*旧サイトログ*2006年7月9日 『w-inds. Live Tour 2006 ~THANKS~』 in 松戸・森のホール21 ライブレポート

セットリスト

 映像

1*Back At One
2*IT’S IN THE STARS
3*Midnight Venus

 映像

4*TRIAL
5*約束のカケラ

 MC

6*Balance
7*風詩 -kazauta-

 映像

8*Hush…!
9*1 or 8
10*Sup wassup!!(曲の最初の方にダンスコーナーが組み込まれていました)

 MC

11*空から降りてきた白い星
12*十六夜の月
13*影法師

 MC

14*四季
15*キレイだ
16*Long Road

((アンコール))

17*Special Thanx!
18*SUPER LOVER 〜I need you tonight〜(レゲエバージョン)

 MC

19*蝉時雨  

 

 

ライブレポート

 

映像

「20XXX年 地球滅亡」

みたいな感じの文字とともに、赤く燃える地球の映像。

うそーん!
ていうかそんな縁起でもナイ事、言うんじゃないっ!!笑
それにしても2万かいっ、相当先の事だなぁー。
とか思ったり。

この後、パソコン画面に文字が映し出され
スクリーンいっぱいの大きな文字で「10」からカウントダウン!っていう演出がありました。
これ、カッコよかった!!

ていうか、ドキドキするねっ。
あと10秒で愛しのw-inds.が出てくる!!!!と思うと、もう胸が苦しくて。
ペンライトを壊れそうな位に強く強く握りしめていました。

♪Back At One

ステージ上方に現れた、3つのカプセル(?)の中から、w-inds.登場。
衣装は…銀色だった気がします。宇宙服っぽかった。

でも詳しくは覚えていません。(ごめんなさい)
だってもうあんなに会いたかったw-inds.が目の前にいる!
と思うと、それだけで嬉しすぎて、訳わかんなかったよ。

一曲目でこの曲なの?!って意外にも程があったんだけど
最初っから、こんなに飛ばしてイイの?!って位に、会場を盛り上げる3人。
楽しくて、楽しすぎて、ホントにw-inds.のライブにやってきたんだ、と実感しました。

あぁ、もうホント最高。w-inds.最高。
だってこんなに楽しくてドキドキしてワクワクする瞬間なんて、他にないもん。
このさ、ライブ会場特有の、床から音が響いてくる感覚って、素晴らしいよね。
この日の、このライブ。来れて良かった。

w-inds.の歌声と、ダンスと、それだけが全てで。
そこにいる皆が、それの為にやって来ている、っていう。
この空間が大好きです。

っていう、ライブ終了時に思う様な事を、既に思ったりしてました。…

ところで後ろの方で、ダンサーさんが、グッズのフラッグを振っていまして。
ちょっと欲しかったフラッグが、もの凄く欲しくなりました。(たぶん今後買います。笑)

♪IT’S IN THE STARS

最初の慶太のおたけび(?)が外国人みたいで、カッコよかったです。

この曲の時、FCイベントの時にもいた、黒ヘルメット軍団がまたもや登場していて
「うへぁ〜」って気分だった。(何)

IT’S〜時は、この人たちが登場する、という事に決まったのでしょうか。
制作者側のお気に入り演出?!笑

そして私はこの曲の時、初めて涼平くんが金髪にしていた事に気付きました。(遅…)
否、だって久々の龍一くんが嬉しすぎて
しかもこの日の龍一くん、すっごく良い表情して踊ってて、目が離せなかったの><

涼平くんの金髪、ビックリしたよ〜。
根元が黒くて、サラサラーっとした髪の毛を下ろしていて、すごくイイ!!
色が若干黒かったからか、以前金髪にしていた時よりも男前!って感じでカッコよかったです。

♪Midnight Venus

IT’S IN THE STARSの後は、『Philosophy』が来るモンだと、私は勝手に思い、身構えていたので
この曲のイントロが流れてきて、もの凄くビックリしました。(…)

でも楽しかったー!!
今回も皆に

♪All around the world

の所を歌わせたりしていて、もうノリノリ♪
やっぱりこの曲、テンション上がるねぇ!!
ピョコピョコと(って、そんな表現が似合いそうな風に!)跳ねてる龍一くんが可愛くて仕方なかったです。

この曲が終わった後、w-inds.は各々のカプセル(?)の中へと帰っていきました…笑

映像

「安息の時代」

という文字とともに、今度は大自然の映像。
…緑がいっぱいでした。
鳥のさえずり声がささやかに聞こえてきたりして、平和な雰囲気。

前の3曲で盛り上がりすぎだから
こんなに熱くなってる、しかも始まったばかりの時に、クールダウンさせなくても!
とちょっと思ったけど(笑)、なんか和みました。

♪TRIAL

白を基調とした、カジュアルな衣装で登場。

この曲、聴けて嬉しかったよー!
ていうか最後のダンスが見れて嬉しかった!

だってPVだと

涼平くんソロダンス→涼平くんが龍一くんにタッチ→龍一くんソロダンス→龍一くんが慶太にタッチ

で、なぜかダンスシーンがブッチ切れてるんですもんっっ。

この後どうなるのさ!
どんなダンスしてるんだよっ!

と気になって仕方なかったので…。

実際は、慶太のソロダンスではなく、龍一くんが慶太にタッチした途端
3人同時に踊り出してました。

このダンスが可愛くてさぁ〜v
3人とも時々横を向いて、お互いの顔を見ながら見ながら、ちょう笑顔でダンスしてるの!!
きゃー!ちょう可愛いよーーー!!o(>_<)o

♪約束のカケラ

アコースティックではなく、シングルver.で。
この曲、w-inds.cafeでいっぱい聴いたから、やたらと聴いた気になっていたのですが
生で聴くのは何気に今回が初☆

ちょっとだけですが、ダンスが違った気がしたんだけど…
両手でズンズンする振りの方向が違った!気がした!(爆)
わかんないっ、なにせ興奮しまくってたから、間違っているかもですが……
今後のライブで確認しますー。

MC

ライブが始まって最初のMCなので、いつも通りにご挨拶☆

会場全体を盛り上げてくれたり
ここが、今年で最初のライブ会場です、ということなどを言っていました。

龍「今日のライブは
  日頃の哀しいことや辛いこと、楽しいこと……楽しいことは違うかな。
  そういうマイナスな事を、プラスに変えていって下さい!」

♪Balance

この曲の照明の使い方が、凄く好きだと思いました。

後ろの方で、7色ではなかったんだけど、虹みたいに光っていて
それが曲やダンスと合ってたんだよねぇ。ステキ〜*

w-inds.の声が空中を突き抜ける様で
曲全体がキラキラと輝いていて
そんなw-inds.も眩しくて、なんだか心を打たれたよ。

♪風詩 -kazauta-

慶太くん、大熱唱。

…感動したー…><

この曲の前まで、龍一くんばっか見ていた、っていうか
ほぼONLY龍一くん鑑賞、って感じだったのですが
風詩の時ばかりは、あまりにも熱のこもった歌声に
慶太に視線が吸い寄せられて、1度見たら剥がす事が出来ませんでした。

映像

今度は地球と一緒に

「侵略」

の文字が。

し、しんりゃくデスカ?!
ケロロ軍曹?!と思わず考えた私は相当ダメだと思います。

しかもその後は

「男の戦い」

の文字。

ケロロ軍曹の次は、エヴァンゲリオン!?!!(このオタク、放っといてください)(…)

そんな感じでアタフタしている間に、w-inds.登場。…

♪Hush…!

衣装チェンジ☆
で、黒のロングコートを着ていたのですが

もうこの曲 カ ッ コ よ す ぎ ……… !!!!

CDで聴いていた時は、こんなにカッコいい曲だと思ってなかったよぅ。
ダンスといい、慶太の歌い方といい、魅惑的すぎた!

そう、特にダンスだよ!
いつの間に、こんなにもオトナの男!っていう雰囲気をまとう様になったのか。
「シーッ」っと口に指を当てながら、横にスライドする所とか
間奏の所で、段階的(?)に動く龍一くんが、カッコよくてカッコよくて……らぶ。

しかも!ラップがたまりません!
かすれる様な、ささやく様な声で、あまりのカッコよさに、私は腰が砕けそうだったよ…。

なんて言うか…ホントもうカッコよすぎた。
これなら浮気しても仕方ないわ!!!爆

♪1 or 8

『Hush…!』から『1 or 8』への流れが良かった!
すごく自然なの。
前の映像とも合ってるし◎

でもロングコートを脱いじゃったのが残念><
カッコよかったのに〜。
だけど下に着ていた衣装だけでも、カッコよかったです。
男の戦いっぽかった。(…?!)

♪Sup wassup!!

曲の最初の方に、ダンスコーナーが組み込まれていました。
このレポートを書いているのが、ライブから結構時間が経ってしまってからなので
具体的にどんなダンス!っていうのは、あまり覚えていないのですが…

でもね、慶太のダンスがめちゃめちゃカッコよかった!!!
っていうのは、よく覚えてる。

去年のライブのダンスコーナーを見た時、慶太だけ前年と同じ様なダンスをしていて、
勿体ないなぁ、と思ってたの。

だけどそれとは打って変わって、今年は全然ガラッと雰囲気が違って。
ステージの真ん中で1人で踊っている、っていうのは変わってなかったと思うんだけど
ダンスの全体的な色も違ったし、何より迫力が違ったんだ。

本当カッコよかった!
慶太に惚れ直しました。

んで、曲。
この曲で、盛り上がらない方がオカシイよね!

途中から、3人ともタオル(グッズのタオルだったかどうかは、確認できず;;)
を持ち出して、ブンブン振り回していました☆

お客さんにも、タオルを振り回してる子がいたりして。
Fire Flowerみたい。
私はペンライトをぐるぐると振り回してたんだけど、楽しかったなぁv

MC

ここで慶太と涼平くんは、裏に下がり、龍一くんだけステージに残されてました。

もしや今年はライブでもソロコーナーがあるの?!

と思ったのですが、そうではなく。
…単に順番に着替えているだけだったよ。。。笑

んで、龍一くんのソロトーク。

龍「松戸といえば、マツドナルドだね!」

と、訳の分かんない事を申す龍一くん。
かわえぇ…*(ほわーん)

どうやら昨日、電話でお友達と話していて、そんな話題が出た様です。
かわえぇ…*(ほわーん)(再び)

しかも訳が分かんない事を言ってる、ってことに自分でも気付いたらしく

龍「俺、こんなに大人数相手に、何話してるんだろ…」

って言ってて…!
この言い方が、フと我に返った風な、恥ずかしそうな言い方で、ちょう可愛かったvvv

あと…写真集撮影でグアムに行った時の話をちょこっとしてたかな。

グアムはファーストフードぐらいしか食べるものがない、と。(そんな事ないだろ!って思ったけど…笑)
だからグアムでファーストフードばかり食べていたら、それがクセになっちゃって
日本に帰ってきてからも、しばらくは毎日ファーストフード食べてたんだって。
でもw-inds.のライブでカロリー使って痩せるぞ!って言ってました。

そんなこんなでグダグダなトーク(独り言?笑)を繰り広げていると
着替え終わった慶太と涼平くんが登場。
2人に向かって話し掛けるんだけど

龍「松戸と言えばマツドナルドだよね?」

慶「…龍一くん、どんな話してたの?」

と、冷たくあしらわれてる龍一くんが可愛かったです。

ていうか!龍一くん、2人が着替えて出てきたのに、なかなか裏に下がろうとしないのね。笑
それを見かねた慶太が

慶「龍一くん、着替えないの?」

龍「じゃあ、ここで着替えるよ」(←ズボンを脱ぐマネをしながら)

観客(笑)

慶「龍一くん、それじゃあ、セクハラだよ……」

私はここで着替えてくれても、いっこうに構わないけど(笑)
結局龍一くんは裏に着替えに去っていきました…(当たり前)

そしてそれからは慶太と涼平くんの2人でトーク!
…してたんだけど、何を話していたんだか、全く覚えてません。(ごめんなさいっ!)

いっそ気持ちの良いくらいに覚えていないんですが…
でもねぇ、この2人だけでトークする時
「大丈夫なの!?!!!」
とやたらと心配していたのは覚えています。…
でも心配していた程に、間がもたない訳じゃなかった様な…。

やがて龍一くんも着替え終わり、3人揃った所で、次の曲へ☆

♪空から降りてきた白い星

なんでこの曲で踊っているのか。

w-inds.ファンの間では評判が良いみたいですが、正直私はビミョーと思いました。
否、ダンス自体はカッコよかったんですよ!
椅子を使った難しいダンスを、流れる様に踊っていたんだけど、、、
個人的には曲に合ってない様な気がするんだよねぇ;;
アレンジもほとんどなく、原曲のまんまだったから、ガチガチのバラードだし。
その曲で、激しく踊ってるっていうのは、個人的に違和感が…。
私の中での、PRIME OF LIFEでのパフォーマンスの印象が強すぎたからかもしれないけど。。。

この曲を歌うなら、スタンドマイクで。
椅子を使ったダンスをするのならば、別の曲で。
やって欲しかったかなぁ。と思いました。

♪十六夜の月

シングルのアレンジでの披露だったのー!

始めの方は、ステージ上方で、スタンドマイクを使って歌う三人。
踊りはPVと同じダンス。
そして、途中、1番と2番の間で、下に降りてきました。

この曲の、この流れがさ。agehaライブでの大阪公演で聴いた『十六夜の月』を彷彿させて、ヤバかったです。
泣きそうな位に感動しました。

あの時は楽しかったライブツアーが終わってしまうのが嫌で、切なくて
だけど今年はツアーで初参戦のライブで、この曲を聴いているんだ。
そう思うと、不思議な気分。

去年も今年も、やっぱりw-inds.が大好きで
またこんな風に応援出来ている「今」がとても嬉しかったです。

♪影法師

FCイベントの時にも、この曲は聴いたのですが、少し歌い方が変わっていて、驚きました。
半年も経っていない、こんな短期間なのに…。

イベントの時は、1度に全部出し切る!って歌い方をしてる、と思ったのですが
今回聴いた時は、水の波紋が広がる様な歌い方をしてるなぁ、と思いました。
でも想いは全て歌に置いてきた、みたいな。(意味不明)
それがジワジワと胸に染み渡る様で、すごく感動しました。。。

MC

バラードが続いたという事で

龍「なんか、哀しくなっちゃうねぇ。
  でも哀しい曲を聴いてる時の自分イイなぁ〜、って思わない?!
  哀しい曲を聴いて、気分が落ちてる自分が好き、みたいな。
  そんな内面ナルシスト…」

慶「僕はそんなことないけど」

龍「え?!だって、俺の友達もそうだね!って言ってたよ!
  そのマツドナルドの話してた友達なんだけど…
  あ、もしかして俺と友達だけか?!(←おどけた風に)」

涼「ていうかさ、落ちてる自分が好き、って時点で、落ちてないよね」

龍「……。
  わかった!じゃあ単にナルシストなんだ!俺もその友達もっ!
  でも踊りとか、ナルシストじゃないと出来ないもんね!」

涼「まあ、踊りは、カッコよく魅せようとしないと…」

♪四季

この曲、歌ってくれると思ってなかったよ。
大大大大好きな歌だから、嬉しかったです。

でも何故龍一くんは

♪春の風

♪秋の夜

を歌ってなかったんだろう。

そういう仕様なんですか?
それとも単なる歌い忘れ…?

でも歌わない意味が分からないし…四季が二季になっちゃってるじゃんっ。
だから「春の風」を歌わなかったのは歌い忘れで
「秋の夜」は気まずくて歌い出せなかったのかな、と思っていたら
聞いた話によると、松戸1日目も歌っていなかった模様です。

何故?!

でも公演が進む事により、復活したらしく。
ホントなんで歌ってなかったんだろう……。

♪キレイだ

♪Long Road

振りが違った!!!!驚

もう、あまりに違うからビックリしたよー。
個人的に ♪時計も の所の振りが好きだったから見たかった気もするけど
でもこのダンスも好き!

♪on my own load

で、腕を振り上げるフリは健在だったしっ。
やっぱここでは皆で踊らなきゃ☆★
なんかコレをすると、LRを生で聴いた!って気がするわー。

ダンスが大幅に変わっていたのが印象深かったんだけど、音もちょっとアレンジされてました。
あのピコピコ音(?)が減少してて、それもスゴく良かったですv

あと、この曲、またもやダンサーさんたちがフラッグを持って登場してました♪

アンコール

♪Special Thanx!

衣装、ダサッ!!!!!>龍一くん

今年はね、例年の様に、見た瞬間に吹く様な衣装がないな、と思ってたの。
本編の衣装、全部ステキだなぁ、って。
特に『Hush…!』のロングコートなんて、ツボすぎたし。

でも!

まさか!

ここで!

こんな衣装って………凹

龍一くんはライブグッズのタンクトップを着てて、それはイイの。
ちょっとタンクが下にズレてて、マッチョマンみたいになってたけど、それもイイ。

だけど、あのパンツの色は何なんでしょう。
鮮やかな黄緑色で、まるでパジャマみたいだよ。
慶太はコラボジーンズを履いてたんだから、龍一くんもコラボジーンズ着ればいいのに。。。

でもね、この曲のダンスはすごい可愛かったぁ〜*(めろめろ)
音が可愛らしくて、ダンスが可愛らしくて、w-inds.も可愛らしい!
ニコニコ笑ってて、あぁ、好きだなぁ、って思った。

♪SUPER LOVER 〜I need you tonight〜(レゲエバージョン)

最初に慶太の

♪Hi, baby

と言う声が聴こえてきた時は

またこの曲かよ!
そこまでスパラバが好きなのかよ、橘慶太!

と思ったけど。笑
でもいざ曲が始まってみると、レゲエバージョンということで
アレンジにより、全く別の曲みたいになっていて、新鮮でした。

個人的には、龍一くんのラップと、♪I need your love tonight がなくなっているのが、淋しかったけど。

でも音もダンスもカッコよかった!
脚と手をカクカクーっとする振り(わかりにくい…)が可愛かったし
そこなら皆で一緒に踊れそうで(ていうか現に踊ってるファンもいて)
イイなぁ〜vと思いました。

MC

ここにて、バンド紹介。
アンコールでバンド紹介って、何だか意外…。

今年はギターの方が1人増えてらっしゃいました。

そう!ここで、アンコールでの衣装が、慶太だけコラボジーンズという事で

慶「これ、EDWINなんですよ!」

と自慢げにお尻を客席に突き出していて、めちゃめちゃ可愛かったですv

♪蝉時雨

あ……やっぱりこの曲が最後なんだぁ。

この曲を歌う慶太くんが、すごくすごくカッコよかったです。
穏やかな表情で、柔らかく、優しく、歌を唄ってるの。

この日は…とても感動したけど、胸がいっぱいになったけど
でも蝉時雨を聴いても、割と普通って言ったらオカシイかもですが、そんな感じでした。

でもライブのオーラスにこの曲を聴いた時。
2ヶ月後の私は何を思ってるんだろう、と。そう感じました。

そうしたら、今年も、もっともっと、たくさんw-inds.のライブを楽しもう、と思った。
ていうかこんな所で今年の抱負を語っててゴメンなさい…。…

これにて、ライブ終了。

バンドさんとダンサーさんが、全員前に出てきて、手をつないでお辞儀していました。
…PRIME OF LIFE ツアー を思い出すなぁ。。。
でも今年は、お客さんに手を繋ぐ様に強要(?)する事はありませんでした。

会場を去る時に

龍「また来年!!!」

って言いながら、手を振ってるのが可愛かったです。

この龍一くんの言葉を聞いて
来月また行きます。ごめんなさい。って思ったけど。笑

でもw-inds.にとっては沢山のツアーの公演のうちの、1つでしかないかもしれないんだけど
私たちにとっては、たった1度の大切なライブで
それを龍一くん…w-inds.も、わかっていてくれて
「唯一のライブ」を届けようと、ライブをしてくれてるのかなぁ、と思ったら
何だかジーンとしてしまったよ。ありがとうね。

 

レポート

Posted by Yuu