*旧サイトログ*w-inds.アルバムディスコグラフィー【1】【w-inds.~1st message~、w-inds.~THE SYSTEM OF ALIVE~、w-inds.~PRIME OF LIFE~、w-inds.~bestracks~】

2018年10月11日

w-inds.〜1st message〜

 

 

概要

・ヒップダンスホップユニットと謳いつつ、J-POP色の強い楽曲で構成されたアルバム。

・リリース後、代々木公園でライブ・握手会を含む大々的なリリース・イベントを展開。このイベントでw-inds.は「次は代々木体育館でやりたいね」と話していたそう。そして翌年のリリースイベントとしてのクリスマスイベントは、代々木体育館で開催。すごいねよかったね、w-inds.。

・「New-age Dreams」は、w-inds.tvでリリース直後に行われた今アルバム収録曲の人気投票で1位を獲得。

・「Paradox」でキーボードで耳コピーした龍一くんは、その達成感からより楽器に興味を持って。「New-age Dreams」のギターに衝撃を受けて、自分でもギターを始めたそうです。

発売日
2001年12月19日

初回特典
・32P写真集
・ブックケース仕様
・オリジナル・ステッカー1枚(全4種)
・スペシャル・イベント参加応募券
・映画『Star Light』(w-inds.初出演映画)特別割引券
※通常盤の初回入荷分のみ、?スペシャル・イベント参加応募券?w-inds.オリジナルトレーディングカード1枚(全4種)を封入

ノベルティ
特製ウィンドブレーカー

 

 

 

w-inds.〜THE SYSTEM OF ALIVE〜

 

 

概要

・リリースイベントとして、このアルバムの初回盤を持参すれば誰でも見れるよ、というクリスマスイベントが、国立競技場代々木第二体育館で開催されたのですが、予想以上のファンの人数が集まり。当初一回公演の予定だったのですが、急遽2公演開催。しかしそれでも入場できないファンが出てしまったため、後日に日を改めて、入れなかった人のため…と、握手会が開催されました。

・「SOMEHOW」は、2003年に『HEY!HEY!HEY!MUSIC CHAMP』でダンス付きでのパフォーマンスを披露してくれました。他、「w-inds.”SYSTEM OF ALIVE” Tour 2003」でも、序盤の公演ではダンス付きのパフォーマンスでの披露をしてくれましたが、後半からはセットリストの変更に伴い、歌のみでの披露でした。そのため、「w-inds.”SYSTEM OF ALIVE” Tour 2003」のライブDVDには、歌のみでのパフォーマンスが収録されています。

・「SOMEHOW」は、テリー伊藤さんがラジオで聴いて気に入り、「これは誰が歌ってるの?」とラジオ局に問い合わせ。その後、自身のラジオ番組にw-inds.を呼んでくれたりもしていました。

・「SOMEHOW」「This Time〜願い〜」は、「Because of you」の時の、シングル候補にもなっていた楽曲。

・「Baby Maybe」は、当初アルバムのタイトル・ソングになるはずだったが、初アナウンス後、「THE SYSTEM OF ALIVE」に変更。今アルバムで「SOMEHOW」と並びスタッフ受けのいい楽曲だったそうです。

・後に「Baby Maybe」の続編として「Night Flight〜夜間飛行〜」「Deny」が制作されました。

・「Find Myself」では、w-inds.3人でラップに挑戦。この曲はかなり昔からあって、一時期シングル候補にもなっていたそうです。涼平くんが特にこの曲を好きで、このアルバムでどうしても入れたい、とスタッフさんにお願いして、今回の収録となったとのこと。最初はラップなしの曲だったけど、アルバム収録が決まってラップが加わったそうです。

・「This Time〜願い〜」は、w-inds.tvでリリース直後に行われたアルバム収録曲の人気投票で1位を獲得。

・「This Time〜願い〜」は、最初は「Long Time」というタイトルだったそうです。

・「This Time〜願い〜」は、特に慶太くんがこの曲を好きで、このアルバムに収録して欲しいとお願いしたそうです。

・「This Time〜願い〜」は、2010年に日本テレビ『音楽戦士 MUSIC FIGHTER』の企画で、当時出産を控えていた青木さやかさんへの子守唄オムニバスアルバム収録曲として、再レコーディング。これは、一部を番組内で放映してくれていたけど、一般向けのCD化および配信はなし。めっちゃ聴きたいです。青木さんが羨ましすぎる…!

発売日
2002年12月18日

初回特典
・12面フォトカード
・オリジナル・ジャケット・ステッカー1セット(全3種)
・ブックケース&フルカラートレー仕様
・w-inds.ウィンターキャンペーン応募ハガキ
・メールアクセス・プレゼント応募要項
※通常盤の初回入荷分のみ、?w-inds.ウィンターキャンペーン応募ハガキ?メールアクセス・プレゼント応募要項?w-inds.オリジナルトレーディングカード1枚(全4種)を封入

ノベルティ
特製ウィンドブレーカー

 

 

 

w-inds.〜PRIME OF LIFE〜

 

 

概要

・偶然にもメンバーの龍一くんの18歳の誕生日のリリース。おめでとう!

・一度、アルバム・タイトルは『3D』であり、初回盤ジャケットは3D仕様になると告知されてました。

・「INFINITY」のタイトルは当初「3D」であり、アルバムのタイトル・ソングになるはずだったそうです。でもアルバム完成直前にタイトルと詞が変更されたそうです。

・「空から降りてきた白い星」は、レコーディングに時間が長くかかったそうで。慶太くんが、これまでにない位に、歌い方や歌い回しをかなり悩んだそうです。

・「so what?」「W.O.L」のダンスは、涼平くんの振り付け。

・「so what?」は、フラメンコギターをフィーチャーしたw-inds.初のスパニッシュ・サウンド。

・「Dedicated to You」では、恋人を亡くした主人公が描かれていますが、これは作詞したshungo.さんの親友(女性)が実際に婚約者を癌で亡くした事実に基づき書かれています。

・「Dedicated to You」は、w-inds.tvでリリース直後に行われた今アルバム収録曲の人気投票で1位を獲得。

・「Deny」は、「Baby Maybe」「Night Flight〜夜間飛行〜」に続くアンサーソング。

・このアルバムの制作の頃に、慶太くんは鏡で全身を見て「ヤバい」って言って筋トレを始めたそうです。

発売日
2003年12月17日

初回特典
・初回限定ジャケット
・ポスターカレンダー
・X’masイベント参加券
※通常盤の初回入荷分のみ、w-inds.オリジナルトレーディングカード1枚(全4種)を封入

ノベルティ
ダウンベストジャケット

 

 

 

w-inds.〜bestracks〜

 

 

概要

・タイトルの「bestracks」は、ベストアルバムの「ベスト」と、楽曲の単位を表す「トラック」と、日本語で“軌跡”を表す「track」という英単語を混ぜた造語。

・当初は「Winter Story」も収録予定だったが、アルバムが夏発売ということで、カットされたそうです。

発売日
2004年07月14日

初回特典
・DVD(HISTORY OF w-inds.)
※通常盤の初回入荷分のみ、オリジナルトレーディングカード(全4種)を封入

ノベルティ
全16色Tシャツ

 

 

 

written on 2011/07/07