*旧サイトログ*2007年7月7日 『w-inds. Live Tour 2007 “Journey”』 in 松戸・森のホール21 ライブレポート

セットリスト

  OP:映像

1*THIS IS OUR SHOW
2*ブギウギ66
3*NEW PARADISE

 MC

4*Another Days
5*Top Secret
6*Crazy for You
7*Devil

 ダンスコーナー

8*Milky Way
9*ハナムケ

 MC

10*メッセージ
11*TRIAL
12*遠い記憶
 MC

13*LOVE IS THE GREATEST THING
14*try your emotion

 MC

15*Forever Memories

((アンコール))

16*Feel The Fate

 MC

17*Fire Flower
18*キレイだ

 

 

ライブレポート

 

初日ということでか、興奮しすぎたために、間違ってる所が多々あります。
(他の日のライブに参戦して判明)
そのため、「ダンスやステージセットについて正しく知りたい!」
という方は、川口1日目のレポートをご覧下さると良いかも…と思います。

それでもまだ間違ってる所があったら、ごめんね。
他サイト様と違う所があった場合は、どうかそちらを信用して下さいませ。笑
ガンガン見ているつもりでも、なにせ興奮して記憶が飛びまくりだからね。。。

こちらのレポートも、事実とは違うことが大量にあるかもしれませんが
やはり初日の興奮は貴重だと思うので
私のメモリー(何)として残しておきますね。
それでは、以下よりどうぞ☆

いよいよやってきた、今年のツアー初日。
開場時間は、初日ということでモタついたのか、約30分押しでした。

開場したての頃はめちゃめちゃ混んでいたので、しばらく様子を見てから中に入る私たち。

入る時に、いつも通りチラシなどを貰ったのですが、ブルボンの袋は貰えませんでした。
(※ブルボン協賛ではないので。)

中にも、今までのCMなどが流れているブルボンブースはありませんでした(´・ω・`)
2ndツアーから参戦し始めた私にとっては、毎年の恒例っぽくなっていたので、ちょっと寂しかったです。
でもブルボンからのお花は届いてた!☆

お花などを眺めたりしたら、いよいよ自分の席へ!

会場の中に入ると、will be there〜恋心 が流れていてビックリした!
な、なつかしいーーー!!!

いつもライブの前は海外アーティストさんの曲が流れてるのに、今年はw-inds.なんだ?!

と思っていたら、その曲を最後に、あとはずっと海外タレントさんの曲でした。
あ、あれれれ………?笑

ドキドキするね!楽しみだね!
などと話をしていたら、あっという間に開演時間となりました。

今年の夏の始まりです。

OP

会場が暗転し、いよいよライブスタート!
ファンの、「キャー!!!」という黄色い歓声が、すごい懐かしかったなぁ。。。

このもうすぐ始まるという瞬間の、皆がw-inds.だけを想い、待ち望んでいるという空気が好き。
勿論あとちょっとでw-inds.に会えるのかと、ドキドキな気持ちでいっぱいだし…

およそ1年ぶりの、この感覚。
今年もこの季節がまたやってきたんだね。
幾度季節が巡っても、いつまでもここに身を置いていたいな。

まず、幕に紺色のバックの中に、w-inds.のマーク(「○+|+w」のマークです)が映し出され
それが脳みそになりました。

脳みそが、ちょう・立体的で、3D風! 妙にリアル!
ていうか授業を思い出して、ちょっとイヤだった〜笑

その脳みそが、次は縁取りだけになったかと思ったら、中に過去のライブ映像が映し出されました。

映像自体はちょっと古いビデオを見ているような画質でのモノで
バックではその映像に合わせてw-inds.の歌(こちらも古いレコーダーを再生しているような感じの音)が流れてました。

THANKS→ageha→PRIME OF LIFE→SYSTEM OF ALIVE→1st message
という順番で流れていったので、自分の中のw-inds.の記憶を掘り下げていくみたいだと思いました。

シンプルなんだけど、余計なものがないから、すごく通ってくる感じで、こういうの好きだなぁー。

ちなみに映像は、今回のライブでは、これが最初で最後でした。

去年や一昨年の映像の量から考えると、ちょっと意外だったけど、その分、
ずっと途切れることなくw-inds.のパフォーマンスを見ることが出来た!
という感覚が残ったので、とても良かったです。

映像が終わると、スクリーンが落ちて、ステージがあらわに。

ステージ上には
【This is our Show】
と書かれた電飾(?)が、ステージ向かって左寄りの位置にありました。

ぬおぉぉぉぉおおおおおお!!!!!!!!!!(大☆興奮!)

1コの白い丸い膨らんだ布(?)みたいなものから、w-inds.の3人が登場して、ライブがスタートしました。

♪THIS IS OUR SHOW

それまでは全然別の幻想的な雰囲気の音楽が流れていたんだけど
ジャジャジャジャン…ッ!
っていうあのイントロが流れて、もうテンションちょう上昇!

「うぎゃー!きたー!」
って気持ちと、
「やっぱりコレからかぁー!」
って気持ちと。

この曲から始まるのかな、ってなんとなく思ってたけど、実際に始まると
やっぱりこの曲からって、楽しくて仕方なかったです。

まさにライブの曲!だし、気持ちとぴったり合ってるし
「これからライブが始まるんだ」という実感が、むくむくと沸いてくる!

ラップもカッコよすぎました!
ダンスも面白かったです。

♪さあ、皆で盛り上げて、会場をBreak!!

のところで、皆を手でぐるりと指し広げるみたいなフリをしたり

♪積み上げたもの

のところで、本当に何かを積むようなフリをしたりとか
全体的に、わりと歌詞と連動しているダンスだったように思えます。

衣装は赤が基調となったもの。
長いスーツみたいなもので、3人とも黒いハットを被ってました。
龍一くんは、1コに髪を縛ってて可愛かった!

ステージは、結構普通な感じ。
っていうと語弊があるかもだけど(汗)、シンプルでした。
上下2段に分かれていて、上と下は階段&棒で上り下りが出来るようになってた!

♪ブギウギ66

赤い上着をバッと脱ぐと、黒いスーツに。(ベストっぽいものを着てた!)

帽子は、曲の途中で投げ捨ててました。
私は客席に投げている様に見えていたんだけど
お友達のお話によると、どうやらステージ脇に投げていた模様。

そ、そうだよね。
もしも客席に投げていたんだったら、今後の公演ではどうするつもりなんだよ、っていう話で…汗

2曲目からこの曲だなんて、盛り上がる盛り上がる!

始まった直後の1人で踊るところでも
龍一くんがダンサーさんと向かい合わせになって踊ったりしてて、可愛かったよ!

曲が、ちょっと面白くアレンジされてました。
1番と2番の間、2番と大サビの間の2回、ソロダンスコナーが設けられてた。

でも私が興奮してて見逃したのかもしれないけど(…)
龍一くんのソロダンスって、あったっけ…?疑
紅白の時みたいに、胴上げされて一回転してたけど、あれがそうだったのかなぁ。

道産子2人で一緒にするダンスもあって、ダンサーさんと組んでやってたんだけど
足をダンサーさんに持ち上げられて固められ、手を地面に付けてピッってなってて(わかりづらい…)
すごかったです。

♪NEW PARADISE

うぎゃーーーーーーー嬉しすぎるーーーーーーー!!!!涙

イントロ聴いた瞬間に泣きそうになってました。
それくらいに個人的に思い入れの強い曲なんだよ…

しかもほとんど昔のダンスのまんまやってくれたし…
(ちょっとアレンジはされてたけど、基本は昔のまんま!)

手を掬いあげるフリとかさ、ホント特に好きなところは、ちゃんとやってくれたのも嬉しかった。
がっつり魅せてくれた、という感じです。

やっぱりとても良い曲だな。。。
キラキラーっと弾けていくみたいに
音と瞬間が散っていくのが愛しくて仕方なかったです。

MC

3曲でMCって、今年はMCがはやいんだなーと思いつつ。

龍一くんの

龍「アツいね〜」

という1言で、今年初のライブのMCは始まりました。
背中を丸めて、汗をぬぐうフリをしてて、可愛かったですvvv

あと、
「暑い」の後に「HOT」
「夏っぽい」の後に「SUMMER」
「素晴らしい」の後に「BEAUTIFUL」
と、やたらと同じことを英語で繰り返し言っていたのも可愛かった!

自己紹介は、龍一くんがふざけて広東語で挨拶してました。

…何言ってるんだか分かんなかったけどね☆(…)
でも面白かった。

特に

龍「香港からやってきました。日本に来れて嬉しいです」

龍「日本のファンは温かいね」

(↑いずれもエセ外人訛り風な口調)

って言ってたのが、すごい面白かったーーー!

涼平くんもそれに続き、訛り入りの挨拶をしてました。
なのに慶太は

慶「僕は日本出身なので、多分日本語で挨拶できると思います。
  w-inds.の慶太です!」

って挨拶してた…慶太ぁ……笑
でもすごい慶太らしいよね。

その流れで、身長のお話に。

龍「身長からして、慶太は韓国の人かと思ってました」

涼「そう!向こうの人は皆身長が高いんだよね!」

慶「東方神起とか、全員俺と同じくらいの身長だからね〜。」

龍「俺、向こうで基本 こう(あごを上に向けて、見上げるマネ)(ちょう可愛い!!)だったからね」

涼「俺、台湾に生まれてたら、芸能界にいなかったと思う。」

龍「俺も。キムチ屋でもしてたかな」

って会話をしてたのが、印象的でした。
キムチ屋って………龍ちゃん可愛すぎるよ!(爆笑)

あと、ここのMCで、
どんな流れなのか忘れたけど、初日だから龍一くんが緊張している、ということで。

涼平くんに向って同意を求めたんだけど

龍「緊張してるけど、涼平はどう?」

涼「俺は自信に満ち溢れています」

涼「この日のために準備を沢山してきたから、とてもいいものが出来ていると思います。」

って答えてました。
涼平くん か、かっこいいー!!!そして嬉しいー!!!

♪Another Days

龍「ちょっと懐かしい曲をやります」

との言葉で、この曲へ。

3人が向かい合わせになって、っていう最初のあのスタンバイを見て
「も、もしかして…!?!!」
と思ったらこの曲のイントロが流れたので、すごく嬉しかったです。

NEW PARADISEといい………なんなんだこの神がかった選曲は。
嬉しさで死ねるなら、きっと私はこの瞬間に天に召されていたでしょう。(…)

こちらも基本は昔のダンスそのままで、若干アレンジされているというもの。

初日で緊張してたのかな。
間奏で3人でぐるぐる回るところで、あんま笑顔は見られなかったけど
慶太の声に合わさっての道産子のコーラスと、あのダンスに、始終胸がドキドキいってました。

慶太の声に合わさって ♪ウーッ と入る龍一くんのコーラスも、とってもキレイ。
というかこの曲のコーラスは特にキレイに感じたな。

♪Top Secret

ステージが暗転。
退廃的な雰囲気の音楽が流れ
ステージ一面に出てきた、おそらくニューヨークをイメージしたのかな?と思われるような、夜景を背景に
w-inds.が登場しました。

この曲、色っぽすぎてヤバかった!
慶太が囁くみたいに、だけど芯が通った歌い方をするから、ヤバいよーーー
ピンマイクに向っての歌い方が、すっごい色っぽかったのが、印象的。

そしてダンスもカッコいい!
全体的にダイナミックな振り付けだと思いました。

1番のサビ…からだったかな? ちょっと曖昧なんですが、
淡白な色だったライトが、突然ピンクと赤の間みたいな色がチカチカ光りだして、
それが曲の雰囲気ととっても合っていたので、カッコいいにも程がありました。

1番は上で、2番は下で3人とも歌って踊ってたんだけど
降りるときに、脇にある棒をつたって降りてきたのが、可愛かったです。
PRIME〜のライブの時と同じ感じで、懐かしかったぁ!

しかも上の方から下へと降りてくるのが、
どこかから逃げてきているみたいで、曲にピッタリで、素敵だった…。

♪Crazy for You

ぎゃー!Top Secretの後にこの曲っていう、この流れ!最高!

前の曲もそんな感じだったから
イケナイ世界に連れていかれているような気分になります。

ダンスは多分FCイベントの時と同じだったと思う。
手招きとか、腰振りとか、バッチリあったよ!!!ぎゃあ
やっぱりこの曲カッコいい!
そしてちょうセクシー☆

w-inds.は、白のエナメル風な衣装に着替えての登場でした。
フードがついてたんだけど、可愛らしい雰囲気なのではなく、ワイルドな雰囲気でカッコいい!

曲の最中に、上着の肩をはだけさせる……というのを何度もやってたんですが
これドキドキしすぎてヤバいよ〜。
ちょうカッコいい!!!

♪Devil

やばい!カッコいいし可愛いし!どうしていいんだか分かりませんでした。

これはカッコいいだろうと期待しまくって参戦したんだけど
まさか…こんな…可愛いなんて!!!

道産子の掛け合いに、真ん中で慶太が悩んでる。というようなフリでした。

特に道産子2人でのダンスが可愛すぎて、最高!

♪カノジョ以外にも 他に二人

の所らへんで、ステージ真ん中に、背中合わせで2人が座って歌ってるところとか
本当最高に可愛すぎるよ〜〜〜(*´Д`) うがあ!

道産子デビル!!愛してる!!!

ダンスコーナー

慶太くん→龍一くん→涼平くん
の順番で、ソロダンス披露☆

ちなみに全員が黒いタンクトップで踊ってました。

ステージ全体にライトで風景が映されてたんだけど
それがストリートっぽい雰囲気の絵で、カッコよかった!

ていうかね!龍一くんのダンスが、とんでもなくカッコよかったのーーー!!!><

なんかああいうダンスを龍一くんがするのって、珍しいと思った。
鋭くテンポが速い動きで、野獣みたいに踊ってて、ちょうカッコよかったです。
最初の方は、上段でダンスしてたんだけど、下まで飛んで降りていったのが、凄かった!

ラブグレのPVみたいに、バク転をしてくれたのも、
カッコよかったし、嬉しかったです。

最後、ソロダンスが終わった後に
自慢するみたいに、胸を上にそらせて踊ってたのが可愛かったなv

他の2人は…
涼平くんはぐるぐる回ってて、慶太くんは力こぶ作って筋肉アピールしてましたぁ。

♪Milky Way

この曲の時は、今度はステージは夜空に。
星が夜空一面に輝いているみたいに、電飾がポツポツとキラキラうわーっ!って感じで(どんな。…)
めちゃめちゃキレイでした。

この曲、最初の方は(しかも結構長い時間)慶太だけで歌っているので、
ライブではどうするのかなーと思ってたら、最初は慶太だけが登場して歌ってました。

2番Bメロあたりで、道産子も登場。
涼平くんは、ちょうひっそりと静かに登場してきたんだけど、
龍一くんは、激しく音に合わせて動きまくりで可愛かったです。
その2人の差も面白かった。

慶太だけで歌ってるときも、キレイで伸びやかで、
「やっぱり慶太の歌声って大好きだなぁ」
って思っていたのですが
でも道産子も歌いだして、3人の声が合わさったのを聴いたら
「w-inds.って最高の宝物みたいな存在だなぁ」
って、つよくつよく思いました。

慶太の歌声、CDからちょっと変わったかな、って思った。

CDの時よりも、ねちっこさが少なくなったような気がした。
だからといってサラッと歌って訳ではなくて…なんていうんだろ。とにかく感動的だったよ。

七夕だから七夕の曲であるこの曲を歌って欲しかったし、それを楽しみにしていたんだけど
「七夕だから」っていう、そういうの全部ひっこぬいても感動的でした。

ちなみに、衣装は全員黒のラメ入りのスーツで、カッコよかったし曲と合ってて素敵でした。
(ちなみに、慶太のみ黒のハットを被ってました。)

♪ハナムケ

音響さんが間違えたのか、Devilの前奏が……

「え、Devilはさっき聴いたけど…聞き間違えた?!」
って、なった。

会場のファンの戸惑った雰囲気も面白かったです。

それまでのパフォーマンスがが本当に完成度が高すぎて
「これでホントに初日なの?!」
ってちょっと思ってたけど、ここで
「あぁーツアー初日だなー」
って思いました。笑

w-inds.も、表情は見えなかったけど、肩を震わせているようで、可愛かったです。

そして何事もなかったかのように、『ハナムケ』を披露。
ダンスなどは、そのままで。

この曲も、聴けば聴く程に大好きだな。
龍一くん、この曲のときは特に、結構2〜3階の方も見上げながら踊ってました。
楽しそうで可愛かったです。

MC

龍一くんは、また「アツい」「アツい」連呼してました。

龍「リハーサルよりも、皆に見られていると思うと、余計に頑張って踊っちゃって…」

とのこと。

しかし、なにやら今日の龍一くん、胃が痙攣してるらしい。と話していました。
だ、だいじょうぶ?!龍一くん……!!!(◎□◎)
どうしたんだろう。。。

この龍一くんが1人で喋っている間に
慶太と涼平くんは黒のラメのジャケットを脱ぎ、白いシャツとGパンという格好に。

それを見た龍一くんが

龍「いいなー…涼しそうだね」

って言ってました。

慶「龍一くんも脱げばいいじゃん!」

龍「じゃあ脱いじゃおっかな〜?!」

と言いながら、龍一くんが服の裾の辺りを持ってピラピラさせてて
それを見たファンが、キャーキャー大騒ぎ。

慶「なんだかよく分からない展開になっていますね」

って言ってたのが、面白かったです。

そして脱ぐと…龍一くん、とっても可愛い格好だったんだよね。
白いシャツに、白いエセネクタイ(?)みたいなのをつけていて
踊る度に、このネクタイがピラピラと、風にはためいてたのが良かったです*

あ、あと髪型のお話もしてたよ!

龍「今日の慶太を見て、皆、何かいつもと違うんだけど、どこだか分かる?」

という呼びかけで、「髪切ったー!」と次々に叫ぶファン。

それに対して、龍一くんは笑顔でウンウン頷いて(←ちょう可愛かった!)

龍「慶太、髪の毛切ったんだよね!」

慶「楽屋で30分前に切りました!」 (…30分前?!

龍「本当にさっき切ったから、本邦初公開です!」

しかし双眼鏡を持っていなかった私は
(ライブ中に双眼鏡を使うのは苦手なので、いつも持たないのです;;)
あまり違いが分かりませんでした。爆

慶「夏は短くしたくなるんですよね」

龍「じゃあ俺と反対だね!」

…あぁ〜〜〜〜!そうだねぇ!!!笑

♪メッセージ

龍一くんが静かだった!

否、いつもバラードの最中の龍一くんって
よく身体をウネウネくねらせながら、コーラスしてるじゃないですか。
でもなぜかこの曲のときは、まぁ動きはしてたんだけど、それがいつもよりも激しくなかったよ。
すごい悦に入ってはいたんだけど……珍しいなぁ。

曲は、とても、とても良かったです。
素敵に感動した。

ファンも、終わった後、「キャー!」じゃなくて、拍手でシメてたり
会場内がすごく良い雰囲気で包まれていて、よかったです。

♪TRIAL

それまでライティングというか…ステージ自体に凝っていたのですが
この曲は、ステージの上で、単純にライトだけに照らされたw-inds.が歌って踊っていたので
なんかちょっと安心した。
あー…w-inds.だなーって思った。

ゴテゴテに凝っているのもカッコいいし
そういう分かりやすい演出も好きで、見ているとライブ!って感じがするけど
こういうのもやっぱり大好きだな、って思いました。

しかも、また『TRIAL』って曲が良いんだよね!

パッと雰囲気が明るくなっていって、すごかった。
そして何度見ても、最後の3人で見合いながら笑いながら踊る姿が好きすぎる。ホッとする。

♪遠い記憶

この曲のダンス、好みすぎた!!!

あのね、始まりの方が、波みたいなダンスで、身体を上下左右にくねらせてたんだけど
(色っぽくくねらせてるのとは別で…ホント波みたいだった!)
それが道産子2人が、割りと近い場所でやってたから、ちょう可愛かったの!!!

2人で息がめちゃ合ってて、連動して踊っていて
w-inds.のダンスでは、道産子が全く別の動きをしていて…ってことが多いんだけど
この曲では、最初の方は双子みたいに似た動きしてて、珍しくて可愛かったの。

んで、それから後はそれぞれの個性で踊ってるから、またこの対比が良い!

♪きっと現実など

のところで、慶太くんの後ろから
道産子2人がちょこっと顔を出してたのが、マジ可愛すぎて大変でした。

MC

ここで告知コーナー。

龍「新曲が発売します」

う、うあ?!もう?!嬉しい!!!!

と思ったら

龍「7月4日に。」

って。。。
あぁ〜〜〜ラブグレのことかぁ。ちょっとガックリ。笑
それから、ラブグレの話もしたんだけど

龍「慶太がアーサー王子役をやっています」

慶「アーサー王子です!」(←やたらとカン高くて可愛い声)(和己@ガーゴイル の声にちょっと似てた…>知るか)

これに、ファンは大爆笑!

それを見た龍一くんが

龍「今ので一番ウケてるんじゃねぇよ!笑」

慶「皆の笑いどころがよく分からないよね」

って言ってました。

その流れで、じゃあファンの皆の笑いを取ろう!という話になり、
涼平くんが

涼「ソリマチ!」

って言いながら、コマネチのマネして、ちょうビックリした!

え、りょりょりょ涼平くん……どうしたの!?!!!!(゜□゜;)

しかも1回だけじゃなくて、何回もやるんだもん!
ホント驚きすぎて顎が外れるんじゃないかと思ったよ!

ファンもビックリしつつ、大爆笑。

涼「よかった〜。これ、俺の持ちネタだから」

って言ってました。
あぁ、驚いた。

んで、龍一くんは

龍「二重アゴ!」「二重アゴ!」

と連呼しながら、二重アゴを作ってました。

意味わかんねぇぇぇぇぇーーーーー。
でもなんかその時はめちゃめちゃ面白くて可愛くて、私も大爆笑してました。

そんなファンの反応を見て

涼「もう何でもありだね」

慶「きっと今の皆って、何を見ても笑えちゃうんだね」

って…笑

そして、まだ続く告知MC。

龍「w-inds.は……………香港に行ってきました!」

って、知ってるわ!笑

この時、香港でのことについて、ちょっぴりお話してくれたんだけど、面白かったです。

涼「賞を10コももらったんだよ?!10コってわかりますか?!本当に凄かったんですよ」

慶「しかも俺ら、賞を10コもらえるとか、詳しく聞いてなくて…」

涼「行ってビックリしたよね。次々とトロフィーが運ばれてきて」

ここで、龍一くんが、トロフィーを渡すマネっこをしてました。
(香港での授賞式を再現★)
慶太にトロフィーを渡しつつ、写真を撮るマネをしたりして、ちょう可愛かったーvvv

慶太も

慶「あ、どうも。ありがとうございます」

って言いながらペコペコしてるし…!(ちょう可愛い!)

でも涼平くん、本当に10コも貰ってビックリしたんだね〜。
やたらと力説している姿が何だか珍しくて、とても可愛かったです。

他にも、香港ではピータンも食べたらしいです。

涼「うん、卵だよね」

と、微妙な会話してました;;

あと、香港話でもう1つ!

香港で、涼平くんは社長さんから
『なんでヒゲ伸ばしてるの?!全然似合ってないじゃん!』
って言われたそうです。。。

そして慶太は
『もっと筋肉つけろ!まだ少ない!』
って言われたんだって。

社長、滅茶苦茶言ってる………笑

涼「慶太が筋肉足りないなら、俺はどんだけ足りないんだよ」

って言ってたけど、私は涼平くんの筋肉の付き具合が大好きだよ☆(どんな告白。…)

続けてまだまだ告知。

龍「告知ですが…………明日もココ(松戸)でライブをやります!」

って…だからそれも知ってるってば!笑

しかもさ、

龍「なので、暇な人はぜひ遊びに来てください」

と言ってたけど

暇だけどチケットがねぇよ!!(くぅッ)

この子たちは、自分たちのライブに参戦するのに
ファンがどれだけ苦労しているのか、知っているのかしら。

そして、これにて告知は終了したのですが…

結局w-inds.は何が言いたかったのか、よく分からないままに終わりました。
なんだか言いづらそうにもったいぶってた割りに、何も告知らしい告知はせず。。。
何だったんだ、一体。

でも楽しかったし可愛かったです!

あと、どんなお話の流れか忘れてしまったのですが
龍一くんがキャンキャンのモノマネで、マスオさんをやってました。

てことで、慶太くんと涼平くんもやって、
「ファンにもやらせようか」
ってことに。

しかしここで、慶太くんが

慶「せーの!」

って言って、何度もファンがモノマネするタイミングを作ろうとしてたのに、
その度に、別のことを言って、タイミングをツブす龍一くん。笑

そのため

慶「龍一くんは、w-inds.をつぶしたいの?」

と、言われちゃってました……笑

ふざけて怒ってる風に言う慶太も可愛かったし
それに対して

龍「めっそうもありません、すみませんでした!」

と、深々とお辞儀を繰り返しながら平謝りをする龍一くんも、とても可愛かったです。

こんな話ばかりをしていたので、
「なんかw-inds.のMCってグダグダだよねー」
って話に。

どうしてグダグダなのかな、という話し合いをしてました。

慶「今度からさ、司会を呼ぼうか。キャンキャンさんとか」

と慶太が言うと、当然ファンからはブーイングの嵐。

そりゃあね…どんなにグダグダでもそれも愛しいし
w-inds.だけのw-inds.のMCが大好きなんだもん!!

ていうかライブのMCで
ステージとは全くの無関係のお笑い芸人が出てくるとか、ありえなさすぎるよ…笑

MCグダグダ、という話はまだまだ続き
その話題の矛先は龍一くんへ。

慶「龍一くん、リハーサルの時の方が面白かったよね。
  スタッフの人たちも皆すごい笑ってたし」

龍「リハーサルで面白くて、本番がつまらないって、一番やっちゃいけないパターンだよね」

慶「いわゆる内輪ネタっていうものですか?」

龍「不特定多数の人に話しかけるのは、難しいんですよ。
  1人で会話してるようなものですから!」

慶「でもさ、龍一くんは、言葉のキャッチボールができてないんだよ」

龍「俺たちは、音楽を通してキャッチボールすればいいんですよ!」

と、この言葉を受けて、「おぉ〜!」と沸くファン。

慶「龍一くん、この程度で『おぉ!』って言われるって、相当レベル低く見られてるよね」

って…相変わらず慶太は毒舌だなぁ。笑

龍「でも俺たち、事前に何話すかとかを決めてないから、その場のノリなんですよ!」

慶「他の人たちはMCで何を話すか決めてるのかな?」

龍「否、それは楽屋で話しましょうよ」

と、ここまでも、とことんグダグダにMCしてて、そこがちょう面白くて最高でした。
しかし、龍一くん的には、今グダグダなのは理由があったらしい。

龍「どうして今w-inds.はこんなにグダグダしているのかというと
  実は…これが最後のMCなんですよ」

え、絶対それだけじゃなくない?笑

龍「でももう終わるんですよ〜。時間が経つのって、はやいですね」

って言ってくれたのが嬉しかったな。

慶「年をとればとるほど、時間が経つのはドンドンはやくなっていきますよね。」

涼「初ライブの時は、『まだ終わんないの?!なげぇ〜』って思ったもん」

龍「w-inds.も今年で6回目のツアーだし、年とったよね。
  皆もオバサンになったんだね」

って…龍一くん…………苦笑

これを言った瞬間、慶太くんにペチンと頭叩かれてました。(…)

慶「w-inds.のライブが短く感じる人は……大人になったんですね」

涼「じゃあ若い人は、『w-inds.まだライブやんのかよ〜』って感じなのかね。笑」

って言ってたのが、面白かったです。

♪LOVE IS THE GREATEST THING

この曲、楽しい!!!

めくるめく様にズンズン曲が進んでいくから、本当楽しくてウキウキしちゃいます♪

サビとかめちゃ高音なのに、それを忘れてしまいそうになる位に
慶太は余裕で声を出して歌ってて、カッコよかったです。

ダンスが面白い〜。

スタンバイの時の龍一くんのポーズが、いつもと違うように見えたんだけど…
(私には、顔に手を当ててるんじゃなくて、首に手を当ててた様に見えました)
若干遠目だったから、本当に違ったのかは謎。

間奏のダンサーさんも含めて皆でスカーフを繋いでいくフリが、特に楽しいね。

全員が縦1列に並ぶ時に
龍一くんがおしりに手を当てて、ピョコピョコしながら移動してたのが、
可愛かったなぁ。

しかもスカーフのパスを、龍一くんがフェイントをしたりしてたから、更に楽しい!
スカーフで汗を拭うフリとか、最高すぎるし!
この日は額を拭うだけではなく、Tシャツの中にタオルを突っ込んで、お腹全体の汗も拭ってました。
そしてそのタオルを首から出していたのが、可愛かったです。
この時もそうですが、コレに限らず、この日の龍一くんはお腹のチラ見せしまくりでした。笑

♪try your emotion

相変わらず、

♪try your emotion

のところをファンに歌わせたりなど、皆で楽しむぜー!
という色が強いこの曲。

でもどうせやるなら、前奏からやって欲しかったな、と思ったり。
前奏でのフリも好きなのに、なくてちょっと寂しかったです。。。

でもとっても楽しかったよ!

MC

龍「ごめん、嘘ついた。さっきのMC最後じゃなかった」

って…可愛いーーー!!!

龍「w-inds.の始まりの曲です」

という龍一くんの言葉で、本編最後の曲へ。

♪Forever Memories

久しぶりにフルで聴いたなぁー…
そして前フリの龍一くんの言葉により、以前聴いた時よりも一層感動してしまいました。

バックのスクリーンには、シルエットだけのビル郡が立ち並ぶ街が映し出されていて
それがまた素敵だったな。

多分昔と同じフリだったと思うんだけど
所々「あ〜、このフリ好き」って所が出てきた時
そのキュンとなり具合がすさまじくて、大変でした。

昔も今も、大好きだよ。

((アンコール))

♪Feel The Fate

アンコール1曲目にこの曲って、最近多いなー笑
好きだから全然良いんだけど、また来ると思ってなかったから
他の選曲とは別の意味で、ビックリした。

w-inds.の3人は自由にステージ上を動いてたんだけど
龍一くんが脇の階段(?)みたいなところに、背中を預けてドテーッとなってたのが、可愛かったですv

やっぱり今回も、この曲では、ファンにサビの部分を歌わせてました。
相も変わらず、ピースフルな雰囲気が溢れている曲だね。

衣装は、3人ともライブTシャツに着替えて登場してました。

しかし 涼平くん:赤 龍一くん:黒 慶太くん:白
と、色違い。

龍一くんが黒(=唯一販売してる)で、嬉しかったです。
やった、龍一くんとオソロイだぁvvv

MC

アンコールありがとう!っていうご挨拶。

龍「Forever Memoriesで終わって、Feel The Fateで出てくるって、面白いよね」

た、確かに……!笑

♪Fire Flower

この曲、ここで歌うと思ってなかったー(そればっか言ってる気がするけど・笑)

agehaのときの大阪以来、もう聴けないかもと思っていたので、嬉しかったです。
懐かしい。
そして夏の薫りが、めちゃめちゃする。
男衆☆って感じのイメージなステージでした。

やっぱりサビ部分でタオルを振り回してました。
そしてやっぱり客席に向って、3人ともタオル投げてた。

間奏の オイ!オイ! って所で、w-inds.もファンも皆で一緒に
オイ!オイ! って手を振り上げてノリノリになってのが、
めちゃめちゃ楽しかった〜〜〜〜(≧▽≦)

♪キレイだ

アンコールでこの曲を歌ったのも、これまたビックリ。
好きだけど…好きだけど……ッ!
でも意外だよ〜。
しかも最後の曲っていうのが、もっと意外。

1番は普通に歌って踊っていたのですが
2番サビ以降は、かなり大部分をファンに合唱させたりしてました。
今まで『キレイだ』でそういうのはなかったから、新鮮で楽しかったな。

この曲が、ホントのホントのラストだったんだけど
いつもみたいに終わるのではなくて、曲が終わった後のバンド演奏部分で、
「みんなで一緒に!」「せーのッ!!」
と、w-inds.とファン皆で、一緒にジャンプをして終わりました。

ライブはこれにて終了。
スタッフメンバー紹介ということで、ダンサーさんやバンドさんが前に出てきて、挨拶してました。

ドラムが関さんじゃなかったのが、驚いた…
(慶太くんソロ『FRIEND』のPVにも出ている方に、代わったみたい。)

トビちゃんの紹介の仕方が面白かったです。
最初、龍一くんがトビちゃんのことを『クールT』って紹介してて

龍「最初、俺、『クールティーン』って言ってるのかと思ったよ。
  40代なのに、ティーンはないだろ!って思った。」

って言ってたのに、ウケた。笑

そして、全員で手を繋いで、マイクなしでの肉声で

「ありがとうございましたー!」

と言いながらお辞儀をして(全員でお辞儀しながらお尻をフリフリしてて可愛かった!)、
スタッフさんたちはハケていきました。

んで、LOVE IS THE GREATEST THINGのインストが流れ始めました。

そしたら、インストだからさ〜皆がラブグレを歌いだしたんだよね。

それをみた慶太が

慶「皆、今はいいかもしれないけど、サビに来た時に後悔するよ!」

慶「とりあえずサビまで聴いてみようか」

って言ったので、皆でライブグレを歌いました。
w-inds.もそれに合わせて小さく踊ってくれて、嬉しかったなぁ!

それに、この曲、発売したばっかのシングルなのに
ファンが歌詞とか間違えずにバッチリ歌っていたことに、私は地味に感動しました。笑

そして問題のサビに。

サビ近くになると

慶「もうすぐだよ!」

と慶太が連呼してたのが、可愛かったです。

しかし、皆、結構サビでも普通に声が出てるんだよねー。
それに対して、道産子2人がコケるフリをしてて、めちゃめちゃ可愛かった!

高音の所だけ、異様に力強く歌うファン。笑
それを聴いて

龍「『Ah…!』の所だけ、そんなに気合入れて歌わなくていいから!」

って言ってたのが、面白かったです。

最後の「ありがとう」のお話で
詳しい言葉自体は覚えていないんですが、龍一くんがすごくイイこと言ってました。

龍「俺が言うのもなんだけど、慶太と涼平は、本当にいい奴だから。
  だからこれからも関わっていっても、損はないよ」

慶「龍一くん、イイこと言うねぇ!」

龍「………って、言われたい。(照れ笑いしながら)」

慶「そこでオチを作らなくても…」

でも私はこういう龍一くんが大好きです。

w-inds.も6年経って、色々あったよね、ってお話をしていて
初ライブの話もしてました。

龍「5年前の大阪城ホールのライブに来た人〜?!」

って、ファンに訊いてたんだけど、結構…4分の1ぐらいだったかな。が、手を挙げていて
それを見た涼平くんが

涼「ホントに?」

と疑ってました。

デビューした時はスタッフの方は皆年下だったけど
今は、スタッフに年下の人もいるよね。って話もしてた。
慶太曰く、20歳の人もいるって言ってました。

そんなとりとめもない話を続けている中で

涼「あぁ、今おれすごい『頑張ろう』って思った」

って言ってくれたのが、嬉しかったな。

龍「何かあったら、俺たちが救ってあげるから」

とも言ってくれたけど、本当にw-inds.の存在自体に、これまで何度救われてきたことか。。。
いつも本当にありがとうね。

いよいよ さようなら、という時に

龍「帰り道、気をつけて帰ってね」

慶「帰り道、LOVE IS THE GREATEST THINGを聴きながらノリノリで帰れば
  怪しい人に見えるから、絶対襲われないよ!」

龍「そのうち壁に顔が映っちゃったりしてね」

って言ってたのが、面白かったです。笑

こうしてw-inds.は去っていったんだけど、曲がぜーんぶ終わった後も
結構長い間、ステージの上にいてくれたから嬉しかったです。

そんでもって

龍「また来年会おうね!」

って、今年も変わらず言ってくれたのは、もっともっと嬉しかったです。

実際は私は川口にも参戦するから、4日後には会えるんだけどね。笑
でもその言葉そのものが、すごく嬉しいんだ。

ライブ終了後は、会場内にSHINING STARなどが流れていました。
興奮してたのと夢うつつだったのとで、ちょっと曖昧ですが、ラブグレからの流れで、流れたのかな。と思います。

そんな風に終わった、この日のライブ

ちょう・楽しかったです………!!!!!!

もう時間があっと言う間で
短くて速いんじゃなくて、本当に楽しくて速かった。
とても濃かったよ。

『ダンスを魅せる』と、w-inds.は色んなメディアで言ってくれていたけど
勿論それも沢山魅せてくれて大満足だったんだけど
それと同じくらいに、ステージ自体にも凝っていたな、と感じました。

曲によってステージ自体が変わるって
w-inds.のライブとしては、そういうのは初めてだったので
新鮮で面白かったです。

過去の曲もいっぱい歌ってくれたのも、嬉しかったなv

個人的に歌ってくれなくて、最も「残念だ」と思ったのは『Celebration』だったけど
ツアータイトルが【Journey】なのに、Journeyを歌わなかったのに、一番ビックリでした。
ま、本人たちも雑誌などで
『今回のアルバムタイトルは、曲『Journey』から取ったのではない』
と公言してたから、歌わなくても不自然ではないけどさ。。。

ていうかアルバム『Journey』の中で歌わなかった曲
→Is that you、Journey、Celebration、地図なき旅路、TRIANGLE
って、結構多いなー。

ぶっちゃけJourneyの曲をもっと聴きたかったというのは、なきにしもあらず。なのですが
でもライブ中は本当に楽しくて楽しくて、最高でした。

終わった後に振り返ってみて
『あれ…そういえばアルバム曲ってあんま歌ってないよね…?』
ってなる感じ。笑

だから不満ま全くありません。
むしろ大満足です。

カップリングを1曲も歌わなかったのも、珍しいですよね。
いつか『勿忘草』が生で聴ける機会に恵まれますように。(大好きv)

あ、でも個人的に、一番の謎だと感じたのは

ライブTシャツに書いてある文字は
『Can you make endless momet, to step , to shine, to love?』
と、Endless Momentの歌詞の一部なのに、何故エンモメを歌わなかったのか。ということ。

つーか、むしろ何故Tシャツにエンモメの歌詞がプリントされてるの?
単に龍一くんが好きな歌詞、ということでしょうか?(>Tシャツデザインは龍一くんなので。)
謎〜〜〜。

と、このようにライブに対する謎は若干残りましたが(笑)
本当に純粋に「ライブ!」って感じだったし
ライブ自体がとても完成度が高くて、かなり楽しめたので、本当に楽しかったです。(日本語変;汗)

どの曲もカッコよかったし、やってくれて嬉しいと思ったし
ライブ中は胸がキュンキュンしっぱなしだったよ。

これから公演数を重ねる毎に、きっともっとカッコよくなっていくんだろうけど
………今の状態でもめちゃめちゃカッコよかったのに
これ以上だなんてどうなっちゃうのか、本当に楽しみです!!!

何公演も、チケットいっぱい取ってよかったな、って思ったよ。
そして沢山今年のライブに参戦できる私は、幸せ者だと思います。

私もw-inds.に関わっていけば間違いないと思うし
これからもずっとそうしていきたい、と思っています。
かけがえのない時間をありがとう。

それでは、
ライブ初日公演、本当にお疲れさまでした。

ありがとうございました!!!

 

レポート

Posted by Yuu