ライブ感想【ALL CITY STEPPERS『PARTYAGE RELEASE LIVE TOUR』Shibuya WWW公演】

  • 2018年10月12日
  • 2018年10月12日
  • w-inds.
  • 7view
  • 0件

ALL CITY STEPPERS『PARTYAGE RELEASE LIVE TOUR』の初日のShibuya WWW公演に参戦してきましたー!!!

ライブにあまり関係のない(笑)思ったことについての記事は書いたのですが、ちゃんとしたライブの感想は書いていなかったので、改めて記事を書きました。

 

以下、ふわっとネタバレ含みますので、よろしくお願いします。

 

 

ライブ、めちゃめちゃ楽しかったです!

セットリストは正直詳しくは覚えていないんですが(…)『PARTYAGE』収録曲は全て披露。
その他にも『SEXY VIRGIN RIOT』の曲や、これまで披露したことがあるけど未収録の曲もあり……
と、盛りだくさんな感じでした。

『PARTYAGE』の曲って、これまでもイベント等で何度も披露している曲が多かったりするのですが、
今回CDに収録されたことで、歌詞カードを見たりして聞き込んでからの参戦なので、
なんというか、ノリやすい!
おんなじ曲でも、今までの数倍楽しい!

基本的にALL CITY STEPPERSのライブは、お客さんはそれぞれが音楽をそれぞれの好きなように楽しむ、という感じなのですが……
途中のMCで、「CDになる前と後だと、演奏している感じが違う」的なことを何回も言っていたので、ALL CITY STEPPERS側としてもそうだったのだと思います。
「歌詞も知らないのに、今までよく聞いてくれてたよね」って竜希くんが言っていたのが、面白かった。笑

4年7ヶ月ぶりのCDリリース。
この4年7ヶ月のALL CITY STEPPERSが、ぎゅっと詰まったようなCDアルバム。
そんなアルバムをひっさげてのライブツアー。
その喜びが、ステージからすごく伝わってきて、幸せな気持ちになりました。
ファンとしても、感慨深いものだしね!

 

途中のスローテンポの曲が連続する部分があって、そこでの
『LOVERS ROCK』→『GOOD TIMES CITY』
の流れが、特に最高で痺れた~っっ。
両方とても好きな曲なのです*

『GOOD TIMES CITY』は初めて聞いた時から大好きで、ひそかに今回『PARTYAGE』に収録されていなかったのを残念に思っていたので、やってくれて、ちょう嬉しかった!
あの曲の、なんていうんでしょう、ちょっと切実?な感じの雰囲気が大好きなんです。
すごく素敵でした。
龍一くんがかっこよすぎた……。

当たり前かもしれないけど、w-inds.の時の龍一くんと、ALL CITY STEPPERSの時の龍一くんって、結構雰囲気が違って。
w-inds.の龍一くんよりも見慣れてないから、いちいちドキドキしちゃう。
龍一くんが真剣にギターを弾く表情、歌う表情、怜央くんや竜希くんに向かって時折ニコッと笑うのも。もー全部に釘付けでした。
はーーー龍一くん、宇宙一かっこいいよーーーー。

 

あと、アンコールが面白かったです。
「音楽で遊びます」って言って、音楽で遊んでた。(←ライブに参戦していない人からしたら、分かりづらすぎる説明;;)(そしてこれ以上の説明が難しく。。)
3人が幸せそうに音楽している姿が、最高に輝いていました。

 

そしてまさかのダブルアンコール!
アンコールが終わってからも客電が点かないから、「あれ」って思ったけど!
ダブルアンコールまでしてくれるなんて思ってなかったから、びっくりしたー。
最後は『Precious Girl』で盛り上がって終わり。

 

本当に、ただただ楽しくてかっこよかった!

全部で1時間40分ぐらいのライブでしたが、あっという間に感じました。

私、もうw-inds.に関しては色々こじらせすぎていて(…)、本当は嫌なんだけど評論家みたいになっちゃってる部分があるから……
ALL CITY STEPPERSのライブで、音楽そのまま全身で感じて、「楽しかった」「かっこよかった」だけでライブを見ることが出来たのが、すごく嬉しいんだよね。

楽しかったなあ。
今回のライブを通して、ALL CITY STEPPERSのことがますます好きになりました。

ツアー残りの公演も応援しています☆