*旧サイトログ*緒方龍一!大研究!【発言研究~考察】

2018年10月4日

※考察というよりも、単なる私の龍一くん語りになってしまいました…笑※

【一見分かりやすそうで、その実すごく分かりにくい】

なんか全てが飄々としている様に見えるんだよねぇ。
おちゃらけていたと思ったら、急に真面目になるし。

本人が公言している様に
その時々で考えていること思っていることが変わるので
一体ドレが本当の龍一くんなのか。

それを掴みにくい…というか、掴めません。

もしかしたらそんなものはないのかもね。
きっと全部が全部、本当の龍一くんなんだと思う。

そんな彼が発する言葉。

多分、龍一くんは、自分がどれだけ影響力を持っている立場にいるのか
分かっているんだと思う。

あんなにファン想いな子って、他に捜してもなかなかいないよねぇ。
ライブの時に、いつも2階席や3階席まで見てくれるのは有名な話(?)ですが
他にも挙げ出したらキリがないよね。
いつでもファンを笑顔へと導いてくれる。

それが龍一くんの優しさでもあるのかな。
龍一くんは優しくて、そしてシリアスに人生を生きている様に思えます。

親父を尊敬していると言い、涼平くんと慶太を尊敬していると言い。
「ありがとう」と「ごめん」を素直に発する。

でも。否、だから、というか。その反面。
「人柄」が見える発言は多いけれど
「本心」を覗くことの出来る発言は少ないな
というのが、私の印象。

ふとした瞬間に、あったかかったり、やさしかったりする龍一くん。
時折ハッとさせられるような大人っぽさを醸し出す龍一くん。

龍一くんの感性が、私はとても好きです。

色々こちらのページで、印象に残った龍一くんの発言を挙げていますが
中でも私の中に一番色濃く残っている発言が
『こころにいいかんじ』
という発言。

ライブ後はちみつ牛乳を飲んで、雑誌記者さんに「喉にいい感じ?」と訊かれて、
龍一くんが答えたコトバなんだけど……
もうね〜こういうことをね〜パッと言っちゃう龍一くんが好きすぎる。

多分龍一くんは、生まれてから今まで
私などが想像できない位の、本当の本当に多くの経験を積んできたんだと思う。
だけどいくら経験を積んだ所で、そうなれるのでしょうか。

もしも…有り得ない事だけれど…私が龍一くんと全く同じ経験をしたとしても
龍一くんみたいな考え方とかは出来ないと思う。
それが龍一くんという人間なんだと思う。

変わっていっても、良いんだよ。

変わることで、龍一くんはより自分の魅力を見出し、輝かせていくことでしょう。

多趣味で、色んなものに手を出してみる龍一くん。

欠点を挙げるとすれば、おそらく飽きっぽいんじゃないかな、って所だけど
でも、龍一くんは、それはそれで良い気がします。

たくさんのものに挑戦してみて、何かにアツくハマって。
だけどその興味は気が付いたら次のものへ移行していて。

そうしていくつかの趣味の間を行ったり来たりする中で、変化をする。

けれども、この先いくら変わっていったとしても
龍一くんのこういう根っこにある部分は変わらないと思うから。

変わる前の龍一くん。
変わった後の龍一くん。
そして、変わらない龍一くん。

それら全部含めて、丸ごと大好きです。

 

 

written on 2006/12/20