*旧サイトログ*w-inds.2008年 シングルディスコグラフィー【アメあと、Everyday/CAN’T GET BACK】

2018年10月11日

アメあと

 

 

概要

・w-inds.初のアニメ主題歌タイアップ曲。

・作詞・作曲は飯田さんですが、飯田さんにとっては、この曲が世に出した初めての作品だそうです。

・初回盤のジャケット写真で、w-inds.メンバー3人が着ているのは私服。私服にしようというのは、「衣装と本人のギャップが出ないように」という龍一くんの意見によるもの。

・通常盤のジャケットには赤字で「yes!!」と書かれているだけ。これは龍一くんのアイディアだそうです。

・カップリング曲「leave me alone」は、「Beautiful Life」の時のシングル候補曲でしたが、ドラマ主題歌というタイアップの都合上、カップリング曲としての収録となったそうです。

・名曲なのに、というか名曲だからこそ!Uさん的にはPVが許せない楽曲ナンバーワンです。もう、本当ありえない…凹 撮影自体は、ボールのセットが大変で、待ち時間がすごく長くて大変だったそうです。

発売日
2008年4月23日

初回特典
・DVD(w-inds.M特別版)
・w-inds.ver.トレカ
・描きおろしアニメステッカー(帯仕様)
※また、通常盤特典として、各メンバーバージョントレカ(全3種)+描きおろしアニメステッカー(帯仕様)が封入されていました。

ノベルティ
折り畳み傘&バンダナ

タイアップ
・テレビ東京系列アニメ『家庭教師ヒットマンREBORN!』第8期エンディングテーマ

 

 

 

Everyday/CAN’T GET BACK

 

 

概要

・w-inds.初となるDouble A Side SINGLE。

・CD+DVDの初回盤A,Bと、CDのみの通常盤(全てジャケット違い)の3形態でリリースとなりましたが、これもw-inds.初。

・「静と動」をテーマにしており、「Everyday」はバラードの「歌うw-inds.」、「CAN’T GET BACK」はダンスナンバーの「踊るw-inds.」、を表しています。

・「Everyday」のPVは、2008年9月23日に代々木第一体育館で開催された『w-inds.Live Tour 2008 “Seventh Ave.”』の追加公演で当楽曲が初披露された際に撮影されたライブ映像を編集使用。ちなみにスカパー!で先行で流されたPVと、DVDに収録されているPVとでは、編集が若干異なっていました。

・「Everyday」のレコーディングで慶太くんは、聴きやすいようにと、あまり声を張り上げず喋る声に近い歌い方をしたとのこと。

・「CAN’T GET BACK」は、その後w-inds.がダンスミュージック主体の音楽性へ傾倒する契機となった要の楽曲。

・「CAN’T GET BACK」のPVは、PVの中で画面がスクロールしていくけど、w-inds.もカメラのスピードに合わせて横移動しながらの撮影だったので、難しかったそうです。

・カップリング曲の「Color」はシングル候補曲でもあったそうです。

発売日
2008年11月26日

初回特典
・DVD(初回盤AのDVDには「Everyday」のPV、初回盤BのDVDには「CAN’T GET BACK」のPVを収録)
※全形態に、X’masイベント応募参加券、ポケットカレンダーを封入。

ノベルティ
ネックウォーマー&手袋セット

タイアップ
・Everyday
日本テレビ系『THE・サンデー NEXT』2009年11月度エンディングテーマ
music.jp独占先行配信(TV-SPOT投下)
・CAN’T GET BACK
日本テレビ系『スーパーチャンプル』2008年11月度エンディングテーマ

 

 

written on 2011/06/24