*旧サイトログ*2006年8月9日 『w-inds. Live Tour 2006 ~THANKS~』 in 神戸国際会館 こくさいホール ライブレポート

セットリスト

 映像

1*Back At One
2*IT’S IN THE STARS
3*Midnight Venus

 映像

4*TRIAL
5*約束のカケラ

 MC

6*Balance
7*風詩 -kazauta-

 映像

8*Hush…!
9*1 or 8
10*Sup wassup!!(曲の最初の方にダンスコーナーが組み込まれていました)

 MC

11*空から降りてきた白い星
12*十六夜の月
13*影法師

 MC

14*四季
15*キレイだ
16*Long Road

 映像

((アンコール))

17*Special Thanx!
18*SUPER LOVER 〜I need you tonight〜(レゲエバージョン)

 MC

19*蝉時雨

20*ブギウギ66(1回)(PV撮影)  

 

 

ライブレポート

 

 

※MCのみのレポートになります
 話した順番とかではなく、覚えている順にポツポツと書いてます※

・最初のご挨拶

いつもの様に最初にご挨拶☆
龍一くんが

「1階元気〜?」「2階元気〜?」「3階元気〜?」

とお決まりの挨拶(?)をしていたんだけど
神戸の会場は…上手く表現できないんですが、端の方に中2階みたいな席があって。
そこの人たちが、ドコで返事するか迷っていたんですよー。

それに対して

龍「あ、あそこの人たち、今ちょっと迷ってたねぇ。」

と言いながら

龍「1.5階の人元気〜?」

と言い直してました。
この感じが龍一くん!って感じで嬉しい〜v

んで、この日も、前日同様

龍「皆、いい顔してるね。
  すごくいい顔してるから、自分で自分を撮っておいた方がいいよ!
  ほら、いわゆる、『自分撮り』!☆」(←上手いコト言ったゾって顔してて、すごく可愛かったぁvvv)

と、やたらと「いい顔」を強調してました。

・ツゥンヌク

Sup wassup!!の後、大分激しい曲で、龍一くんもめちゃ動いていたので

龍「暑いね〜」「暑いね〜」

と、「暑い」をやたらと連呼。笑
汗をしきりに拭いてて可愛かったですー。
衣装の襟元を上に持ち上げて、そこで拭ったりもしてたんだけど
そうすると、そこに顔がうずくまる感じになって、もう…っホント可愛い!!!

龍「あぁ〜暑いね〜。
  皆も水を飲んだりしても…
  あ!(今気付いたみたいに)自分撮りしてもいいよ!」

と、ここでも自分撮りの話題を引っ張る龍一くん。

どんな流れか忘れてしまったのですが、ここで踊るときの筋肉の使いどころ(?)のお話に。

龍「慶太は、踊るときはどのツゥンヌク(←筋肉と言いたかったらしい)使うの?」

慶「…(笑)。肩のツゥンヌク!」

と、言いながら、ソロダンスでの振りを少し再現。

龍「あぁ、ここのツゥンヌクかぁ!」

と言いながら、今度は龍一くんが、慶太の動きをマネするように
慶太のソロダンスを踊る振りしてました。

この時さぁ!2人でめちゃニカニカ笑い合いながら動いてて…
もうっ、こういう龍一くんと慶太の間に流れる雰囲気が大好きな私は
とろけそうな気分でした。笑

かーわーいーいーーーーvvvv

ていうか、「ツゥンヌク」って気に入ったのか
この後も何回か龍一くんが「ツゥンヌク」って連呼してたのが
本当にすごく可愛かったです。

・日焼け

龍一くんの1人トークの場面にて。
写真集の撮影に、グアムに行ってきたお話してました。
そこで大分日焼けしちゃったよ〜ってことで。

龍「俺と、慶太は、焼けやすくて、真っ黒になっちゃいました」

………涼平くんは?笑

龍「グアムではさ〜水着きてたから、帰ってきてからも
  ずっとココが白いままなんですよ」

と言いながら、太ももの内側を撫でる龍一くん。

龍「よかったら、その辺も見てください」

……………!?!!!!!!!!!!(動揺)

もちろん客席も奇声の嵐。

それを見た龍一くんが、でっかい声で

龍「違うよ!今じゃないから!写真で焼け具合を!!」

と言ってました。

あ、あははは。笑”

ここのMCのこの流れ、龍一くん!って感じで、なんか良かったです。

・5本指ソックス

こちらも龍一くんの1人トークの時のお話。

龍「この間、足が分かれてる……あ、足じゃないや、指!
  指が分かれてる靴下を貰ったんだ。
  指が分かれてる靴下って、皆知ってる?」

会場「知ってるー!」

龍「え?!知ってるの?!驚」

龍「今はいてるんだよー。
  ………………見たい???」

会場「見たいー!!!」

龍「本当に見たい〜?
  だって遠い人とか見えないでしょ?」

会場「見たいー!!!」

龍「え〜〜〜…(しぶってる様子)
  でも、足上げても、『キャー!!』とか言わないでね」(←甘えん坊な感じで)

と、大分しぶりながらも、靴を脱いで、会場に向って靴下を見せてくれました。
私、この日は結構前の方の座席だったんで
双眼鏡とか使わずに、肉眼でナチュラルに靴下が見えて、それが凄く感動でした。

この時の龍一くん、一生懸命片足立ちしながら
指の隙間(?)を開こうと頑張ってくれててて
しかも!片足立ちだから、結構安定しなくてフラフラしてるのねぇ。
それがちょっと危なっかしい感じもしたんだけど、でも可愛かった〜v

んで、しばらく会場に足を向けてて(…って、考えてみると、コレ少し異様な光景だよね。笑)

龍「これ、ヤバいよね?!ヤバいでしょ?!」

と、1人興奮気味の龍一くん。笑
ノッたのか、反対の方の足も、靴を脱いで見せてくれました。(ホント可愛いし!!)

龍「これ、健康に良いんだよね?
  今日5本指靴下、はいてる人いる〜?」

客「はーーーい!」(←客の半分ぐらいが挙手。)(…)

龍「絶対嘘でしょ!おれ、家まで押しかけて見にいっちゃうよ。」

むしろ見に来てください。(真顔)

そんな風に、靴下自慢(?)をしている間にも、着替え終わった慶太が登場。
龍一くん、すかさず慶太に向って

龍「慶太も5本指靴下はいてる?
  はいてるなら慶太も皆に見せてあげようよ!」

慶「絶対にはきません!!!!」

龍「でも、5本指靴下だと、指全部が締め付けられないから
  窮屈じゃなくなるよ。踊りやすくなる!」

慶「だけどそれだと、指1本1本が窮屈になって
  逆に踊りにくくなるんじゃない?」

龍「そんなことないよ。
  ほら、指が靴の中で暴れ放題だよ!」(←この「暴れ放題」の言い方が可愛かったv)
  来年のツアーグッズの靴下は、5本指靴下だから!」

マジかよ!!笑

・みんなであそぼう

涼平くんと慶太のMC。

涼「神戸には、一昨日の夜1時ぐらいに着いたんだよね〜。
  それからちょっと街を歩いて…」

慶「いい遊び場を見つけたんだ!!」

…あ、あそびば ですと!?!!(←頭の中を怪しい想像が駆け巡る)(…)

会場も慶太の言葉を受けて、結構ザワついていたので、焦る慶太。笑(可愛かったです)

慶「あのね、別に変なところとかじゃないんだよ?!
  フットサルが出来るゲームセンターみたいな所。
  24時間営業だったんだよね。
  だからその時間に皆と一緒に行って、4時ぐらいまでずっと遊んでたんだよね」

オイオイオイ。
次の日ライブがあるのに、そんな夜中まで遊んでるなよ〜笑

慶「そこで、地元の同い年ぐらいの人と一緒に遊んだんだよね。」

涼「俺ら、そういうの多いよね。グアムでも同い年ぐらの人と一緒に遊んだし…」

慶「あの時は、砂浜で20歳ぐらいの人と遊んだんだよね。
  すっごい良い人だった!
  だから皆さんも、僕らを見かけたら、声掛けてください。」

客席「きゃーーー!!!!」(当然大歓声の嵐……笑)

慶「あ、男の人、限定だから」

客「えーーーー」

慶「だって皆、サッカー出来ないでしょ?」

客「出来るー!」

慶「え〜?でも、俺、手加減しないよ?」

すごいいたずらっ子みたいに言う慶太が可愛かったです。

…あの〜私、サッカー出来ないけど
一緒に遊んでくれないですか?笑

・舐める?

龍一くんが着替えに行く!って時のやりとり。

龍「じゃあ、俺もそろそろ汗拭いてくるわ」

慶「え、拭いちゃうの?
  龍一くん、汗かいてる方が良いって人〜?」

会場「はーい!!」(←大多数の人が挙手)

慶「はい、じゃあ、龍一くんは、汗拭かないで着替えてきて」

…そんな滅茶苦茶な!!笑

慶「絶対に拭いちゃダメだからね。
  (オデコを指しながら)水でペッペッって、濡らしたりしちゃダメだからね。」

龍「…わ、わかった」

慶「本当に?
  出てきた時に、舐めて確かめるから!」

…ぎゃっ!(何)

龍「じゃ、絶対舐めて確かめろよ?」

慶「絶対嫌だ。笑」

と、こんな風にこの日の龍一くんは
慶太と涼平くんをステージに残して、着替えに去っていきました。

んで、帰って来た時。

何やら後ろの水飲み場の方に、静かに向っていく龍一くん。
水飲み場の水を、オデコにペッペッとつけていて………!!!

きゃーーーやってくれるだろうとは思ってたけど、すっごい嬉しいわぁ!
ちょう可愛いvvv

もちろん涼平くんと慶太、そして客席の私たちは、龍一くんをガン見だった訳ですが(笑)
龍一くんはそ知らぬフリで、前にやってきて

龍「ああ〜暑かったぁ〜〜〜」

慶「ちょっと、龍一くん。今水つけたでしょ!!!」

龍「つけてないよ!舐める?!」(←顔をヒュッと慶太の前に出しながら)

慶「絶対嫌だ!笑」

あぁ、もう本当に可愛すぎるから!!!!

・変わったこと

龍一くんと慶太の2人でのMC。

慶「龍一くん、変わったよね。
  昔は肩をこうして(肩をいからせ)、手をポケットに入れて、サングラスかけて
  こうやって歩いてたよね。」

と、前のめりに、肩を揺らしながら歩く、ヤンキーっぽい雰囲気の動きをする慶太。

龍「えっ、こう?」

と、慶太のマネをする龍一くん。

龍「中学まではそういうキャラだったけど…」

否定しないんかいっ!笑

慶「でも今は全然違うよね〜」

龍「変わった方が良かった?!
  前の方が良かったと思う人ー?!」

会場「はーーーい!!」(←若干手が挙がる)

龍「今、手挙げた人、後で楽屋裏に来なさい!笑」

慶「裏に来てもらって、どうするの?」

龍「こうやって(殴るマネ)、こうやって(蹴るマネ)、こうやって(殴るマネ)…!
  親が見てもわからないくらいにする!」

ひ、ひでぇ!笑

龍「そういや、慶太もすごく変わったよね。」

慶「え、俺、変わったかなぁ?」

龍「昔のテレビとか見ると、キャピキャピしてたよね。」

慶「え、そうだっけ?」

龍「うんうん。慶太はすごく変わったよ!
  w-inds.tvとか見ると、冗談ばっか言ってた」

慶「えぇ〜…じゃあ、昔の方が良かったと思う人〜?!」

会場「はーーーい!!」(←またもや若干手が挙がる)

慶「今、手挙げた人、後で楽屋裏に来なさい!笑」

龍「で、どうするの?」

慶「握手する。笑」

龍「えぇーーー!?!!それじゃあ、俺、めちゃめちゃ悪い人じゃんかよー」

慶「だって、握手したら
  『慶太くん、今の方がいいな』
  って、思ってもらえるじゃん。」(←笑いながら、得意気に)

か、かわいい………vvv惚

と、ここで舞台袖に引っ込んでいた涼平くんが、戻ってきました。
さっそく話を振る龍一くん。

龍「涼平くんは、変わらないよね。」

涼「ああ、それよく言われる。
  でも基本的に、皆変わってないよね。」

慶「あなた今までのトークを全て覆したね!」

涼「…?」(←ポカンとした顔)(可愛い…)

龍「今、慶太が変わった、って話をしてたんだよ」

涼「え、だって慶太だって、補足して、髪型変えたら、昔のまんまじゃん」

龍「それは外見の話しじゃん!今してたのは中身の話!」

すっとぼけた涼平くんが可愛すぎでした…(*´Д`)

・なんでやねん!

この日の涼平くん、アンコールで、登場したばかりの時は
いつも通りのライブTシャツでの登場だったんだけど
(多分。…。ごめん!だって私は基本龍一くんばっか見てるからさぁ!
 自信ないっす;;)
気付けば、違うTシャツ着てました。

どんなTシャツかと言うと、背中に白で
「なんでやねん」
と書かれた、黒地のTシャツ。
よく大阪とか、関西のお土産屋さんに行くと、売ってるやつですね〜。
(他にも「好きやねん」とかのバリュエーションのあるシリーズの…)

んで、それだけじゃなくて、前面の方には
【THANKS】と、大きく白い文字で書かれていました。

けっこうオシャレで可愛かった!

どうやら、このTシャツ、ファンの子からのプレゼントで
それをスタイリストさんが加工してくれたみたい。

ライブで着てくれるなんて…優しすぎる……!
もしも私がこれプレゼントした本人だったら、絶対ヤバい嬉しい!
いいなぁ〜羨ましい〜。
ていうかやっぱり涼平くん好きだぁー。

MCにて、このTシャツに絡めたお話もしていまして。

慶「涼平くん、『なんでやねん』って、どういう意味?」

涼「意味は………なんでやねんっ!!!(←めちゃ大きな声で)」

慶「ぼくは意味を聞いたんですけど〜。
  涼平くん、『なんでやねん』って、どういう意味?」

涼「なんでやねんっ!!!(←更に大きな声で)」

すっごい力強く「なんでやねん!」を嬉しそうに言う涼平くんが
めちゃめちゃ可愛かったです。

・『ブギウギ66』PV撮影

この日もありました。イェイ!☆

嬉しかったなぁ。
まさか2日連続でやるとは思ってなかったし!!
ましてや大大大好きなw-inds.のPV撮影に2日とも参戦できるなんて
本当に幸せすぎる。

生きてて良かった……。(ほろり)
説明をするスタッフのお兄さんが、まるで神様のように見えました。

面白かったのがねぇ、私、神戸1日目は3階席で、この日は1階席だったんですが
前日は「PV撮影がある」って説明があっても
結構周りはその場でワクワクしてるだけの方が多かったんだけど
この日は、w-inds.が去った途端に、化粧直しを始める人、大量発生。笑
ま、私もしましたが。…

でも人によっては、トイレに駆け込む人までいるんだもんー。
「もしかしたら映るかも?!」となると、皆真剣ねぇー…。

ちなみに、1日目はPVの中でも「w-inds.」の撮影でしたが、2日目は「客席」の撮影
ということでした。

ってコトで、歌ったのも、1回だけ。

ウン。でもそれでもね。
ホントの本当に嬉しかったんだよ。

色んなことに、ありがとう。