*旧サイトログ*緒方龍一!大研究!【趣味研究】

2018年10月4日

下に挙げた以外にも、ゴルフとかパソコンとか車とか色々ありますが…とりあえず主要な趣味を、一部ピックアップしてみました。

音楽

スケボー

漫画

魚、釣り

フクロウ

音楽

私が言うまでもないでしょうが…これはデビューしてからずーっと言ってますね。
クラプトンさんの『Change The World』がきっかけで音楽の凄さを知ったそうな。
この曲を聴いて、自分でも弾いてみたいと思って、ギターを本格的に弾き始めたんだって。

龍一くんがギターを弾いている姿は良く見かけますね。
ライブDVDやLove is messageのPVなど…以前ポップジャムで披露した事もありました。

ギター弾いてる時の龍一くんって、すごくカッコいいですよねー!
表情が良いんだぁ(*´∀`*) 好きな事してるって感じで。
技術的にはまだまだ下手だけど、これからも頑張って極めて欲しいですv(何様)

龍一くんは何本ぐらいギターを持っているのかなあ。
Love is message発売時には6本持ってる、って言ってたけど
今はもっと増えていそう。

東京に出てくる時に、父親にアコギとエレキを一本ずつ貰って、それから自分で買い足したり。
「クラプトンモデルのものを買った!」
とはしゃいでいる龍一くんは、まるで幼い子どもの様で、それはそれは愛らしかったとです。

2003年の夏頃には、家の一部をスタジオに改造。
そして今では自分で作詞作曲をする程にまで成長して…ほろり。

『Energy』(2004年夏ライブにて披露)
『from I』(2005年ファンクラブイベントにて披露)
が龍一くん作の曲ですね。

どちらもロック色の強い、龍一くんに良く似合う曲でした。
歌詞は恋愛というよりも、メッセージ性の強いもの。

龍一くんは、特に60年代や70年代のロッカーを熱烈崇拝中。
ライブでの客入りの音楽をセレクトしているのも龍一くんですが、ここら辺のジャンルからの選択が多いですね^^
だけど何でも聴いてるイメージが…。
J-POPも聴くみたいだし、フュージョンも好きみたいだし。
(槙原紀之さんをオススメしてた時は、ちょっとビックリした!!)

2003年のアーティストメールでは
毎回毎回飽きもせず
「このアーティストのここが良い!」「ライブに行ったけど最高だったぜ!」
といった風に、音楽の事をひたすら語りまくっていた龍一くんが面白おかしかったです。(ひでぇ;;)

この様に音楽大好きな龍一くんですが、学校通ってた時の音楽の成績は悪かった、ってのが可愛いじゃないですか。
やっぱり学校教育だと広範囲でやらされますもんね。
歌のテストが嫌いだったそうです。可愛い…(ノ∇≦*)

龍一くんの音楽好きのルーツは、実の父親。(本人談)

「父親を尊敬している」
という言葉が頻繁に聞かれ、その度に
実の父親の事を尊敬していると口に出せる龍一くんは、何て素敵なんだろう
と、ドギマギしてしまします。
思っていても、なかなか言えない事だよね、それって。
そんな龍一くんが大好きさ…。

お父様は、龍一くんの地元・札幌で、音楽バーにてビートルズのコピーバンドをやっていらっしゃいます。
なんとお店のオーナー!
ここにお店HPのURLを掲載して良いものかどうなのか分からないので、載せませんが…
調べれば結構スグ出てくるので、探して遊びに行ってみると面白いと思います♪

龍一くんのお父様は、のど自慢が札幌で開催の際に
時々バックバンドとしてご出演なさってるので
のど自慢が北海道開催の時は、チェックしてみるのも良いかも。

龍一くんがオススメしていたアーティスト(一部)(順不同)

BEATLES
ERIC CLAPTON
エミネム
オアシス
STEVIE WONDER
アル・クーパー
THE DOOBIE BROTHERS
ベンチャーズ
ポールマッカートニー
アース・ウィンド&ファイア
LINKIN PARK
サンタナ
スパイロ・ジャイラ
リー・リトナー
ラリー・カールトン
Dream Theater
浜崎あゆみ
槙原のりゆき
Mr.Children

………これで一部って;;
あまりに量が多すぎで、資料を見返すのに途中で飽きた位だからね。爆
英語表記と日本語表記が混在していて見辛いのはご了承下さいませ。

これからもずっと、音楽大好きな龍一くんでいて欲しいな、と思います。

スケボー

最近(2005年12月現在)は話をあまり聞きませんが、スケボー好きですよね。龍一くん。
携帯サイトの自コーナー名(”バムバムバム”)さえも、スケボーに由来して付けた程。

『変わりゆく空』のPVで、龍一くんのスケボーする姿が拝めます。楽しそうです。
スケボー仲間のお友達もいるみたいですね。

それにしても、いつ頃からスケボーは彼の趣味になったのでしょうか。
気付いたら、もの凄いスケボー好きと化していましたが…。

2004年の始めの頃は
「北海道に帰って、久しぶりにスケボーしたぜ」
とか言ってたハズなのに、、、

2005年の1月11日(細)から、1週間ロサンゼルスに行った時は、ずっとスケボーをしていたという。
1年は大きいですね。笑

記憶を辿ってみると、2004年も終わりに差し掛かってきた頃から
段々と龍一くんのスケボー話を頻繁に聞く様になった気がします。

そして2005年に入る頃には完璧にスケボーに魅了されていました。
年明けて間もない、寒さ絶頂の頃のラジオで
「暇な時は半袖でスケボーしてる」
って言ってたねぇ。懐かしい。
ていうかそんな事してたら風邪ひいちゃうぞ!笑

漫画

これはそこまで大好き!!って程なのかどうかは知りませんが…
私が語れるので、項目に入れてみましたv笑

でもかなりコアに好きだと見た!
家で何してるの〜?って質問で、
無難に答える時、必ずと言っていい程「漫画」を挙げてるんだもん。

龍一くんが好きな漫画をみてみましょう。

浦沢直樹先生の作品をはじめとして、有名な漫画が多いですねぇ。
エヴァンゲリオンなど、読んだ事はなくても題名を知らない人はいない一世風靡をした漫画。

絶妙な所で、さりげなく時折発言の中にちらつかせていたりもして
割と深い所まで読み込んでいるのかなあ、と思った。
本人も「何度も読むタイプ」と自分の事を言ってたしね。

全体的に見ると、青年マンガが特に好きなのでしょうか。
結構ミステリーちっくな漫画を、頻繁に好きな漫画に挙げてる気がする。
ギャグ漫画も好きみたいだけど、それよりもシリアス漫画の方が目立つかな。
意外(でもないけど…爆)に、エログロ系のものが好きくさいね。

だけどただのエログロ漫画でなくて
その中でも人間の汚い部分を描きつつ、そういうのも含めて人間は美しいね、っていうテーマな漫画が目立つと思った。
そういう意味でも女の子でも楽しめる漫画が多いので、読んでみてはいかがでしょうか☆

龍一くんが好きだと言っていた漫画(一部)(順不同)

『新世紀エヴァンゲリオン』
『ベルセルク』
『MONSTER』
『20世紀少年―本格科学冒険漫画』
『ピーチガール』
『GANTZ』
『ホムンクルス』
『MASTERキートン』
『パイナップルARMY』
『漂流教室』
『ドラゴンヘッド』
『ツルモク独身寮』
『サバイバル』

魚、釣り

デビューした年からもう
「釣りが好き」
という言葉は聞かれていたのですが
本格的にハマり出したのは、2003年の夏頃だと思われ。

テレビ、雑誌、ラジオ、ライブのMCなど、、、
本当にこの頃は、色々な所で龍一くんお魚さん話が聞かれました。

2004年の夏ツアーでは、慶太と涼平くんは仲良くフットサルやってるのに
龍一くんはそれに参加せずに、釣りに行っちゃってたくらいだからね!笑

オイオイあなた何してるんですか、と見てて思ったけど
釣りでお魚を釣った時の龍一くんの笑顔がとってもキュートで
そんな龍一くんを見た途端、もうそんなのどーでも良くなってしまいました…フッ
好きな事をやっている時の龍一くんの笑顔って、魅力的ですよね。

私にはとても理解出来そうもないお魚エピソードとして
友達と体躯座りで水槽の前で、3時間ずっと
「魚、可愛いねー」「このエラがいいよねー」
などと話しながら座ってる事もあったとか。

私がw-inds.を見ながら
「w-inds.、可愛いよねー」「このダンスがいいよねー」
と言っているのと同じノリなのでしょうか。…
わ…わからないわ……
でも可愛い…(*´Д`)

特に古代魚や熱帯魚が好きなご様子。

ブラックアロワナ、エンドリケリー、マンファリ、オルティビンニス、金魚。など

龍一くんが飼ってると聞いた事のあるお魚さんたち。
だけどマニアックすぎるために、正直どんなお魚なのか、金魚とアロワナ以外は想像すらできませぬ。

あ!ちなみに、龍一くん、スキューバダイビングのライセンスなんてものを持っていたりします。
確か2004年の10月頃に、沖縄へ行って取得したとか。
龍一くん、ハマるととことんハマるよね。

フクロウ

2004年の秋頃に飼い始める。

衝動買いだったらしいです。
フクロウを衝動買いできる龍一くんって一体何者よ…(遠い目)

お名前を『BLOW』(ブロウ)と言って
フクロウを英語で言うと『OWL』という事から名付けたらしいです。

私が最初聞いた時には、BLOWは”風”って意味も持つから
てっきりw-inds.が由来と思ってたから、それを聞いてビックリしたよ…。

ちなみにBLOWの種別は”ウサギフクロウ”
雌、らしいです。

このBLOW、先日『あっぱれ!さんま大教授』という番組で
めでたく(?)TVデビューを果たしましたね。
龍一くんに抱きかかえられつつも、撫でられまくっているその姿は、たいそう可愛かったです。
だけどBLOWを愛おしそうに眺めている龍一くんは、もっともっと可愛かったです。(何が何だか;;)

最初は全然懐かなかったらしいけど、今では大分懐いてきた様で、めちゃめちゃ可愛がってますよね。
色んな所で、可愛い可愛いを連呼しつつ、親ばかっぷりをアピールしまくってます。

ハリー・ポッターに出てくるフクロウみたく、おつかいが出来る様になると良いなぁ…
なんて憧れを持ってるみたい。

発言がいちいち可愛すぎるぜ、龍一くん…☆(結局)

 

 

written on 2006/04/17