
w-inds.は、そういうことも分かってくれているのかな、って思ったし、
もしかしたらw-inds.にとってもそうなのかな…。

…って、こうやって過去形でライブを語るのは、淋しくて嫌だね。

でもやっぱり私には、まだ「ライブツアーが終わった」という実感がありません。
淋しいけど…淋しいんだけど………なんだかまだ続いていそう。

だって、w-inds.にはまた会うことが出来ると思う。

来年のことなんて、どうなっているかなんて分かる訳もないのに
そんな妙な自信があるんだよね。

それは、w-inds.が「また来年も」とハッキリと言い残してくれたことや、
w-inds.としての今後の活動がハッキリしていることが関係しているのかもしれません。

それとももしかしたら今はそんなに淋しくなくても、
長く夏でない季節を過ごすうちに、実感していくのかもしれません。

どちらにしろ
今年の夏もw-inds.のおかげで良い夏だった。
そう言い切ることが出来るような夏であったことは確かだと思います。

やっぱりw-inds.が大好き。
w-inds.のライブが大好き。

何度も言い過ぎているから、安っぽく聞こえてしまうかもしれないけど。本当に。

こんなにも素敵なグループに出会うことが出来た。
そのことが幸せだなぁ、と実感せずにはいられません。

きっとまだ長いだろう私の人生、
後にも先にも、こんなにも夢中になれるグループは、
「w-inds.」
たったひとつの存在なんだと思います。

今年も笑顔なw-inds.に会えて、嬉しかったです。

『また来年も』

うん、会いにいくから!

他の部分がどんなに変わってしまっても構わないから、
だから、w-inds.はw-inds.のままで。
来年も変わらない笑顔を見せてね。

それでは、長々とレポート(というか語り?)を書いてしまいましたが
最後に、w-inds.と、彼らを取り巻く沢山のスタッフさん達へ。感謝の意を。

w-inds. Live Tour 2007 “Journey”

お疲れさまでした!!!
ありがとうございました!!!