*旧サイトログ*2006年8月8日 『w-inds. Live Tour 2006 ~THANKS~』 in 神戸国際会館 こくさいホール ライブレポート

セットリスト

  映像

1*Back At One
2*IT’S IN THE STARS
3*Midnight Venus

 映像

4*TRIAL
5*約束のカケラ

 MC

6*Balance
7*風詩 -kazauta-

 映像

8*Hush…!
9*1 or 8
10*Sup wassup!!(曲の最初の方にダンスコーナーが組み込まれていました)

 MC

11*空から降りてきた白い星
12*十六夜の月
13*影法師

 MC

14*四季
15*キレイだ
16*Long Road

 映像

((アンコール))

17*Special Thanx!
18*SUPER LOVER 〜I need you tonight〜(レゲエバージョン)

 MC

19*蝉時雨

20*ブギウギ66(2回)(PV撮影)

 

 

ライブレポート

 

映像

「2XXX年 地球滅亡の危機」

と画面いっぱいに映し出される文字。
…松戸では2万年代だったのに、2千年代に。
いきなり近い未来になりました。笑

荒廃した大地の映像が映し出され。
バックで流れている音楽もなんだか禍々しい雰囲気。

瓦礫の山がたくさん、たくさん映っていたのですが
その瓦礫の1つとして、パソコンの様なものがあり。

「地球滅亡まであと60日」

という文字とともに

「10, 9, 8, ….」

と、カウントダウンがされていきました。

それに合わせて、会場の皆が数字をコール。
0までカウントダウンした所で、スクリーンが下に落ち
3つのカプセルの様なものが、ステージ上部に現れ
いよいよライブ本編がスタート!!!

♪Back At One

w-inds.は3つのカプセルの中から、それぞれ登場。
衣装は銀色を基調とした、近未来っぽいもの。
最初はフード(?)を被っていて、登場すると同時にそれを払いのけ、バリバリと踊りだし。
このパフォーマンスに、私は松戸の時は興奮しすぎていたのか気付かなかったのですが
……なんか、神戸で初めて気付いて、”PRIME OF LIFE” Tourを思い出したよ。
懐かしいー!

そして松戸では、この曲の時、
w-inds.の後ろで、ダンサーさん達がフラッグを使っていたのですが
それがありませんでした。

うん、こっちの方が個人的には好き!
w-inds.に集中して見れるんだもん。

ていうかさ、前の映像で皆でカウントダウンして、ババーン!とw-inds.が登場するから
もうw-inds.が出てきた時の興奮って本当スゴくて…!
一気にテンションが「うわぁ!」ってなります。
曲もこの盛上がるには最適の曲だしね☆
1曲目から、楽しくて楽しくて仕方なかったです。

そして、この曲のダンスがまたカッコいいんだぁ*
カチッとした雰囲気のダンスっていうんでしょうか?
皆様おっしゃってますが、応援団とか軍隊とかっぽいです。

♪B.A.O.,B.A.O.,B.A.O,

での敬礼をしているみたいな振りだとか

♪Burinin’ Up! Burinin’ Up! Burinin’ Up!

でのボクシングでジャブをしているみたいな振りだとかが
個人的にツボりました。

♪IT’S IN THE STARS

前の曲からの移行がカッコいいです。
一旦 暗転→ミラーボールの光
ってのが……ヤバすぎ!!!
ライトニングだけでなくて、実際に頭上にミラーボールが設置してあるのもイイよね。

♪交わす Kiss に

の所で、慶太さんが投げキッスをすると、会場が絶叫で溢れるのが面白かったです。

♪Midnight Venus

この曲、皆で歌えて楽しいのもあるけど、ダンスもコーラスもカッコよかった〜♪
特にコーラス!

♪All Around The World, I will go searching for you

の所を皆に歌わせるから、慶太は歌ってないんだけど
時々龍一くんや涼平くんは歌ってるのね。(その時により違うけど…)
んで、コーラスがよく聴こえる訳ですよ!
それがホントにキレイで好きv

そしてここの部分の、ダンスも好きです。
手を上下にフワフワヒラヒラさせる振りが
なめらか〜な感じで、素敵すぎるっ。

映像

「脱出」

「2XXX年 安息の星」

という文字とともに、今度は最初の映像とは打って変わって
癒し系の映像が流れ出しました。
この時のバックミュージック、個人的に好きv
どこかで聴いた様な、懐かしい雰囲気の、穏やかな音楽なのー。

主に映像に映し出されていたものは、自然。
特に植物だとか、大地だとかが多かったかな。
誰かがカメラを通して、風景を見ている様な雰囲気。

「かつて、地球も美しい星だった」

「再び取り戻せる日がくるのか」

「滅亡まであと 30日」

という文字が、映し出されます。

ていうか、速………ッッ!

さっきまで60日だったのに、3曲で30日も経っちゃったのかYO!
と、会場の誰もが思った事でしょう。笑
失笑でややザワつく会場。
そんな中に、再びw-inds.は登場しました。
着替えていて、衣装は白を基調とした、カジュアルなものでした。

♪TRIAL

この曲をw-inds.が歌い始めて、この会場、音響が良いなぁ〜と思いました。
音が反響していたのもあって、会場の前からは勿論、床からも後ろからも音が響いてきて、ヤバかった!
w-inds.の歌声に包まれてる…とは使い古された表現ですが
でもそんな感じだった。

しかもこの曲の歌い方、ダンスの仕方が大好きです。
PVと同じ振りなんだけど
最初の方は壊れ物を扱うみたいに、繊細に、優しく踊ってるんだよね。
だけど段々と、激しく、力強くなっていって。
その加減が最高すぎるよ…。

特に最後に3人で並んで一緒にダンスしている所なんて、素敵すぎてヤバかった。
皆めちゃめちゃ笑顔だしさぁ。。。
お互いの顔を見合いながら、すごく楽しそうに踊ってる姿に、感激しました。

♪約束のカケラ

この曲の時、バッグでカケラっぽい映像が流れてて面白かった…笑

なんだか私、松戸の時には、ダンスが変わってる、言ってましたが
実際、全然変わってませんでした。…ごめんなさい。

大サビの所で、
慶太+涼平くん だけが歌ってる所があるのですが
その時の龍一くんが、浸ってるっぽい雰囲気で、ちょう可愛かったです。

♪今宵街は 穢れもなく

で龍一くんと涼平くんが、立ち位置を交換するためにすれ違うのですが
その時の2人が、楽しそうに笑ってる姿も可愛かった!

MC

いつも通りの挨拶MC。
今日もやっぱり龍一くんがご挨拶☆

龍「暑いね…暑いね…ハァハァ
  暑いね!」

なに今の!!!
間の怪しげな息づかいは何ですか!?!!
と激しく気になりました。笑

1階元気〜?2階元気〜3階元気〜?わきも元気〜?
と、皆に聴いた後

龍「皆いい顔してるね〜。
  一人一人、写真に取って送りたいくらい!」

と言ったため、会場中が「キャー!」と沸き立ちました。

今日もよろしく!的な事を言い、次は涼平くんのご挨拶。

涼「今日のライブは、色々なものを詰め込んできました!
  皆、ついてこれるかな?!
  ペース配分考えて、特別なライブにしましょう!
  一生の思い出になるようなライブにしようね!」

んで、次は慶太の挨拶…なんですが

慶「こんにちはー!
  …否、こんばんは、かな?」

龍「みんなすごいねぇ。どうですか?慶ちゃん」(慶ちゃんんって…!!)(ぐはっ)

慶「……」

龍「彼、あんまり喋ると、これから声が出なくなりますんで」

慶「いや、、、そこまで弱くないです」

と、龍一くんと絡んでて、可愛かったーv

♪Balance

この曲のギターの音がすごく好きv

そしてやっぱり可愛いなぁ…と。(そればっか)

♪目に見えない絆で

の所で、両手で顔を隠す様なダンスをするのですが
その時に、手の間からちょこっとだけ目が覗いたりするのが、可愛すぎるよ〜><

♪風詩 -kazauta-

元気で楽し気な雰囲気から一転。
バリバリのバラードで、橘慶太さん大熱唱。

…何度も言った気がするけど、バラードを歌う時の慶太って本当に凄いよね。
「歌手・橘慶太」って感じ。
この日の慶太は、声の調子もよくて、泣きそうな位に素敵でした。

♪お揃いにしていた この腕時計が

の所で、慶太が腕時計をさする様な振りをするのですが
それを見て…うわぁああー! となりました。
ちょっと素敵すぎるよ、慶太くん!!

そして普段はバラードの時は手を上下に動かす位しかしない涼平くんが
この日はなぜだかノリノリだったらしくて

♪聞こえるかい?

の所で、手を耳にかざしていて
それを見て、また うわぁああー! となってました。笑

映像

「侵略」

今度の映像は、炎に燃え盛る町並み。
その映像の下部にうっすらと映し出されている、大仏さんみたいなオジサンがやたらと気になりました。笑

ま、それは置いておいて。
w-inds.の3人のシルエットが映し出されます。

「最後の決戦へ」

「滅亡まであと 30日」

……今度も速いなぁ〜…笑

♪Hush…!

この曲、ライブ化けするよね。…ホント素敵すぎ。

特効の炎と、スモークにより、攻撃的な雰囲気に包まれたステージに、w-inds.登場。
黒のロングコートを着ていて、めちゃめちゃカッコいいです。
特効スゴすぎで、若干暑かったという噂もありますが
(3階にいた私でも暑かったんだから、1階はマジ暑かったと思われます。…)
でもカッコいいから、全て良し!笑

………はあぁぁー、素敵。(ため息)

何て言うのでしょうか。
この全体的に漂う、アダルトなムードがたまりません。

慶太の歌い方も、CDに比べてねちっこいと言うか…
語尾を伸ばしぎみなんですよね。
そして情熱的!
龍一くんのラップも、「声にならない音」って感じで、素敵です。

♪イツカ 消エテ 失クナル。

で、全員が少しステージの高くなっている所に行くのですが
その時は振りが決まってないのか、各々で好きな行動をしているんですよー。
んで、この日の龍一くんは、力一杯に地面を叩く様な振りをしていて
それに ズキューン!と、心臓を打ち抜かれました。
やっぱり龍一くんはカッコよすぎる…!(再確認した瞬間)

客席の方を向かずに、横を向きながら(?)
腰に手を当てて、クックックッと腰を振るダンスの振り(わかりにくい…)も、めちゃカッコよかったです。
その時に顎の辺りもカクカクーッとなってるのが、また可愛くて良い!

でもね、この曲、あんなにカッコよくて素敵なのに
なぜかこの日の龍一くん、曲の途中で突然ダンスをやめてしまい。
「あれれれ?どうしたの?」と思っていたら
なんと龍一くん、シャツをめくって、お腹を掻き出しちゃったのーーー!!

ぎゃあ、可愛い!
可愛いけど、ステージ中に何やってるのさ、この子は!
でも可愛い!!!!

そしてお腹を掻き終わったら、何事もなかったかの様に
またダンスを再開していたのが、愛しくて仕方なかったです。

♪1 or 8

『Hush…!』の終わりと、『1 or 8』の始めとでは
龍一くんと涼平くんの立ち位置が違うのですが
曲と曲の間で、一旦ステージが暗転するで、その間に位置替え。
…するのですが、それがまた素敵なんだぁ!

普通に歩いてるんじゃなくて、泳ぐ(?)様な…この曲の間でもやっていた振りをしながら、2人が動いてるんですよ。
それがカッコいい!

曲中のダンスもカッコいいです。
何かをすくう様な振りだったり、前倒れになる様な振りだったりが
個人的には特にカッコいい!と思いました☆

あ、ちなみにここからは黒のロングコートを脱いで、迷彩(?)の衣装を着ていました。

♪Sup wassup!!

曲のイントロ→(ダンスコーナー)→歌スタート!
って感じでした。

ダンスコーナーでは
龍一→慶太→涼平
の順に、ソロダンス披露☆

龍一くんのソロダンスが終わった後に、慶太のソロダンスに移る、その移り方がちょう可愛いです。
見てない人は、今度絶対見てみて!笑

龍ちゃんがソロダンスを終える頃ぐらいに、慶太がステージに出てくるんですが
出てきた慶太が、龍一くんに対して、手で「シッシッ」と振り払うマネをするんですよ。
すると、龍一くんが、「うへぇ〜」っていうような、グシャッとした顔をするの。
それがホント可愛くて可愛くて……大好き(ノ∇≦*)

ダンスコーナーが終了してから、曲に移行する部分もカッコいいです。
ドラムの ダン!ダン!ダン!ダン! という、パワフルな音に合わせて
ダンサーさんの背中にポーズを取りながら、それぞれ立ち登っていた3人が
いっせいに降りて行く、その瞬間がカッコいい!

そして曲がまた、盛り上がる盛り上がる……
楽しいよね!

w-inds.のメンバーが客席にタオルを投げ入れたりして、客席の興奮もスゴかったです。
でもこの日はなぜか、龍一くんだけタオルを客席に投げていなかったので
それだけが気になりましたが…何はともあれ、楽しかった!

MC

龍「暑いね〜…暑いね〜…」

本日やたらと「暑い」を連発する龍一くん。笑
んもうっ、可愛いんだからぁv

涼「1秒1秒を逃さない様にしてるんだねー。
  カッコよくしなきゃ!」

龍「じゃあ、カッコいいポーズしなくちゃね」(と、言いながら、腰に手を当てる龍一くん)

慶「(龍一くんを見ながら)それがカッコいいポーズなの?(疑いの眼差し)
  んじゃ、俺も。(と、言いながら、龍一くんと同じポーズをする慶太)」

会場「きゃーーーー!!!」

龍「え、慶太がすると、カッコいいんだ?! (自虐的ー…)
  じゃあ、これは?!」(と、言いながら、慶太の脚に触れながら、飛行機みたいに傾くポーズ)(わかりにくくてごめんなさい;;)

龍「こうやって、慶太の脚に触ってるのがポイントです!」

と、めちゃめちゃ嬉しそうに言ってる龍一くんが、可愛かったです。

んで、何がどうなって、そうなったのかは覚えていないのですが(…)
豚まんのお話に。

龍「ライブが始まる前、豚まん食べてきました!
  …えっと、何てお店だったっけ?行ったことある人いる?」

否、そんな店の名前が分からないのに訊かれても、分かんないって…!!笑

龍「(慶太に向かって)豚まん、食べたよね?」

慶「いや、、、」

龍「ゥア”ッ」(しゃがれた声で)

龍「(涼平くんに向かって)豚まん、食べたよね?」

涼「いや、、、」

龍「ゥア”ッ」(しゃがれた声で)

って、この龍一くんのしゃがれた声が、すっごい可愛かったですvvv

涼「えっと、じゃあ、ちょっとそこまで買いに行ってくるよ」

龍「えっ、出掛けるの?!」

涼「うん、豚まん買いに」

慶「あ、じゃあ僕は神戸牛取りに行ってくる!」

…神戸牛取るって…!!!爆笑
慶太、かわえぇ!!

そんなこんなで、涼平くんと慶太はステージから去り、龍一くんだけが残されました。

龍「行っちゃったねー。
  皆、今から追いかければ、慶太と涼平に会えるかもよ!」

と、おどけて言う龍一くんだけど、静かな会場。

龍「ちょっと、皆「そんな訳ないじゃん!」って顔してるね…
  さっきまでいい顔してたのに…」

ここでも「いい顔」を連発する龍一くん。
…話題を引きずるなぁ。笑

龍「えっと、俺の記憶が確かなら……記憶力がない人なんですが……
  神戸って数年前に学園祭か何かで来たよね?」

あぁ、行ってましたね〜。
学園祭ライブ。2003年に。
私が受験中で、行くって言ったら、親に猛反対くらって行けなかったあのライブ。
行きたかったなぁ。行けば良かったなぁ。(未だに後悔中)

龍「確か、山の上の方の学校で、頭よさげな学校だったんだよね。
  その学校に行ってるよー!って人、いる?」

と、会場に訊くと、だいたい5分の1ぐらいの人が手を挙げてました。

龍「ちょっと、皆嘘ついてるでしょー!
  その時も思ったんだけどさ、神戸の街ってキレイだな、って思って。
  昨日も神戸に来る時、バスの中から夜景がキレイだな、って思ったんだ」

ていうか、昨日からいたんだ?!
愛媛のライブが終わって、速攻神戸まで移動したんだねー。
相変わらず、忙しいなぁ;;

龍「神戸って、おいしい物もたくさんあるよね!
  今回こそ神戸牛食べに行かなくちゃ。
  でも神戸牛って高いから、皆で行けなくて…w-inds.だけで行かなくちゃ。
  皆も行く?」

すると、会場中の皆が、「はーい!!」と元気よく挙手。
私も挙手。笑

龍「これってやっぱり、俺が奢らなきゃいけないんだよね…
  やっぱり豚にしようか!
  …否、やっぱり鶏で…!
  ……あ、でもやっぱり焼き鶏にしよっか!
  って、こんな事ばっかり言ってたら、俺、怒られちゃうねっ」

とか言ってましたが

w-inds.と食べにいけるんだったら
神戸牛だろうが焼き鶏だろうが、私が奢っちゃう!!!

と、私が思ったのは言うまでもありません。

程なくして、着替え終わった慶太と涼平くんが登場。
次の衣装である、カジュアルスーツを着ています。
登場するなり、龍一くんを責め立てる2人。

涼「龍一くん、さっき嘘ついてたね」

慶「うん、嘘ついてた」

龍「……?!」

慶「この人、昨日のバスの中でずっと寝てたんですよ」

龍「え、起きてたよ!」

涼「寝てた、寝てた。おまけにヘデドフォンまでして。
  周りの音、阻害してた!」

「阻害」って……。
涼平くん、それを言うなら、遮断だよ……。笑

龍「ひどいよね。俺、2人に言われたら、逃げ場がないじゃん」

と、言いながら、じりじりと後ろに下がっていく龍一くん。
最後には

龍「うわぁーーーーん!!!」

と泣きまねをしながら、ステージから去っていきました。(可愛い!)

そしてステージに残された、慶太と涼平くん、2人でのトーク。

涼「神戸って、甲子園があるよね?
  うちの整体師さんが沖縄出身なんですけど (たばちゃんの事ですねv)
  昨日、沖縄が試合だったから、一緒に見に行きたかったんだ。
  …でも、僕はライブをとりました!!!」

と、やたらと偉そうに言う涼平くん。笑

慶「でもさ、それって、普通だよね!!」

涼「あ、そっか。笑」

慶「それに涼平くん、w-inds.のリーダ−じゃん」

涼「俺、よく考えるんだけどさ、最初のカプセルが開いた時に
  俺だけいなかったら、笑えるよね。」

否、笑えないから!!!
ていうか、そんな事よく考えてるのかよ!!!

涼「俺の所に「欠席」って貼ってあったりしてね」

慶「きっとさ、僕と龍一くんのファンは笑うよね。
  での、涼平くんのファンはキレるよね。」

私、龍一くんのファンだけど、キレると思うんですが……。

涼「もう涼平なんて応援しない!! みたいにね」

慶「もう神戸牛なんてあげない!! とか」

涼「貰った事、ないけどね」

会場(笑)

そんな話をしているうちに、龍一くん登場。
そして、さっきの「嘘ついてた」話をむしかえす、慶太と涼平くん。

龍「なんだよー!」

涼「そっちこそ、なんだよー!」

と言いながら、ケンカの真似をし出す、龍一くんと涼平くん。
それを止めに、中に入ろうとする慶太。

すると今度は龍一くんと慶太が、ケンカの真似をし出して。
涼平くんが、止めに中に入ろうとしてました。

このケンカ真似、可愛かったv

♪空から降りてきた白い星

この曲で踊っているのが、初めて見た時は違和感しか感じなかったのですが
2回目に見ると、なんだかカッコいいかも…と思えたのが不思議です。笑
イントロ音が、CDと違うのも良いなぁ〜、なんて思ったりv

椅子を使ったダンスなのですが
最初は3人がただ椅子に「座っている」だけなのに
そのただ座っているだけのポーズが素敵で。
というか、座っている時のシルエットが、素敵だった。
なんで座っているだけなのに、あんなにもカッコいいんだろう。

♪ずっと抱きしめよう

の所では、椅子から立ち上がって、抱き締める様な振りをするのですが
それに、めちゃめちゃ痺れました。

『変わりゆく空』でのように、ギュッと零さない様に抱き締めるんじゃなくて
まるで自分と自分の腕との間に、人がいるかの様に、抱き締めるの。
カッコよすぎて、どうしようかと思った…。

2番では、椅子をたたみ、ステージ上部でスタンドマイクを使って熱唱。
スタンドマイクを両手で包み込み、本当に熱唱!!って感じで、最高。

バックに雪をイメージしたっぽい映像が流れているのも
雰囲気満天で良かったです〜v

最後の慶太のフェイクも、すごく高い音で、キレイで素敵でした。

♪十六夜の月

やっぱりこの曲、好きだわ…。
何だか聴いていて、安心するんだよね。
ダンスもPVと同じなのが嬉しかったです。
(PVでの十六夜の月のダンス、個人的に大好きなんだよね…。)

エレベーター(?)を使って、w-inds.はステージ上部から下部へ降りてきた時は
やっぱり嬉しいような切ないような気持ちになりました。

♪影法師

この日は私は3階席にいたのですが、そうするとステージ床のライトニングがよく見えるんだよね。
松戸の時は1階席だったから気付かなかったけど
影法師の時のそれが、とても美しくて素敵でした。

オレンジ色と青い色の、ステンドグラスっぽいライト。
でもそれが、曲が進むにつれて段々と色褪せていき
最後にはセピア色になっていたのを見て、何とも言えない様な想いに縛られました。

曲中で、コーラスの方を、フェイクっぽく歌う慶太も素敵だった…。

MC

龍「時間が経つのは速いねぇ。
  もう、次で最後のブロックになりました。
  それでは、次の曲、聴いて下さい」

と言って、速攻次の曲へ。

えっ、はやっ!!!

否、時間が経つのが速いとかじゃなくて(それもあるけど!)
ここのMCが終わるのが速すぎ!

…後から思えば、この日にあったPV撮影のため、時間が押していたからだったんだろうけど
この時は真面目に驚いたよ、ホント。

♪四季

いきなりアカペラで始まったからビックリ!

♪So I cannot forget 4 seasons we’ve lived in/君がいない四季を渡るよ

の所を、アカペラで歌う事から、曲が始まったので、もうヤバかった!
この曲、ただでさえ大好きなのに〜〜〜ッ!!><
それだけで涙が出そうになったよ……。
胸が、苦しい。

なんかさ、アカペラがキレイすぎたせい、ってのもあるんだけど
アカペラだから、通常より少しだけテンポが遅くなってるんだよね。
だからこのアカペラを聴いて、時間が止まった様な気分になりました。

♪キレイだ

PVと同じダンス。
しかし階段でのダンスはなしでした。

大サビの所で
龍一くんと涼平くんは、ステージ上の少し段差がついた部分に足をかけ
静止したままポーズを取っているのですが
その時の涼平くんのポーズが好きv
ダラーンとしてるんだけど、してない、みたいな。(意味不明)
いやぁ〜、美しかったです。

f9900;”>♪Long Road

『Back At One』ではなくなっていたフラッグを使ったパフォーマンスも
この曲では、ちゃーんと健在。いやん。笑

否、別にこのフラッグを使う事自体は、私は結構好きなのですが
大サビで、フラッグをアーチ状にして、そこを慶太がくぐる所があるのですが
その時、思いっきりダンサーさんたちがフラッグを振りまくるから
龍一くんが隠れちゃって、見えないんだよね…(そこかYO!笑)
ま、いいけどね。。。

曲の最後、音楽がまだ流れている所で
w-inds.の3人は

「ありがとうございましたー!」

と言いながら、いやにアッサリ退場していきました。

映像

「再び平和が戻った」

という文字とともに、花火が上がりまくり、幸せそうに手を繋ぐ1組の男女のシルエット。
地球を包み込む両手(?)をバックに

「w-inds. Live Tour 2006 〜THANKS〜」

の文字が映し出されていました。

アンコール

♪Special Thanx!

「アンコールありがとう!」

と言いながら、w-inds.再び登場。
ライブTシャツとライブタンクに着替えてきたのは良いのですが
相変わらずあのダッサいパンツ履いてます。

龍一くんはツアーの最中、激しくダンスしすぎたのか
松戸で見た時はピカピカだったパンツが、今では穴だらけ。
コラボジーンズのメンズのダメージ並みに、ボロボロです。笑
だからどうせなら、コラボジーンズを履いてくれ…!(しつこい)

曲はとても可愛かったよ〜!
そして意外にバリバリ踊ってました。
フォンの所とか、、、歌わずに踊りまくり。

個人的には

♪ありふれたその一言 今、伝えたい

の所のダンスで、3人の脚が器用にウネウネと動いているのが好きです。

w-inds.は途中、客席に手を左右に振る様に促すのですが
慶太の両手で手を左右に動かす動きが、何だか可愛くて仕方なかった。

♪SUPER LOVER 〜I need you tonight〜(レゲエバージョン)

松戸では「なくなってる!」と密かにショックを受けていた

♪I need your love tonight

の、龍ちゃんソロパートが復活してて、ちょう嬉しかった!!!!!
あぁ、もう最高。大好き。愛してる。(壊)

このレゲエバージョンって、踊りが可愛くて、しかも覚え易くて好きなんだけど
(この日は、サビだけだけど、w-inds.と一緒に踊ったよ☆)
曲の始まり方も好きだなーv

慶「SUPER LOVER, tonight」

って、慶太が囁く(?)声が、素敵に素晴らしくて
もうメロメロでした。

MC

龍「この会場に、今2000人ぐらいの人が集まってるんだよね。
  こんなに沢山の人が集まってくれて、嬉しいよ。
  でも何でこんなに集まってくれるんだか、分からないです…」

涼「w-inds.のどこがよくて、こんなに集まってくれてるんだろうね。
  パワーがあるのかなぁ?」

龍「来年も、またライブをしたら、集まってくれるかな?」

涼「その時のためにも、練習いっぱいしとかなきゃね」

ま、まじめだなぁ……。>涼平くん。
でもだからこそw-inds.が好きなんだよ。。。

♪蝉時雨

影法師と似た様なライトニングでした。(微妙には違いましたが…基本は同じ)
でもカッコよかったー!

1番と2番の間で、一瞬音がパッと止まって、静寂になる所があるのですが
そこが何となく、少しだけ、怖かった。
なんでだかは分からないけど。

バンド紹介

バンドさんとダンサーさんを、全員いっしょくたに一列に並ばせての、紹介でした。
紹介の時、龍一くんがKENさんと、何やらヒソヒソやってて、仲良さそうで可愛かったーv
でもね、この日の紹介、ハラコさんの紹介がなかったの…
ハラコさん…(´・ω・`)

さて、ここで前日の愛媛で「もう1回」コールをしつこくしたら、
新曲・ブギウギ66をw-inds.が歌ってくれたからか、、、客席からは大量の「もう1回」コールが。
でも一旦w-inds.のメンバーにそれを鎮められ。

慶「今日会場に来た人は本当にラッキーだよ〜」

涼「うん、そうだね」

龍「うん、本当に運が言いよねー」

と口々に言う3人。

新曲歌ってくれるのかな?!(わくわく)
ぐらいの気分だったんだけど、なんと

龍「今日はこれから新曲『ブギウギ66』のPV撮影をします!!!」

涼「これから準備してくるから、ちょっと待っててねー」

と言って、去っていくw-inds.。

え、えぇぇぇぇぇええええええーーーーーー!?!!

もちろん会場は大変な騒ぎに。
私、普段のライブでは、めったに叫ばない人なんですが、この時ばかりは叫んだよ。

本当にビックリしました。

ていうかまたいつもの龍一くんの冗談かと思ったら
w-inds.が去っていったら、スタッフのお兄さんが登場して、注意事項の説明などをしていて。
あぁ、本当なんだな、と。
スタッフのお兄さんが、とても嬉しかった。笑

注意事項としては

・ペンライト・サイリウムなどの光っているものはダメ
・頭につけているものは、なるべくしまう
・ミッキーの手などのキャクターものはしまう
・カメラの前に出たり、席を離れちゃダメ
・スタンド席の人は、落ちない様に気をつける。笑

など。

面白かったのが

お兄さん「場所によってはカメラによってステージが見えない事もありますが
     その時は………………我慢して下さい」

との事。
そんな、非情な…!笑

そして今日は2度撮影する、との事。
うへぁ〜……い、いいの?!
嬉しすぎるんですが。。。

w-inds.が衣装着替えたり、お化粧したりするのに10分程度かかるから待て
とも言われたのですが、この10分間の、落ち着かない事。
到底「夢」じゃない、と。信じる事が出来なさそうでした。

♪ブギウギ66

って事でPV撮影。

…もうね、嬉しすぎた。信じられなかった。
しつこくて、ごめんなさい。

だって『キレイだ』とか『約束のカケラ』とかで、観客アリのPVとか見る度に
いつも「私も呼んでよー!」と思ってたんだもん。
きっとね、本当のファンと、そうじゃない人では、「笑顔」が違うと思うんだ。
皆心から楽しそうな顔で笑ってるんじゃないかな。

加えて、私がこの目で見たものがそのままPVになるだなんて
こんなに嬉しい事って、めったにないよ。
神戸まで…遠かったけど。最初行くかどうか迷ったけど。
行って本当に良かったです。
一生の思い出になりました。

さて、肝心のw-inds.のパフォーマンスですが。
勿論ステキでした☆
ちなみに衣装は、3人とも、赤のロングコートに、黒の飾り付きハット。

サイリウムなどの光り物のたぐいは全てしまう様に言われたので
手拍子でノってたんだけど、それも新鮮で楽しかった!
ていうか、ドワンゴカップ@日産スタジアムを思い出したよー。
あの時も、こんな感じだった!
会場が一体になっている雰囲気が、たまらなく心地よかったです。

PV撮影ということで、口パクだったのと
あとメンバーがカメラを意識していて、全く3階を見てくれなかった事が
少し哀しかったけど…仕方ないですね。これは。
ダンスがカッコよかったし、楽しかったので、全然オッケーです!

そう、ダンスがこの曲は本当にカッコいいんだよね〜*
3人ともそれぞれの魅せ場があって、迫力がスゴい!
ソロでのダンスは

慶太:皆が地面にバタンと倒れている間に、ウネウネした(?)ダンス
涼平:右手をついて、一回転・とんぼ返り
龍一:涼平くんがやりそうな、ブレイクダンスが中心のダンス

って感じでした。
でもどうして皆、結構アクロバットに動いてるのに、ハットが頭から落ちないんだろう。(疑問)

ダンサーさんも引き連れていて、カッコいいことこの上なかったです。
PVの出来上がりが、今からとても楽しみ!

これにて、神戸ライブ1日目は終了しました。

………楽しかった。

最後のPV撮影というサプライズで、終わった直後は嬉しすぎて訳わかんなくて
記憶がぶっ飛ぶ程に興奮していたため
お会いした方には、大分迷惑かけまくりましたが(…)
今、思い返しても、あれは本当に幸運以外の何物でもなかったな、と。

そしてそれ以外も、レポートの長さが示している様に(笑)
本当始終楽しくて、忘れられないライブになりました。
w-inds.ありがとう。

この日の私の席は3階席だったので、一般的に言えば、全然良くない…むしろ悪い席だったと思うんだけど
それでも全然構わないと思える位に、良いライブだったよ。
むしろ松戸が1階席の前方での参戦だったので、ステージ全体の様子が見渡せて、嬉しかったなー。
遠くても、w-inds.から発せられる力は、充分に届いてきました。

なんと言っても、間にドワンゴカップに行っていたとは言え
私はw-inds.のライブに行ったのは、ほぼ1ヶ月ぶりだったこの日。

w-inds.が…龍一くんが動く度、それだけでもう嬉しすぎて
あぁ、ここまで来て本当に良かった、と、心から思いました。

ライブが終わって思う事は、やっぱり

w-inds.とw-inds.のライブが大好きだ!

と言う事。

こんなに楽しい事って、他には見つけられないし
w-inds.のライブがある、と思うだけで、毎日の生活を頑張れる。
これって凄い事だと思うんだよね。

龍一くんは「なんでこんなに沢山の人が集まってくれるのか分からない」と言っていたけれど
それもこれも全部、君らが好きだからだよ!!!!
と声を大にして叫びだかったです。笑

どうしようもない位に、大好きです。
これからのライブも、たくさんたくさん楽しみにしてるからね。

 

レポート

Posted by Yuu